すぐ怒る人の典型的な特徴や性質とは|上手な対処法9つも紹介!

どこのコミュニティの中にも気難しい人は存在します。生きていく上では仕方ない事ではありますが、やはり対応に疲れて嫌気が差す事もあるでしょう。以下の記事では「すぐに怒る人」の特徴と対処法についてまとめました。興味がある方はぜひご参考になさってください。

すぐ怒る人とは

愚痴や文句が多い

残念ながらどこの学校や職場にも一人は「すぐ怒る人」だと周囲から囁かれている人がいます。人間穏やかに生活できればそれが一番なのですが、中には怒りのツボが複雑で沸点が低い人も一定数存在します。

すぐ怒る人はデメリットばかり

当然ですが、常に攻撃的なスタンスの人は次第に敬遠されて最終的には孤立します。誰だってトゲトゲした人と接するのは苦痛なものでしょう。ビジネス面においても短気な人は「器が小さい」と見なされ、社会的信用を失うことにも繋がりかねません。

また、怒ることが習慣化されてしまうと、他人への不平不満を溜め込みやすくなってしまうため幸福度も下がります。怒りやすい人はストレスの源を自ら作り続けていると言えるでしょう。

すぐ怒る人の典型的な特徴や性質15選

さて、それではすぐ怒る人の特徴と性質について具体的に紹介していきます。「怒りやすい人」にもいくつかパターンがあるため、皆さんも身近にいる知人と照らし合わせてお楽しみ下さい。

1:執着心が強過ぎる

一つの物事に対してとことん思い詰めてしまう癖のある人は要注意です。例えば恋愛の話に置き換えるとわかりやすいのですが、「どうして私はここまで彼のことを想っているのに振り向いてもらえないの?」と四六時中固執するあまり他のことに気を配れない状態の事を指します。

すでに頭の中は一つのことで容量オーバーしている状態で仕事面や人間関係の中において異なる問題を抱えてしまうと余裕を持てず怒りやすくなりがちです。何か大きな悩みのタネを抱えているという人は一度リフレッシュのために有給をとるのも一つの手です。

2:理屈っぽく自分の意見が正しいと思い込んでいる

すぐ怒る人は、特徴の一つとして「頑固」があげられます。具体的には、曖昧な判断を嫌い自分の納得が第一優先な人のことを指します。ビジネスの場においてそれがプラスに働くこともありますが、反面小さな物事にも細かいこだわりを持つ性格が災いするケースもあります。

「自分が理解できない意見に対してとことん食い下がるめんどくさい人」と囁かれて孤立しないよう、会話の場でも一度相手の視点に寄り添って考えることが重要です。

3:すぐに熱くなるが冷めるのも早い

感情自体が揺れ動きやすく、ちょっとした思い込みからすぐ心の火種が大炎上してしまうタイプということも考えられます。どうでもいいことですぐ瞬間湯沸かし器のごとくピーピー喚いたかと思えば急に優しくなり、これでは確かに怖い人と思われても仕方ありません。

「怒ってからの切り替えが早い」とプラスに言い換える事もできますが、それは一度鬱憤を発散した結果であって感情のコントロールが下手だという事実は変わりません。安易に怒る前に一度客観的な視点に立ち直ることが大切です。

4:神経質で潔癖症である

意外に男性の中にも少なくないのがこの「異様に神経質な人」です。自分ルールを多く持ち他人からの干渉に強いストレスを感じる傾向があります。些細な意見や人との握手ですら受け入れず、いつしか学校や職場の中で「触れてはいけない存在」になってしまう事もあります。

例えば結婚生活においても、「彼氏彼女の関係だった頃は良かったけど、共同生活だと相手のアラが見えて疲れる」と話す方も多いですが、「神経質・潔癖症」タイプの人は日常的にコレと近しい感情を持っていると考えられます。

5:せっかちなので結論が出ないとイラつく

結果主義な人は過程を重視しません。言い換えれば昔気質の「営業マン」のようなタイプの人がコレに当たります。「即断即決! とっとと行動しろ! マストで結果を出すぞ! 計画はすぐ立てろ! さっさと要点だけ話せ!」と、常時このような人が相手だと流石に疲れてしまいます。

このような人は完璧主義者ないし行動派であるため、リーダーとしての資質は十分です。しかし、上昇志向が強い分とにかく急足で話を進めたがるため不平屋としての一面も見られます。

6:プライドが高過ぎる

上記の「せっかちな人」と一部共通するところもありますが、こちらも結果主義でプロセスを重視しない人が当てはまります。他人への要求水準も高い分自分にも厳しく、「不完全な自分」を受け入れられないという弱みがあります。

