天才な人の特徴21選をご紹介! 顔の特徴や天才と言われる有名人とは?

天才とはどのような人のことをいうのでしょうか。天才の意味や外見、内面的な特徴、さらには、「天才」といわれる有名人についてご紹介していきます。

多くの人を魅了する何かを持っている天才、天才の特徴を取り入れて、自分の良さや特性を伸ばしましょう。

そもそも天才ってどんな人?

天才な人の特徴21選をご紹介!顔の特徴や天才と言われる有名人とは?そもそも天才ってどのような人のことなのでしょうか。優れた思考や能力で人々を圧倒する存在として「天才」が挙げられます。天才と呼ばれる人は、普通とはかけ離れた特徴があるように思えます。

辞書的な意味の天才とは、生まれつき秀でた能力持っているなど、生まれつき備わった才能や、そういった才能を持ち合わせている人のことを指します。また、そのレベルは、人が努力しても至らないレベルのものであるとされています。

極めて評価されるような業績を残した人物を指して「天才」と呼ぶことも多く、様々な分野で能力を持った人に対して使われる言葉です。

天才の定義とは

天才の定義は、生まれつき才能を持った人のことをいいます。先天的に、知的レベルが高度な人のことをギフテッドといい、小さい頃から天才ぶりを発揮します。

ある分野で飛びぬけるほどの才能を持った人のことでもあり、凡人ではできないほどストイックで、努力できる人でもあります。

天才な人の特徴21選

ここでは、天才な人の特徴21選をご紹介していきます。

周りを圧倒するほど才能を発揮する天才には、どのような特徴があるのでしょうか。自分にいくつ当てはまるか確認してみても良いでしょう。また、才能があると思う周りにいる人にはどのくらい当てはまるでしょうか。

それでは、特徴を具体的にみていきましょう。

1:集中力がある

天才な人の特徴21選をご紹介!顔の特徴や天才と言われる有名人とは?天才な人の特徴の1個めは、集中力があることです。集中力が高く、人並みではないことも「天才」と呼ばれる人たちの特徴の1つです。

物事に取り組む際に、集中力は大事なポイントの1つになります。実際は注意力が散漫になってしまったり、時間の経過とともに集中が途切れてしまったりと、集中が難しいと感じる人も多いでしょう。

「天才」と呼ばれる人たちは、この難しい集中という行為を難なくこなしてしまいます。努力によって集中を保つというよりも、何かに熱中するのが得意で、1つのことに集中すると周りのことが気にならないことも多いようです。

2:頭の回転の速さ

天才な人の特徴の2個めは、頭の回転の速さです。まず、天才の性格的な特徴は、何といっても頭の回転が速いことです。頭の回転が速いというのは、学歴や勉強的な面の賢さを指すのではなくて、思考する速さのことを指します。

「天才」というと、賢い人というイメージがあるかもしれませんが、必ずしも学歴があることや、勉強ができることが必要であるとは限りません。

何かを考える際、様々な情報を頭の中で結び付けて、思考でき、その速さが一般的なスピードより速いのが特徴で、「天才」と呼ばれる人は、これらが先天的に備わっていることが多いでしょう。

3:協調性に欠ける

天才な人の特徴の3個めは、協調性に欠けることです。自分の時間や世界を大切にしている人が多く、そういう部分においては、協調性に欠けるとみられることもあるでしょう。

マイペースで、良くも悪くも人のことをあまり気にしないので、他人に何を言われても自分の好きなことに没頭します。他人と張り合うこともなく、評価も気にしません。他人の意見もあまり聞くことがなく、自分の世界の中で正しいと思うことに突き進む傾向があります。

4:独特の価値観を持っている

天才な人の特徴の4個めは、独特の価値観を持っていることです。天才と呼ばれる人達は、自分の軸をしっかり持っているので、他人に影響されにくく、独自の価値観で生きています。

人から違うと評価されても、独特の感性で、自分の価値観を曲げない傾向にあります。他人に忖度したり、同調することが少ないです。他の人にとっては価値がないものに対しても価値を見出し、自分の世界を確立し、自分の感性で感じたままに行動します。

5:探求心がある

天才な人の特徴21選をご紹介!顔の特徴や天才と言われる有名人とは?天才な人の特徴の5個めは、探求心があることです。探求心が強いのも「天才」の性格的な特徴の1つです。

