天才とは何か? 性格・顔の特徴5選。天才といわれる有名人をご紹介!

「天才」という言葉は日常生活でもよくつかわれますが、どういう人のことを「天才」というのでしょうか。

じつは、天才と呼ばれる人の多くに共通する内面的な特徴、外見的な特徴があるのです。そこで今回は、具体的な「天才」の特徴をご紹介していきます。

天才とは何か

優れた思考や能力で人々を圧倒する存在として「天才」が挙げられます。天才と呼ばれる人は、普通とはかけ離れた特徴があるように思えます。

そもそも、辞書的な意味の天才とは、生まれつき秀でた能力持っているなど、生まれつき備わった才能や、そういった才能を持ち合わせている人のことを指します。

また、そのレベルは、人が努力しても至らないレベルのものであるとされています。

極めて評価されるような業績を残した人物を指して「天才」と呼ぶことも多く、様々な分野で能力を持った人に対して使われる言葉です。

天才の性格的特徴5選

「天才」とまで呼ばれる人には、ある特徴があります。

例えば、マイペース・独創的・集中力が高い・協調性に欠ける・言動に特徴がある、などは内面的な特徴の例です。

「天才」と呼ばれる人には、性格的な特徴も多数あるので、ここでは「天才」と呼ばれる人の内面的な特徴についてご紹介していきます。

具体的な例を5つ紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

天才の性格的特徴1:頭の回転が速い

まず、天才の性格的な特徴は、何といっても頭の回転が速いことです。頭の回転が速いというのは、学歴や勉強的な面の賢さを指すのではなくて、思考する速さのことを指します。

ですので、「天才」というと、賢い人というイメージがあるかもしれませんが、必ずしも学歴があるといったことや、勉強ができるといったことが必要であるとは限りません。

何かを考える際、様々な情報を頭の中で結び付けて、思考でき、その速さが一般的なスピードより速いのが特徴で、「天才」と呼ばれる人は、これらが、先天的に備わっていることが多いでしょう。

天才の性格的特徴2:集中力が高い

集中力が高く、人並みではないことも「天才」と呼ばれる人たちの特徴の1つです。

物事に取り組む際に、集中力は大事なポイントの1つとなってきますが、実際は注意が散漫になってしまったり、時間の経過とともに集中が途切れてしまったりと、集中が難しいと感じる人も多いでしょう。

「天才」と呼ばれる人たちは、この難しい集中という行為を難なくこなしてしまいます。

努力によって集中を保つというよりも、何かに熱中するのが得意で、1つのことに集中すると周りのことが気にならないことも多いようです。

天才の性格的特徴3:探求心が強い

探求心が強いのも「天才」の性格的な特徴のひとつです。

なにか問題に直面したり、疑問に感じることがあると「なぜ?」という疑問を掘り下げていくので、自然と探求心が生まれるのです。「天才」と呼ばれる人たちは、何事に対しても好奇心旺盛であることが多く、知識を増やすことに喜びを感じる人も多いでしょう。

ですので、意識的に物事を探求しているというよりは、自分の知的好奇心の為に物事の本質を探求することが多くなります。

これらの特徴は、物事に対し深くのめりこむという側面があるので、専門的な天才が多いのも特徴です。

天才の性格的特徴4:思考力が柔軟

思考が柔軟であるという点も「天才」と呼ばれる人の性格的な特徴です。思考や考えが柔軟でなければ、考えやアイディアの幅が狭まってしまいます。

既成概念を取り払って、柔軟な物事の考え方ができるというのは「天才」の特徴であります。

今までになかった物の見方や新しいアイディアなどを生み出した「天才」は歴史上でも多くいます。

発明家や研究者、アーティストなど、新しい物事を発見したり、作り上げたりできる職業に、「天才」と呼ばれる人が多いのは、この柔軟な思考力があるからといってもよいでしょう。

