半同棲と同棲って何が違うの? 結婚を望む場合はどうしたらいい?

「一人暮らしを始めたはずが、彼氏が頻繁に泊まりにくる」「ほぼ住んでいる状況なのに家賃や光熱費、食費は私持ち」など、きちんと親に挨拶を済ませて二人で家を探し同棲を始めたケースとは違い、何もかもがうやむやでモヤモヤ……なのが半同棲。半同棲にはメリットもデメリットもあるので、自分の中でしっかり線引きしておくのが大切です。当記事では、気になる半同棲のあれこれについてご紹介します。

半同棲とは?

彼氏と彼女が別々の家に住んでいて、週1ペースくらいで泊まりにいく程度なら「お泊り」ですよね。一方、二人が同じ家に住んで生活を共にしている状態は「同棲」です。

では、半同棲は?

一緒に住んでるの? 住んでないの? と、なんだか定義が曖昧な半同棲ですが、お泊りと同棲の中間くらいの状態を指します。しょっちゅう相手の家に入り浸っていて、服や荷物も置いているけれど、住んでいるとはいえない……という感じですね。

半同棲を選ぶ意味。メリットはあるの?

半同棲は、あえて選ぶよりは成り行きでそうなってしまったというケースが多いと思います。メリットを挙げるとすれば、

・ケンカしたり、トラブルがあった場合の逃げ場(自分の家)が確保できる
・生活サイクルが合わないカップルでも、会う時間を作りやすい
などがありますね。

参考までに筆者の例を挙げると、同棲していた時にケンカしたり、別れたりすると悲惨です。気まずくても、出ていくところが確保できるまで、同じ空間で寝食を共にしなければいけませんからね。

一方半同棲なら、何かあればパッと引き上げることができます。経験上、このメリットは大きいと思いますね。

半同棲と同棲って何が違うの? 結婚を望む場合はどうしたらいい?

半同棲カップルのお金事情は? 生活費はどうしてるの?

恋人同士といえど、なかなか口に出しにくいお金の話。とはいえ、半同棲が続けば二人分の生活費がかかり、一方が負担し続けるのは現実的ではありませんよね。

実家暮らしの場合、悪気なく金銭感覚が鈍い場合もあります。金の切れ目が縁の切れ目なんて言われたりもするし、真剣にお付き合いしていきたいならキッチリすべき問題です。

具体的には、半同棲によってどれほど生活費がかさんでいるかを示して、相手にどれくらい負担してもらうかなどについて話し合うと良いでしょう。

半同棲と同棲って何が違うの? 結婚を望む場合はどうしたらいい?

半同棲から同棲、結婚までステップアップする方法

半同棲や同棲は、一見「結婚」に向けて前進したように思えます。が、現実にはダラダラと付き合いばかりが続く、「長い春」状態に陥るリスクも大きいです。

そんなことにならない為に、
・生活感を出しすぎず、男女でいる緊張感をキープする
・「結婚っていいもんだな」と思ってもらえるよう仕向ける
・生活する上で気になるポイントは都度解消する
・(半)同棲の期間を決める

こういった点を意識しましょう。

ときめき不足によるマンネリ、お互いの家族・空気化、なんとなくタイミングがなくてダラダラ……。どれも結婚に至らない半同棲、同棲カップルにありがちな落とし穴です。

なんとなく流されるのをストップし、関係性にメリハリをつけることで、結婚への道がクリアになりますよ。

半同棲と同棲って何が違うの? 結婚を望む場合はどうしたらいい?

「半同棲やめたい……」メリットだけではない半同棲のデメリット

半同棲だからこそのデメリットもあります。

・行動が相手の都合に左右される
・部屋が狭い
・プライベートな時間や空間がなくなる

半同棲の場合、基本的に家は「二人用」ではありません。生活する人が増えることで空間が狭くなり、これまで確保できていたプライベートな時間や場所がなくなる可能性があります。ラブラブ絶頂期ならそれでも気にならないかもしれませんが、いつか必ず無理が出てくるはずです。

また、相手がいつ来るのか帰るのか分からないような状態が続くので、自分一人の予定が立てにくいです。気軽に友達も呼べないなど、窮屈な思いをすることもあります。

半同棲はメリットもデメリットもある!

恋人同士が二人で決めた家に住む「同棲」とは、似て非なるもの、それが半同棲です。完全に同じ家に住むわけではないからこそのメリット、デメリットがそれぞれあります。

何にせよ、いつまでも長く続けられるような状態ではありません。期間やルールなど自分の中でしっかりと線引きし、結婚への確実なステップにしましょう。

 

七尾なおの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…