なにか問題に直面することや、疑問に感じることがあると「なぜ」という疑問を掘り下げていくので、自然に探求心が生まれるのです。「天才」と呼ばれる人たちは、何事に対しても好奇心旺盛であることが多く、知識を増やすことに喜びを感じる人も多いでしょう。

意識的に物事を探求しているというよりは、自分の知的好奇心の為に物事の本質を探求することが多くなります。これらの特徴は、物事に対し深くのめりこむという側面があるので、専門的な天才が多いのも特徴です。

6:好奇心旺盛である

天才な人の特徴の6個めは、好奇心旺盛であることです。

天才は好奇心旺盛な傾向があり、他の人より理解する能力が高くスピードも速いので、一旦興味を持つと、様々な分野のことを多く知ろうとします。今まで知らなかった分野のことなど、貪欲に知識欲を満たしたり、色々なことに果敢に挑戦しようとします。

7:感受性が豊かである

天才な人の特徴の7個めは、感受性が豊かであることです。

感受性が強い上に情報をキャッチするアンテナも広く、普通の人なら気付かないことにも気付くので、斬新なアイディアにつながったり、刺激を受けて行動する原動力になったりします。

しかし、一方で感受性の強さは繊細さともいえ、他人の言葉や行動に傷つきやすく、物事に対して悲観的にとらえてしまうところもあります。

8:決断力がある

天才な人の特徴の8個めは、決断力があることです。好き嫌いがはっきりしていて、自分の軸がしっかりとしている為、物事に対して迷うことが少なく、決断力があります。

興味があることには、意思が明白なので、決断が早く目標をしっかり持って行動します。

9:クリエイティブに物事を考えられる

天才な人の特徴の9個めは、クリエイティブに物事を考えられることです。思考が柔軟であるという点も「天才」と呼ばれる人の性格的な特徴です。思考や考えが柔軟でなければ、考えやアイディアの幅が狭まってしまいます。

既成概念を取り払って、柔軟な物事の考え方ができるというのは「天才」の特徴であります。今までになかった物の見方や新しいアイディアなどを生み出した「天才」は歴史上でも多くいます。

発明家や研究者、アーティストなど、新しい物事を発見したり、作り上げたりできる職業に、「天才」と呼ばれる人が多いのは、この柔軟な思考力があるからといってもよいでしょう。

10:インプット・アウトプットが得意

天才な人の特徴の10個めは、インプット・アウトプットが得意なことです。天才といわれる人達は、驚くほどの速さで大量の情報をインプットし、またアウトプットもするので、物事の吸収力に長けています。

情報処理能力に優れているだけではなく、インプットした内容を自分の中に取り込み、自分の言葉で表現することが得意ともいえます。常に、インプットとアウトプットを繰り返しているといっても過言ではないでしょう。

11:一人の時間が好き

天才な人の特徴の11個めは一人の時間が好きなことです。天才といわれる人達は、深く物事を考えることが好きなので、一人でいる時間が好きです。気ままに思いつくままに、自由に過ごせる時間は至福の時間なのでしょう。

また、天才は特定の分野に興味が深いので、それ以外のことには関心が薄く、自分が好きな時間が取れないことを嫌う傾向があります。

関心がある分野のことを一人で取り組む時間が大切で、じっくり時間をかけて取り組む為、ユニークな考えも浮かびやすくなるのでしょう。

12:理解力が高い

天才な人の特徴21選をご紹介!顔の特徴や天才と言われる有名人とは?天才な人の特徴の12個めは、理解力が高いことです。天才といわれる人達は、語彙力や知識力が豊富なので、一を聞いて千を知るように、物事を詳しく説明しなくても理解できます。

情報を理解する力が高い為、情報をインプットしたからアウトプットするまでの時間も速く成長スピードも速いのが特徴です。

13:こだわりが激しい

天才な人の特徴の13個めは、こだわりが激しいことです。天才といわれる人達は、物事を選ぶときも、何かをする時にもこだわりを持つことが多く、マイルールやルーティンを持っている人が多い傾向にあります。

物事を追及したりするのが得意な為、一つ一つのことに独自のこだわりがあります。興味があることに対してのこだわりが強い反面、衣食住など、他のことには無頓着な面があります。

14:本を読むのが得意

天才な人の特徴の14個めは、本を読むのが得意なことです。豊富な知識は、本から得ているものも多いことでしょう。天才といわれる人達は、本を読むことが習慣で、人より速く正確に読むことが得意です。

15:話すのが早い

天才な人の特徴の15個めは、話すのが早いことです。頭の回転が速い為、話すのが早くなります。頭の中も凡人とは全く違うスピードで物事を考えていたり処理したりしています。