天才の性格的特徴5:固定概念がない

「天才」の性格的特徴の最後は、固定概念がないことです。

「天才」と呼ばれる人たちは、固定概念というものがないことが多く、自由な発想や考え方を大事にします。

ですので、常識というよりも、今まででは考えられなかった新しい物の見方や考え等に重点を置きます。

「こうでなければならない」「こうするべきだ」という考えがないので、「天才」には自由人が多いのも特徴です。

こういった固定概念のなさは、時に周囲の人々を驚かせることもありますが、そのような常識にとらわれない自由な姿勢が「天才」を象徴しているのです。

天才の顔の特徴5選

「天才」と呼ばれる人たちには、上記でご紹介してきた性格的な特徴だけではなく、外見的な特徴も見受けられます。

そこでここでは、外見的な特徴として、「天才」の顔の特徴について、5つご紹介していきます。

これらは、統計的な側面も強いものなので、「天才」と呼ばれるすべての人に当てはまるわけではないですが、特徴的な部分として参考になるものになりますので、ぜひチェックしてみてください。

天才の顔の特徴1:面長

まず天才の顔の特徴の1つ目は、面長であることです。面長である人は、頭の回転が速く、要領が良く、知能指数が高いとされています。

そういった知性を活かして、仕事で成功したり、地位のある役職に就く可能性が高いのも面長の人であると言われることもあります。

また、面長な人はクリエイターとしての才能があることが多いと言われ、クリエイティブな仕事や物事にその才能を生かすことができると考えられています。

そのため、「天才」と呼ばれる人に多い、アーティストなどに向いている才能を持ち合わせている人が多いといえるでしょう。

天才の顔の特徴2:しっかりとした鼻

特徴の2つ目である、しっかりとした鼻も「天才」と呼ばれる人の顔の特徴です。

鼻筋の通ったしっかりとした存在感のある鼻は見る人からして、意志の強さや安心感を与える要素があります。鼻が高い人は自信にあふれ、積極的です。

そのため、他人からの印象が良く、周囲から頼られることや信頼されることも多く、成功しやすい顔の特徴であるといえるでしょう。

また、鼻の大きさについては、鼻の大きな人は金運が良いとされており、お金持ちになる可能性も高いでしょう。

そういった面からも社会的に成功したりする可能性が高いと言えます。

天才の顔の特徴3:目の間隔が広い

3つ目の「天才」の顔の特徴は、目の間隔が広いことです。目の間隔が広いというのは、左目と右目が離れている人のことを指します。

人相学的に、目と目の間隔が広い人は、穏やかな性格であるとされています。そのため、人当たりが良く、周囲から愛されたり、好かれやすいタイプと言えるでしょう。

また、目が離れていることで優し気な印象を与え、安心感を与えることもできるでしょう。性格的には謙虚で周囲を立てる気配りができるのも特徴です。

さらに、周りの環境から影響を受けやすいというセンシティブで感性が高いという面もあります。

天才の顔の特徴4:切れ長の目

続いての特徴は「切れ長の目」です。目が細く、切れ長である人は、深く物事を考える性格であると言われています。

じっくり物事を考えるそういった性格は、学者や研究者にも向いているといえるでしょう。そのため、切れ長の目の人は1つの物事を突き詰めていくような才能に溢れています。

自分の直感や感覚というよりも、根拠に基づいた思考に重きを置くため、理論的であるとも言えます。

また、切れ長の目は、周囲からするとクールで冷たく見られがちで、近づき難い衣装を持たれることが多いですが、実は穏やかなタイプであるのも特徴です。

天才の顔の特徴5:表情が穏やか

表情が穏やかであることも「天才」の顔の特徴の1つとして挙げられます。人の心の余裕は、どうしても表情や顔の作りに表れてしまうものです。

「天才」と呼ばれる人たちは、心に余裕を持っており、そのため表情が自然と穏やかになります。表情が険しければ、周囲からも距離を置かれてしまいますし、対人関係においてデメリットになってしまいます。

穏やかな表情は、周囲に好感を抱かせ、自然と周りに人が集まる環境を生み出します。孤独を愛する天才も歴史上などで多く見られますが、現代ではやはり周囲からの好感がある天才も多いです。

天才といわれる有名人6選

上記で「天才」の内面的・外面的特徴についてご紹介してきました。そこで、次に「天才」といわれる有名人について名前を挙げて具体的にご紹介していきます。

ここでは、6名の「天才」についてご紹介します。有名な昔の偉人から現在活躍されている方まで幅広く取り扱いますのでぜひチェックしてみてください。

天才といってもさまざまな分野での「天才」が存在し、多様なフィールドで「天才」とされている方々を取り上げ、職業についても発明家や音楽家、アーティストやアスリートなど幅広いジャンルの天才についてご紹介していきます。