「私は悪くない! 今回の件はアナタが悪いんでしょ!」と一方的に責任を押し付ける友達がいると厄介です。対応そのものに疲れを感じてしまうので無視したくなるのも無理はありません。

7: 論理的に考えず感情に流されやすい

彼女持ちの男性特有な悩みの一つとして、彼女が「気に入らないことがあるとすぐヒステリーを起こす」というものがあります。こちらも思い込みが強く周囲を見渡す習慣のない人が当てはまります。

「ちょっと落ち着いて!勘違いしているよ!そんなに怒るような事?」と、つい勘ぐってしまうほど、周囲からすれば近寄り難い存在なのです。

8:心の奥底にコンプレックスを抱えている

日本には「弱い犬ほど良く吠える」という諺があります。何やら辛辣に聞こえますが、事実強い劣等感を持っている人はソレを隠すために虚勢を張る傾向があります。

心の余裕がないと負の感情を溜め込みやすくなり健康リスクにもつながります。「すぐ怒る人」は結果的に損ばかりしていることになります。

9:周囲からの評判が異様に気になる

人は自分の弱みを隠そうとする生き物です。具体的には、自信がない人はいかに自分を大きく見せるか躍起になる事も多く、人から惨めに思われたり見下されたりするのが耐えられずよく人に反発します。

また、女の人の例で言えば「私の彼氏は大手勤めで将来の幹部候補なのよ!」とSNSで彼氏自慢している人が当てはまります。自分で何かを成し遂げるのではなく、有能な彼氏をアクセサリーにしてひけらかすといったやり口もあります。

10:人よりも優位に立っていないと気が済まない

近年できた言葉の一つに「マウンティング」というものがあります。主に女子界隈でよく見られる現象ですが、内心見下している人に対し事あるごとに自分の優位性を示す行為であり、すぐ怒る人がよくとる行動パターンでもあります。

これは大々的なやり方で行われる事も多く、「相対的に自分の価値が上がるから」という考えで必要性のない指摘やアピールを繰り返す人もいます。側からすれば大きな迷惑ですが、相手が目上の人だとなかなか意見もできません。

11:支配欲が非常に強い

昔と比べ数は減りましたが「女は黙ってついてこい」というタイプの男性は今も存在します。頼もしくはありますが反面どこまでも自分本位な考え方が女性から嫌悪されるケースも少なくありません。

自分の言いなりになる人を見つけて利用したいという思いが根底にある人は、しばしば威圧的な態度を取り上下関係を示します。それが結果的にいじめやパワハラを生み問題となるケースもあります。

12:常にストレスを抱えている

現状に満ち足りている人は基本的におおらかです。逆にストレスが多い人ほど精神状態が不安定で余裕がありません。結果的に対人関係においてトラブルを抱え込んでしまう方も多いのです。

ストレスが蓄積されていくことで慢性的なイライラに見舞われる事もあります。脳疲労の直し方にも色々あるので、自覚がない方であっても定期的に自分なりの対処法を探って実践しましょう。

13:相手に自分を大きく見せたい

人から舐められたくない! スゴい人だと思われたい! 弱みにつけ込まれたくない! という想いから不必要にツンケンしてしまう男性は少なくありません。人間誰しもが持ち合わせる感情の一つでもありますが、態度に出してしまうと人望を失うことにもつながりかねません。

体育会系な職場だと特に「がなり」が絶えず飛び交っていますが、それも奥底にあるのは見栄の可能性もあります。すぐ怒る人というのは大概幼稚であるとの指摘も満更デタラメではありません。

14:今まで怒られた経験がない

箱入り娘タイプの女性と言えば分かりやすいですが、怒られる経験が極端に少ない人だと成長の過程で「ワタシ、何をやっても許されるんだ。」と考えるようになります。

家族や友人からも「自己中心的」と指摘されたことがないのでとにかく上から目線でワガママを言うことにも抵抗がなく、結果としていじめっ子タイプとして世に憚るケースもあります。万能感がもたらすメリットもありますが、少なくとも友人関係には後々苦労する事になります。

15:自尊心が異様に強過ぎる

「自分の意見は常に正しい」と信じて疑わない人も存在します。自分に絶対の自信を持っているため反りの合わない相手の意見は真っ向否定しがちです。この心理は何かしらの成功体験に裏打ちされてのものであることが多いため注意が必要です。

自分より何かしら優れていると感じられる人以外から指摘を受けた際には逆上するケースもあるので、コミュニティ内においては「触れてはいけない人」として扱われることもあるようです。

