美しい人に共通する見た目と内面の特徴|美しい人になるための習慣7つ

美しい人はいろいろな特徴を持っています。その特徴は努力によって成り立っているものが多くあります。そのため、美しい人を目指すのであれば、美しい人がどのような特徴を持っていて、どのような努力を行っているのかを把握しておきましょう。

美しい人とは

【職業別】好感が持てるヘアスタイル

美しい人に対してイメージする人物像は人によって異なります。また、女性の目線と、男性の目線でも美しい人に対するイメージは異なります。しかし、美しい人に対する定番となるイメージはいくつかあります。

男性が持つ美しい人へのイメージには、華やかである、育ちが良い、ミステリアス、クール、近寄りがたいなどがあります。女性が持つ美しい人へのイメージには、容姿が綺麗、知的、かっこいい、モテるなどがあります。

また、これら以外にも美しい人はいろいろなイメージを持たれています。

美しい人の見た目の特徴23選

付き合う前に紅葉デートはあり?紅葉デートのメリットと注意点も紹介

美しい人はいろいろなイメージを持たれます。そのイメージは美しい人の見た目の特徴から生まれるものがいくつかあります。美しい人に少しでも近くためにも、美しい人の見た目にはどのような特徴があるのか把握し、参考にできる部分を探しましょう。

1:スタイルが良い

美しい人のわかりやすい特徴として、スタイルが良いということがあります。美しい女性は手足が細く、すらっとした体型をしています。

ただし、細身ではありますが、決して痩せすぎという印象ではなく、程よく痩せていて健康的な印象を与えます。

また、美しい人はその体型をキープするための努力をしていて、痩せすぎたり、太りすぎたりすることもなく、常に美しく見える状態を保っています。

2:顔のラインがシャープ

美しい人はすらっとして細身です。そのため、体に余分な肉がついていません。余分な肉がないので、顔のラインもすっきりとしてシャープなラインをしています。また、左右のバランスが整っていて、誰が見ても美しいと感じるような輪郭をしています。

3:唇の形が整っている

美しい人は顔のラインだけでなく、顔のパーツも整っていて、唇もバランスの良い形をしています。また、形が良いだけでなく、美しい人はその美しさをしっかりとケアしています。

そのため、唇は荒れてカサカサしていたり、血色が悪かったりなどすることもありません。さらに、笑うと口角が上がり、明るくて爽やかな印象を受けます。

4:鎖骨がくっきり出ている

美しい人には余分な肉がついていません。そのため、肩や首の周りにも余分な肉がなく、鎖骨がくっきりと綺麗に形で出ています。デコルテラインが綺麗な人は美しい印象を強く与えます。

そのため、鎖骨が見えるような肩出しのトップスを着ると、綺麗なデコルテによって、女性らしい美しさが強調されます。

5:しなやかな筋肉がついている

美しい女性は手足が細くてスタイルが良いです。しかし、美しい女性はただ細いというだけでなく、ほど良く筋肉がついていて、引き締まっています。筋肉によって引き締まっていることで、美脚であったり、ヒップラインが綺麗であったりなどします。

また、筋肉があることで、その立ち振る舞いや見た目の印象にしなやかさを感じることもあります。当然、何もせずに筋肉がつくことはないので、美しい人は体を引き締めるための努力を日頃から行っています。

6:肌がきれい

スタイルと同様に、美しい人のわかりやすい特徴の1つが肌が綺麗なことです。美しい人の肌はキメが細かく、透明感があり、非常に綺麗な印象を受けます。肌が綺麗なことで、顔やデコルテなども綺麗に見えることで、美しさが強調されます。

また、肌が綺麗なことで実年齢よりも若く見えることが多く、美しい人はいくつになっても美しい印象を保ち続けるという特徴もあります。

7:スッキリと通った鼻筋

美しい人は顔のパーツが整っていて、鼻もスッキリとしていて、鼻筋が通っています。鼻筋が通っていると、かっこよく見えたり、インテリな印象を与えることもあります。

かっこいい、インテリなどの印象から、美しい人に対して、近寄りがたいと思ってしまう人もいますが、美しい人は柔らかい表情をしたり、優しい雰囲気を持っていることも多く、1度接するだけで近寄りがたいという印象を払拭してしまうこともあるでしょう。

