【ラブホスタッフの上野さん】性欲が強い男性への対応に困っています

付き合って半年の彼氏がいます。彼は性欲が強い男性なので、1日に何回も求めてきて困っています。

体目当てなのではないか、他の子と浮気してしまうのではないかと心配です。

彼氏のことは好きですが、素直に応えることができないことも悲しいです。どうすればよいのでしょうか。

(28歳/女性//会社員/和歌山県)

【回答】

ご質問誠に有難う御座います。

もちろん性欲の大小だけで浮気の可能性を判断するのであれば、性欲が大きい方が浮気をする可能性が高いのは間違いありません。

しかし、それは「人差し指より薬指の方が長い男は浮気する」というような話と同じレベルでしょう。

確かに薬指の方が長い男性はテスタステロンという男性ホルモンが多いと言われており、浮気をする可能性が高くなるという理屈も分からなくはありません。

ですがそれはほとんど微差であり、指の長さだけで浮気が決まるということはないでしょう。

それでは浮気のしやすさは一体何に依存するのでしょうか?

最も重要なのはその人の置かれている環境で御座いますが、人間性という側面で言えば「好奇心」「倫理観」「自主性」の3つであると私は思います。

まず「自主性」ですが、これは相手から誘われたときに断れるかどうかという点で重要でしょう。全ての人間に「浮気心」があるのは間違いありません。

ですのでそう言った誘惑に惑わされてしまうのは仕方がないのですが、その際に流されることなく断れるかどうかが自主性に掛かっているでしょう。

次に「倫理観」で御座いますが、やはり「どこからが浮気なのか」というような基準は人によってそれぞれで御座います。

極端な話「セックスをしても本気じゃなければ浮気ではない」というような価値観を持っている場合、浮気を防ぐことは、ほぼほぼ不可能でしょう。

とは言え今回のご質問文から彼氏様の倫理観や自主性を判断することは出来ません。

しかし「好奇心」という部分においては彼氏様の傾向がある程度、読み解けるのではないかと思いました。

【ラブホスタッフの上野さん】性欲が強い男性への対応に困っています

限界効用逓減の法則

牛丼は300円で食べることが出来ますが、世の中には1食30,000円を超えるような食事も多数存在致します。

もちろん一般的に30,000円の食事の方が美味しいのは間違いありませんが、30,000円の食事が牛丼の100倍美味しいかと言えば決してそのようなことはないでしょう。

限界効用逓減(げんかいこうよう ていげん)の法則という難しい言葉が御座いますが、これは簡単に言うと「同じものは飽きるしいらない」という法則で御座います。

残念ながらセックスについても限界効用逓減の法則は存在すると言えるでしょう。

女性を口説いて、初めてセックスをするときの喜びを100とすれば、基本的に2回目以降のセックスで喜びが100を超えることは御座いません。

ファーストキスや初体験のときの記憶は鮮明に残っているのに、10回目のキスや5回目のセックスがどのようなものだったか覚えている方はあまり多くないでしょう。

やや強引では御座いますが、これも限界効用逓減の法則と同じで御座います。浮気をする男性というのはこの限界効用逓減の法則が極端な傾向にあることでしょう。

極端な話をすれば、2回目のセックスには全く興味がないという男性もいらっしゃいます。

ナンパで女性をヤリ捨てるタイプの男性はこういったタイプの方が多いでしょう。

彼らは1回目のセックスでは100の喜びを感じるものの2回目のセックスにはほとんど喜びを感じることが出来ないのです。

当然ですがそういった男性は彼女が出来ても、その彼女にすぐに飽きてしまい次の刺激を求めることでしょう。これが浮気をする男性の特徴でございます。

【ラブホスタッフの上野さん】性欲が強い男性への対応に困っています

一方でご質問者様の彼氏様はどうでしょうか?

何度も何度もご質問者様を求めるというのは「飽きっぽい男」の真逆のような存在ではないでしょうか。

飽きっぽい男というのは最初の2~3週間くらいは頻繁に相手を求めるものの、すぐに飽きてセックスレスになってしまうもので御座います。

もちろんどれほど飽きにくい方であってもいつかは飽きが来てしまうものなので、少しお預けをして「飽き」を先延ばしにすることは必要かも知れませんが、お話を聞く限り極端に浮気をしやすいタイプであるとは思えません。

性欲はセックスの回数に比例し、好奇心が相手の人数に比例する。

 

実はナンパをする男はそこまで性欲旺盛なわけではないのです。

そもそも熟練のナンパ師であっても1日かけて一人の女性も口説けないことは珍しくありません。

彼らが性欲旺盛ならばそんな状況には耐えられず、毎日バイトをして、そのお金で風俗に行くことでしょう。

彼らは刺激が欲しくてナンパをしているのであり、性欲はおまけ程度に過ぎないのです。

【ラブホスタッフの上野さん】性欲が強い男性への対応に困っています

ご質問者様は「体目当て」ではないかと不安になっているようですが、良くも悪くも女性の体に対して男性はそこまで大きな価値を見出しておりません。

法的な問題はともかくとして、現代の日本では1万円も出せばセックスが出来るのです。

もしも彼氏様が「体目当て」であるのなら、それだけの回数のセックスをする前にすでにご質問者様の前から姿を消していることでしょう。

妙な理屈では御座いますが、体目当てではないということについてはご安心頂ければ幸いです。

この記事どうだった?

39いいね!

3うーん…