めんどくさい男の対処法と5つの特徴

めんどくさい男って皆さんの周りにもいますよね。偉そうな態度で小馬鹿にした物言い。既読スルーにグチグチ文句。さらっと繰り出す「女の子って○○だよね」という知ったか発言。今回はそんな、めんどくさい男の特徴と対処法をご紹介します。

めんどくさい男ってこんな人!

人によって「めんどくさい男」の基準ってのは違ってくると思いますが、大抵の場合その行動や言動に「イライラする」のが、めんどくさい男の定義であると言ってもいいでしょう。

まあ例えばですけど、ねちねち小言を言ってくる男とか、もしくは束縛してくる男とか。あれ、でもこれって「めんどくさい女」の特徴とも言えるかもしれませんね。めんどくさい異性ってのは結構似ているのかもしれません。

めんどくさい男の5つの特徴

めんどくさい男の対処法と5つの特徴

1、基本的にかまってちゃん

めんどくさい男の特徴その1。基本的にかまってちゃんなこと。「自分が1番注目されないと気が済まない」というわけではありませんが、相手(彼女)に注目されたいという考えの持ち主。

まあ彼女彼氏の仲であれば、お互いに注目し合うのはいいと思いますが、「自分が彼女に注目されているかどうか確かめる」ために、変な行動をおこしがち。そしてかまってもらえなかったら拗ねがち。

 

2、メンヘラ気質

メンヘラ気質なのもめんどくさい男の特徴の1つ。「俺、価値のない人間なんだ」とか「俺は必要のない人間なんだ」などなど、そんなネガティブな発言が多し。そしてメンヘラ気質な男が求めているのは、彼女に「そんなことないよ」と言ってもらうこと。

 

3、Line(ライン)の既読スルーにガチギレ

めんどくさい男というか、もうただのめんどくさい人ですが、Lineの既読スルーで不機嫌になったり怒ったりするのも特徴の1つ。

こっちは会話が終わったつもりだったのに、めんどくさい男にとっては会話はまだ終わってなかったなんて感じ。もしくは、すぐLineを返さないと拗ねるとかもめんどくさい男の特徴です。

 

4、自分の話しかしない、人の話を聞かない

自分の話をアレコレ話して、相手の話を聞いてあげるかといえばそんなことはない。自分の話を好き勝手するというのも、めんどくさい男の特徴の1つ。もしくは、自分の好きな話や得意分野になるとマシンガンの如くバババッと捲し立てるなんてことも。

 

5、グチグチ上から目線で会話してくる

男性向けの恋愛ハウツー本には「女性と会話をするときは、ちょっと上から目線で、からかう感じがモテる」なんて書いてあります。

その真相はさておき、なにかにつけて上から目線でからかってくる男っていますよね。もしくは「女の子って○○だよね~」って感じで決めつけてくる人とか。そんな人ももれなくめんどくさい男であることは確定。

「絶妙な距離をキープする」のが最善の対処法

めんどくさい男の対処法と5つの特徴

さて、先ほどから上記してきた「めんどくさい男の特徴」ですが、めんどくさい男への対処法はたった1つしかありません。

それが「絶妙な距離をキープする」ということ。もっと簡単に言えば「この人は、自分に構ってくれない人なんだな」と、「そのめんどくさい男に分からせる」ということです。

基本的にめんどくさい男というのは、自分の行動や態度を持って、相手の感情や行動をコントロールしようとするものです。例えば拗ねることによって、相手に構ってもらうとか。もしくは怒ることによって、相手の注意を惹くとか。

小学校に上がる前くらいの子によく見られますよね。ダダをこねて、おもちゃを買ってもらおうとするみたいな。

だからめんどくさい男には「この人はなにをやっても自分に構ってくれない」と分からせることが重要なわけ。「なんか可哀そうだから」とそのめんどくさい男をフォローしていると、懐かれてしまって次もまためんどくさい行動を繰り出してきます。

だからこそ、「そっけない態度」をとったり、もしくは「適当な相槌でスルー」したり、徐々にフェードアウトするのがおススメ。「へーそうなんですか」という反応をしていれば、あっちが勝手にスッとどこかに行くのです。

めんどくさい男には構ってやらないのが1番

めんどくさい男の対処法と5つの特徴

めんどくさい男への対処法。それは構ってやらないこと。懐かれてしまった場合、「へーそうですか」とそっけない態度を示して、相手に立ち去ってもらうこと。めんどくさい男が周りにいる人はぜひお試しあれ。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…