8:パッチリとした目

美しい人は大きくてパッチリとした大きな目をしています。また、黒目と白目のバランスが良く、その目からは美しさだけでなく、可愛らしさも感じることがあります。

また、美しい人にはパッチリとした目ではなく、切れ長タイプの目をした人もいます。切れ長の目をしている美しい人はかっこよさや知的な印象を受けることがあります。しかし、笑うと優しい目となり、その大きなギャップに可愛らしさを感じることもあります。

9:上手なメイク

美しい人は常に自分磨きをしていることが多いので、顔の作りや肌のタイプや状況など、自分のことをよく理解しています。そのため、どのようなメイクをすれば、より美しく見えるかも理解しています。

また、自分に必要なメイク術も習得しているため、美しい顔立ちに適したメイクをすることができます。自分に適したメイクを上手に行えることで、美しい人はさらに美しい人になることができます。

10:細くてラインのキレイな首筋

美しい人は鎖骨がきれいに出ています。鎖骨がきれいに出るのは首回りに余計な肉がついていないためです。そのため、美しい人は首筋にも余計な肉はなく、細くてきれいな首筋をしています。

細くてきれいな首筋は長くスッキリとした印象も与えます。また、その首は姿勢が悪く、前や横に傾いたりすることなく、まっすぐシャキッとした印象です。

11:まつ毛が長く上向き

美しい人の目はパッチリしています。目がパッチリとしているのはまつ毛がしっかりと上向きになっているためです。また、そのまつ毛は長く、1本1本がしっかりしています。

まつ毛エクステで、美しい人のようなまつ毛にすることはできます。しかし、自然なまつ毛ならではの美しさもあるので、美しい人の目からはナチュラルな美しさを感じることも多いです。

12:目・鼻・口のバランスが良い

目や鼻、口などの顔のパーツは顔の印象に大きな影響を与えます。美しい人はこれらのパーツがそれぞれきれいに整っています。しかし、顔のパーツはそれぞれがきれいなだけでは美しい印象は与えられません。

これらのパーツはきれいに整ったうえで、他のパーツに合わせてそれぞれの形や大きさなどのバランスも整っていなければなりません。美しい人はその顔のパーツのバランスも良いので、顔全体から美しさを感じることができます。

13:洋服のセンスが良い

美しい人は自分のことをよく理解しています。そのため、自分がどのようなメイクをすれば、よりきれいになるかもよく理解できています。

また、メイクと同様に、美しい人は自分が何を着れば似合うかもわかっています。そのため、自分に合った服選びをすることもできます。ただし、美しい人はスタイルが良いので、基本的にはどのような服でも似合ってしまうということもあります。

14:口角が上向き

美しい人は口の形が整っていて、笑うときれいに口角が上向きになります。また、美しい人は明るい表情や柔らかい表情をしていることが多いので、口角が上向きになっていることも多いです。

口角が上がっていると相手に対して良い印象を与えることができるので、美しい人は好感度が高いことも多いです。

15:歯が白くキレイ

美しい人の笑顔は非常にきれいです。美しい人の笑顔がきれいなのは顔が整っていたり、肌がきれいであったりなどするためです。また、美しい人は歯も白くてきれいで、笑ったときにその白い歯が見えることで、より笑顔がきれいに見えます。

もし、どれだけ顔が整っていたり、肌がきれいだったりなどしても、歯が黄ばんでいれば、その笑顔は美しいと感じないでしょう。

16:歯並びが整っている

美しい人は歯が白くてきれいです。そのため、笑ったときにその白い歯が見えることで、笑顔もよりきれいに見えます。また、歯は白いだけでなく、歯並びも良いです。歯が白く、歯並びも整っていることで、清潔感のある印象を与える笑顔となります。

17:笑顔が魅力的

美しい人は顔が整っていて、肌がきれいで、歯も白いです。それだけ整った顔立ちで、作られる笑顔は非常に魅力的です。また、美しい人の中には笑顔でいることを心がけている人もいます。常に魅力的な笑顔で微笑んでくれることから、好感度も高いです。

18:姿勢が良い

美しい人は常に人から見られていることを意識していたり、自分磨きをしていたりなどします。そのため、美しい人の姿勢はまっすぐできれいです。

姿勢がきれいなので、そのスタイルの良さはさらに良く見えるようになります。また、まっすぐな姿勢は自信がある雰囲気を周囲に与えます。そのため、美しい人はかっこよく、仕事ができるような印象を周囲に与えることもあります。