有名人1:アインシュタイン

まず、一人目の「天才」は有名な理論物理学者である、アルベルト・アインシュタインです。

彼は、ドイツに生まれた物理学者で「相対性理論」を提唱した偉大な学者の一人です。

「相対性理論」は科学の歴史に衝撃を与え、それまでの常識を覆す提唱であったにも関わらず、理論立てられたその原理で光や時間、重力についての謎を明確に解き明かしました。

誰もが認める「天才」であるアインシュタインは、ノーベル物理学賞も受賞しており、誰もが名前を知る偉人となりました。また、その性格は真面目で、好奇心旺盛であったと言われています。

有名人2:モーツァルト

二人目にご紹介するのは、オーストラリアの音楽家であるモーツァルトです。

クラッシック音楽にあまり詳しくないという人でも曲を耳にしたことがある人も多いでしょう。

彼の有名な曲としては、「トルコ行進曲(ピアノソナタ第11番)」や「フィガロの結婚」、「レクイエム」などが挙げられます。

これらの曲を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。モーツァルトは、ハイドンやベートーヴェンと並ぶ古典派音楽を代表する音楽家で、才能に溢れた人物ですが、病気によって35歳という若さで、この世を去ってしまいます。

有名人3:レオナルド・ダ・ヴィンチ

レオナルドダヴィンチも誰もが名前を知っている「天才」の一人です。

レオナルドダヴィンチと言えば、「モナ・リザ」や「最後の晩餐」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

ほかにも「洗礼者聖ヨハネ」や「ウィトルウィウス的人体図」なども世界的に有名な作品です。

レオナルドダヴィンチは世界的にも非常に有名な人物でありながら、人類史上最も謎の多い人物でもあるとされています。

謎に溢れた人物や作品から、現在でもレオナルドダヴィンチ関連の映画や書籍が多く作られており、謎の多い天才は今なおたくさんの注目を集めています。

有名人4:イチロー

イチローこと鈴木一朗さんは「天才」とされる、有名な日本の野球選手です。

2019年に45歳で引退されるまでに、7年連続首位打者、日米通算4367安打という歴史的な記録を打ち出しています。

イチローは「努力の天才」といわれることも多く、目標に向かってストイックな姿勢が有名な野球選手でもありました。

「努力をした結果、何かができるようになる人のことを天才というのなら僕はそうだと思う」ということを本人が語ったこともあるように、努力を惜しまず継続した結果、偉大な記録を残した「努力の天才」でもあるのです。

有名人5:長嶋茂雄

長嶋茂雄さんも「天才」といわれる有名人の一人です。長嶋さんは、元野球選手でプロ野球の監督としても有名な方で、「ミスター」とも呼ばれる野球界のレジェンド的存在です。

昭和を代表するプロ野球選手であり、読売ジャイアンツで王貞治さんとともに大活躍されました。

プロ一年目の時には、新人王を獲得し、引退するまでの17年間連続でベストナインに輝きました。

ほかにも数々の記録的な成績を残し、伝説的な選手として世間に名を知られました。

現在でも伝説として多くの人から尊敬される一方で、天然な性格で愛される存在でもあります。

有名人6:羽生結弦

現在も、現役で活躍している「天才」と呼ばれるアスリートである羽生結弦選手も「天才」といわれる人物の一人です。

羽生選手は、その高い演技力と難易度の高い高品質のジャンプ、表現力においてフィギュアスケート界の「天才」と呼ばれています。

世界最高点も何度も叩き出しており、敵がいないともされ、自身の記録と戦うストイックな姿が印象的です。

羽生選手は、その実力もさることながら、その魅力的な外見や内面でも多くのファンを魅了しており、試合中とそうでないときのギャップなどにも関心が集まっています。

天才は外見・内面に特徴を持っている

ここまでで、天才の意味や外見、内面的な特徴、さらには、「天才」といわれる有名人について紹介してきました。

「天才」と呼ばれる人たちには、人相学などでも言われるような外見的な特徴も持っていますが、内面的なものにも共通する特徴があり、その性格的な面でも多くの人を魅了しています。

以上のように「天才」の特徴には普通とは違う”何か”が感じられます。

とはいえ、天才か凡人かを決めるのは他者の評価であることが多く、特徴に当てはまらないからといって、落ち込む必要はなく、良い部分・個性を伸ばしていくことが大切です。

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

7いいね!

14うーん…