多くの情報を伝えようとするため話すのも早くなりますが、普通の人と話すスピードが違うので、普通の人は聞き取りづらく感じたり、理解できなかったりすることもあるでしょう。

16:芸術的な才能に長けている

天才な人の特徴の16個めは、芸術的な才能に長けていることです。

天才といわれる人達は、感受性が豊かな人達が多く、芸術性に長けている傾向があります。音楽や美術などに精通していたり、言葉も巧みで自分を表現することが得意な傾向があります。

特定の分野において、関心が強く、努力を重ね芸術的な面で秀でた才能を発揮する場合もあります。

17:努力を惜しまない

天才な人の特徴の17個めは、努力を惜しまないことです。最初からすべてできるわけではなく、ほとんどの人が才能に加え、努力を惜しまないことで成果を出しています。コツコツと努力を続けることも得意です。

自分が信じてやりたいことに対して、努力を惜しまず、やり続けるストイックさがあります。

18:考え方が自由

天才な人の特徴の18個めは、考え方が自由だということです。「天才」と呼ばれる人たちは、固定概念というものがないことが多く、自由な発想や考え方を大事にします。

常識というよりも、今まででは考えられなかった新しい物の見方や考え等に重点を置きます。「こうでなければならない」「こうするべきだ」という考えがないので、「天才」には自由人が多いのも特徴です。

こういった固定概念のなさは、時に周囲の人々を驚かせることもありますが、そのような常識にとらわれない自由な姿勢が「天才」を象徴しているといえます。

19:視野が広い

天才の人の特徴の19個めは、視野が広いことです。

天才は、広い視野を持っているので、目先の色々なことに構わず、目標に向かって努力します。多くの知識を持ち、それをベースに色々なことを多角的に捉えることができるので、常人には見えていない将来性が見えたり、大きなスケールで物事を考えることができます。

20:マイペース

天才な人の特徴21選をご紹介!顔の特徴や天才と言われる有名人とは?天才な人の特徴の20個めは、マイペースだということです。

自分が好きなこと、やりたいことがはっきりしてる為、自分のタイミング、自分のペースで突き進みます。自分の興味が先行する為、他人の言動をあまり気にしない傾向があり、マイペースといわれます。

21:決めたことは最後までやり遂げる

天才な人の特徴の21個めは、決めたことは最後までやり遂げるということです。

自分で決めたことは最後まできっちりやり遂げるので、それが成果になって現れてきます。たとえ、途中で成果が出なかったとしても諦めず、決めたことは最後までやり遂げる傾向があります。意思が固く努力を惜しまないともいえるでしょう。

天才な人の顔の特徴とは?

天才な人の顔の特徴は、面長でスッとした鼻立ち、あごはシャープ、左右非対称である雌雄眼を持ち、切れ長の目をしています。また、左利きの人が多く、体型は細身で表情が穏やかな雰囲気があるともいわれています。

特定の事柄以外には興味がないので、同じような服を着るなどファッションにはあまりこだわりがない傾向があります。

天才と言われる有名人とは?

天才と言われる有名人とはどんな人達でしょうか。昔から言われている天才は、アインシュタイン、モーツァルト、レオナルド・ダ・ヴィンチです。

皆、いわずと知れた才能の持ち主で、アインシュタインは有名な天才理論物理学者、モーツァルトは、オーストラリアの天才音楽家、レオナルド・ダ・ヴィンチは「モナ・リザ」「最後の晩餐」を描いた有名な天才画家であり優秀な医者でもある人物と言われています。

日本人として有名なのは、イチロー、長嶋茂雄、羽生結弦です。野球やスケートの分野で、天才的な才能を発揮されている天才です。

天才と言われる人の特徴を把握しよう!

ここまでで、天才の意味や外見、内面的な特徴、さらには、「天才」といわれる有名人について紹介してきました。

「天才」と呼ばれる人たちには、人相学などでも言われるような外見的な特徴も持っていますが、内面的なものにも共通する特徴があり、その性格的な面でも多くの人を魅了しています。

以上のように「天才」の特徴には普通とは違う”何か”が感じられます。天才と言われる人の特徴を把握しましょう。

天才か凡人かを決めるのは他者の評価であることが多く、特徴に当てはまらないからといって、落ち込む必要はなく、良い部分・個性を伸ばしていくことが大切です。

百花繚乱の他の記事を読む