19:身だしなみに隙がない

身だしなみに気を使っている人は多くいます。しかし、身だしなみに毎日気を使い続けることは大変です。

そのため、髪がうまくまとまらなかったり、爪が整えられていなかったり、急いでいて服選びを妥協してしまうなど、多くの場合はどこかで身だしなみに隙を作ってしまいます。

しかし、美しい人は自分が人からよく見られているということを自覚しています。また、自分磨きを怠ることもありません。そのため、毎日の身だしなみに隙がなく、常に美しい状態を維持しています。

20:切れ長で涼しげな目

美しい人の目はパッチリとしていて大きいタイプの人もいますが、切れ長で涼しげな目をしている人もいます。

大きい目は可愛らしい印象を受けますが、切れ長タイプの目をしている人はかっこいい、インテリなどの印象を受けます。また、切れ長な目は笑うと可愛らしい形になるので、普段と笑顔の印象に大きなギャップが特徴となっています。

21:髪の手入れが行き届いている

美しい人は毎日の身だしなみに余念がありません。また、常に自分磨きも怠りません。そのため、髪の手入れも行き届いており、髪はツヤツヤでいつも良い状態を保っています。

髪はヘアカラーやドライヤー、生活習慣などですぐに傷んでしまうこともあります。そのため、定期的なカットや頭皮マッサージ、オイルでの手入れなど、髪の手入れには手間がかかります。これらも美しい人はその美しさを保つために欠かさず行っています。

22:眉毛のお手入れが行き届いている

眉毛はあまり見られることがないと思っていたり、前髪で隠してしまうという人もいます。そのため、眉毛の手入れをおろそかにしてしまう人もいるでしょう。もし、その眉毛の手入れをおろそかにすると、すぐに伸びて乱れてしまいます。

しかし、美しい人は自分が周囲からよく見られていることを自覚し、毎日の身だしなみに隙を作ることがないので、眉毛も油断することなく常に手入れができていて、いつでも人に見られても良い状態が保たれています。

23:鼻の下が短い

美しい人の顔のパーツはそれぞれの形が整っていて、全体的なバランスも良いです。しかし、顔のパーツが整っていて、全体のバランスがよくても、鼻の下が長いと、のっぺりした印象を与えてしまうことになります。また、鼻の下が長いと顔が長く見えてしまいます。

逆に、鼻の下が短いと、顔は長くならず、全体のバランスが整いやすくなります。そのため、美しい人は鼻の下が短いということが多いです。

美しい人の内面の特徴15選

美しい人にはいろいろな見た目の特徴があります。しかし、美しい人はその見た目だけで周囲からその美しさを認められているわけではありません。

美しい人には見た目だけでなく、目で確認することのできない内面にも美しさの特徴を持っています。そのため、美しい人に近づくためには、見た目だけでなくその内面の特徴についても知っておく必要があります。

1:自分に自信がある

美しい人は自分が美しいということを自覚しています。そのため、その言動からは自信を感じることができます。

ただし、美しい人はただ美しいから自信が持てるのではなく、美しくいるための努力をしているので自信を身につけています。また、美しい人が自分がやるべきことや、やらなければいけないことに対して努力を積み重ねることができるのは強い精神力を持っているからでもあります。

2:相手を認める心がある

美しい人と接すると、安心感や親近感などを覚えることがあります。これは美しい人が明るい表情を意識して接してくれることもありますが、接する相手のことを認める心を持っているためでもあります。

美しい人は、他人が喜べば自分のことのように喜び、悲しいことがあれば自分のことのように悲しんでくれたりなど、相手の心を理解して共感をしてくれます。

そのため、どのような相手と接しても共感をすることで認めることができるので、他人を否定したり、衝突したりなどするようなことがないので接しやすさを感じることになります。

3:過去は過去と割り切れる

美しい人は相手のことを認める心を持っているので、過去に喧嘩などをして良くない関係となった場合でも、それがその人の考えや行動などと認めることができます。

そのため、状況が改善できていて、今は関係性が修復できるという状況になれば、過去は過去と割り切って関係を修復することができます。このさっぱりとした性格も美しい人が接しやすい特徴の1つとなっています。