すぐ怒る人への上手な対処法9つ

恋人との喧嘩で言ってはいけないこと4つ

さて、すぐ怒る人達に対しては具体的にどう対処すべきなのでしょうか。すぐ怒る人への上手な対処法を9つにまとめました。こちらをそれぞれご紹介いたします。参考にご覧ください。

1:適用に相槌を打って聞いているフリをする

すぐ怒る人は、刺激しないのが一番です。よほど自分にとって我慢できない小言でない限りは、相槌を打つなどして受け流しましょう。

何も屈服しろと言っているのではありません。心の中で「鬱陶しいな」と考えていても良いのです。正当な理由があって怒られている時ならともかく、意味のない罵倒までまともに取り合う必要はありません。

2:怒り出すポイントを把握して上手く回避する

下手な難癖は無視するのが一番ですが、ベストなのはそもそも怒られない事です。友人関係や職場の交流の中で深く人間観察すると、すぐ怒る人の着火パターンも見えてくるはずです。

下手な争いは起こさずにいきましょう。ちょっとした喧嘩でも心のエネルギーは大幅に消費されてしまいます。大切なのはズバリ「和の心」です。焦らず慎重に見極めて対処していきましょう。

3:怒っていない時に説得する

それでも一言物申したいという方は、相手が比較的機嫌の良いタイミングを見計らって説得しましょう。すぐ怒る人を放置し続けるのも問題です。

どんな人間にも素直な瞬間はあります。多少のリスクはありますが、言い方を選んで進言すれば相手もわかってくれるかもしれません。

4:怒り出す人の意見を否定しない

わざわざ燃え盛っている炎に燃料追加することはありません。聞き流すにせよ意見するにせよ、相手の意見は否定しないようにしましょう。

怒りの感情を露わにするほどです。逆らってはことが長引きかねません。おおらかな心を保ち、小さな子供を相手にするくらいの気持ちで応対しましょう。

5:距離を徐々に置きながら離れる

どうしても一緒にいたくない。もう対処法をあれこれ考えるにも頭が痛い。そんな場合はいっそ思い切ってフェードアウトしましょう。メンタルヘルスの影響もしっかり考えるべきです。

相手が友人であったり恋人であったりするとなかなか踏ん切りがつきづらいと思いますが、結局のところは穏便な関係性がベストです。関係性の改善が見込めないなら少しずつ距離をあけましょう。

6:普段からほどほどに立てておく

例えすぐ怒る人だといっても、誰に対しても同じ態度で接するわけではありません。日常的に親交のある相手には比較的寛大でしょうし、優しい施しが受けられたりもします。

中には抵抗を覚える方もおられると思いますが、何もイエスマンになる必要はありません。苦手な相手であってもその人なりの長所というのはあります。相手の長所に目を向けてキチンと理解を示していけば、長期的に見て対人関係の苦労も無くなります。

7:敵ではないことを示しておく

これも大事なポイントです。ただでさえすぐ怒る人相手にロックオンされてはたまりません。面倒な事態を起こしてもそこには何のメリットもありません。

内面の不満はさておき、表面上はあくまで敵意ナシのスタンスで付き合いましょう。仕事上の関係であれば「相手にしない」というのも難しいでしょうから、最低限の歩みよりも大切です。

8:不用意な発言をしないよう気をつける

先述した「怒るポイントを把握して回避する」というのも可能ですが、シチュエーションや虫の居所によっては何が起こるか分かりません。すぐ怒る人の前では態度に気をつけましょう。

仕事などの付き合い上でどうしても頻繁に会う関係性であれば、特に自分の言動には注意を払わなければいけません。「嫌われるようなことは言わない」と心がければOKです。

9:否定的な言葉を使わないようにする

他の「怒らない人達」と比べると分かりやすいですが、すぐ怒る人は人一倍他人からの批判に弱く、下手に刺激するとかえって燃え上がります。かといってそのまま放置していてはコミュニティの抱える問題は改善しません。

ポジティブな言葉のみで苦言を呈することだって十分可能です。相手やシチュエーションによって伝え方も変わるので難しくはありますが、すぐ怒る人への対処法としてはおすすめです。

すぐ怒る人の特徴を把握して上手く対処法を実践しよう

すぐ怒る人のパターンを把握して対策すれば、コミュニティの中でトラブルを起こすことも少なくなります。人間関係も一筋縄ではいきませんが、心の健康のためにも前向きに捉えましょう。

センチネルの他の記事を読む