また、自分に嫌なことがあっても、過去は過去と割り切れるので、すぐに気持ちを切り替えることもできます。

4:感謝の気持ちを忘れない

美しい人は周囲からちやほやされることも多いです。しかし、自分は美しいので周囲がいろいろなことをしてくれるのは当然と思っているような人は、美しい人とは言えません。

本当に美しい人は他人から何かをしてもらって、感謝を忘れるようなことはありません。人に笑顔で感謝を伝えることで、周囲の人たちはさらにその美しい人の魅力に惹きつけられることになります。

5:寛容な心を持っている

美しい人は相手のことを認めることができます。そのため、他人に不満を持ったり、気になるようなことがあっても、いちいちそのことについて口出しをしたりはしません。

相手のために必要なことは伝えますが、当たりの強い言い方をするようなことはありません。相手を認めて、相手のためになることを伝えるという寛容な心を持っていることが、美しい人をより魅力的にします。

6:謙虚で控えめである

美しい人はよく目立ちます。しかし、目立つのはきれいな見た目の特徴によるもので、派手な言動で悪く目立つようなことはあむしろ、美しい人は周囲のことをよく把握できていて、相手のことを立てることを忘れません。

目立つ自分は一歩下がって、相手を立てるような謙虚で控えめな振る舞いをするので、周囲からの高い好感度を得ています。

7:しっかりとした芯を持ち合わせている

美しい人は謙虚な振る舞いをするので、弱い印象を与えることもあります。しかし、謙虚な振る舞いをするのは他人を立てるためです。

逆に、美しさを保つために、いろいろな努力を行っていて、その努力を続けることができる強い精神力を持っています。また、美しさを保つために自分がやるべきことや、やらなければいけないことをなども把握していて、それらをやり通すための強い芯も持っています。

その強い精神力や芯は日常生活でも活かされているので、美しい人は決して弱くはありません。

8:友達や家族のために行動できる

美しい人は周囲がいろいろなことをしてくれます。これは美しい人がちやほやされやすいということもありますが、これは美しい人が普段から他人のために行動をしていることがあるためです。

相手を立てるための謙虚で控えめな振る舞いや、寛容な心で相手を認めることなども他人のための行動となります。美しい人は普段からこれらのような自分ではなく、友達や家族、職場の仲間などを優先した行動をしています。

9:努力家

美しい人は常に美しさを保つため、より美しくなるための努力をしています。その努力は誰かに自慢したり、思いつめたように行われるのではなく、人に見せることなくひたむきに続けられます。

このような努力を続けられるのは、美しい人には典型的な努力家タイプという人が多いためです。何もしなければ美しくなることはできません。美しい人は努力をすることで美しくなっています。

10:人の気持ちが理解できる

美しい人は他人を認めることができたり、相手を立てることができたりなどします。これらができるのは相手の気持ちを理解することができるためです。

相手の気持ちを理解することができるからこそ、相手の求めていることを把握して、相手が望んでいることに応えることができます。また、他人が求めていることに的確に応えることができることで、美しい人の好感度はどんどん上がっていきます。

11:人の悪口を言わない

どれだけ周囲の人たちからの信頼を得ることができていても、影で悪口を言ったり、悪いことをしたりなどしていれば、どこかでその評判を落としてしまうことになります。

美しい人はその振る舞いから周囲からの信頼を獲得し、その信頼を落とすことがありません。これは美しい人は影で悪口を言ったり、悪いことをしたりなどせず、裏表を使い分けるような人ではないためです。

12:人前では弱音や愚痴を言わない

美しい人は常に明るく、どのようなときでも周囲にネガティブな印象を与えるようなことをしません。そのため、人前で弱音や愚痴などを言うこともありません。

ただし、美しい人が全くネガティブになることがない人というわけではありません。美しい人は人前でネガティブな部分を出さないように、うまくストレスを発散して、自分の感情をコントロールしています。

13:偏見を持たない

美しい人は誰が相手でも接し方を変えるようなことをしません。これは美しい人が相手のことを認めることができる人なので、どのような相手でもその人らしさを受け止め、偏見を持つことなく接することができるためです。

ただし、誰にでも優しく接してしまうことで、相手が勘違いを起こしてしまうことがあります。そのため、これは一部の人にとっては美しい人が持つデメリットの要素でもあります。

14:前向きで明るい

美しい人には典型的な努力家タイプという人が多く、美しさを保つための努力を続けることができます。その努力の積み重ねは、小さな成功体験を積み重ねていることにもなります。

成功体験を繰り返していることで、辛いことがあっても今まで通りに乗り越えられると前向きな気持ちを持ちやすくなります。

また、その前向きで明るい振る舞いは周囲にも伝わり、美しい人の周りの人たちも前向きで明るくなることがあります。

15:礼儀正しい

美しい人は謙虚で控えめな振る舞いができ、偏見を持たずに人と接することができます。これらができるのは美しい人が常識やマナーなどを身につけているためです。

常識やマナーを身につけていることで、誰に対しても礼儀正しく接することができ、接した人から好感を得ることができています。

美しい人になるための習慣7つ

美しい人にはいろいろな特徴があります。その特徴の中には見た目の特徴もあり、美しい人に近づくために真似したくてもできないものもあります。

しかし、美しい人は見た目が美しいだけでなく、内面にもその美しさがあります。内面の美しさであれば真似をすることができることもあります。美しい人になることを目指して、まずは美しい人の持つ内面の特徴を習慣によって身につけましょう。

1:素直に「ありがとう」と表現してみる

美しい人は感謝の気持ちを忘れることがありません。感謝の気持ちは伝えなくてはいけないとわかっていても、どうしてもその気持ちが薄れていってしまうこともあります。

そのようなことが起こらないように、素直に感謝の気持ちを伝えられることを普段から意識して、「ありがとう」という言葉を多く使ったり、感謝の気持ちを行動で表したりなどするようにしましょう。

2:笑顔を絶やさない

美しい人は常に明るい表情や柔らかい表情をして、その表情によって周囲を和ませています。そのため、美しい人を目指すのであれば、笑顔を絶やさないようにして、明るい表情でいることを心がけましょう。特に、人と接するときには笑顔を意識するようにしましょう。

3:規則正しい生活をする

美しい人はその美しさを保つために毎日努力しています。そのため、寝不足や暴飲暴食のような美しさを崩してしまうような生活をしないようにも心がけています。

美しい人を目指すのであれば、肌や髪、体調などに悪い影響を与えるような生活を避け、規則正しい健康的な生活を心がけるようにしましょう。

4:自分のことを認めてみる

美しい人は自分に自信を持ち、前向きに努力を続けています。もし、自分に自信がなく、前向きになることができていなければ、美しくなるための努力を続けることはできません。

そのため、美しい人になるためには、まずは今の自分を受け入れ、認めてあげ、自信を持ってポジティブな感情を維持できるようにしましょう。

5:ネガティブな言葉は使わない

美しい人はいつも前向きで明るく、人前でネガティブな印象を与えるような言動をしません。そのため、美しい人を目指すのであれば、日頃からネガティブな言動は避けるように意識しましょう。

また、ネガティブな部分が人前で出ないようにするために、うまくストレスを発散できる方法も見つけておきましょう。

6:身の回りの整理整頓をする

いくら見た目や内面を美しくする努力をしていても、家の中や職場のデスクなどが散らかっていると、片付けができない人、身の回りが汚れていても平気な人など、美しい人に持たれる印象とは程遠い印象を持たれてしまうことになります。

そのため、美しい人を目指すのであれば、自分をきれいにするだけでなく、身の回りの物も見られているということを忘れないようにして、整理整頓を心がけましょう。

7:自分が好きなパーツが映えるメイクを心がける

美しい人は自分がどのようなメイクをすれば、よりきれいになるのかを把握し、そのためのメイク技術も習得しています。

そのため、美しい人になるためには、自分に適したメイク技術を身につける必要があります。しかし、いきなりメイク全体の技術を向上させることは難しいので、まずは自分の好きなパーツに集中して、そのパーツが映えるメイクをできるようにしましょう。

美しい人の特徴を理解して生活習慣を見直しましょう

マスクメイクはリキッドチークで!おすすめ6選

美しい人はいろいろな特徴を持っています。しかし、それらの特徴は努力によって成り立っているものが多いです。その努力の範囲は広く、生活習慣にまで及んでいます。

美しい人を目指すのであれば、その美しい人はどのような特徴を持っていて、どのような努力を行っているのかを把握し、参考にできることを見つけましょう。

安藤うめの他の記事を読む


この記事どうだった?

8いいね!

0うーん…