男女の友情って成立するの? 男女の本音を調べてみた!

突然ですが、あなたは「男女の友情」は成立する派ですか? しない派ですか?

なかなか結論を出しにくい代表的な議論の一つですが、本記事では「男女の友情」が成立するか否かについて、男女の本音を紹介していきます。幅広い意見をご紹介しますので、あなたの中で合点のいく回答が得られると幸いです。

男女の友情は成立するの!?

男女の友情って成立するの? 男女の本音を調べてみた!

「マイナビウーマン」が2016年2月に行ったアンケートによると、次のような結果が出ています。

<男女の友情は成立すると思う?>
・成立する……66.34%
・成立しない……33.66%

半数以上の人が、「男女の友情は成立すると思う」と答えているのですね。

<成立する派の考え方>
異性だからといって、全員が恋愛対象になるわけではない。

<成立しない派の考え方>
相手が異性である以上、恋愛に発展する可能性がゼロになるなんてことは考えられない。

どちらの意見も「なるほど」という感じですが、実際のところはどうなのでしょうか。男女の友情について、男性側・女性側両方から、もう少し詳しい意見を見てみましょう。

<参考元>
「男女の友情は成立する?」に完全密着!|マイナビウーマン
https://woman.mynavi.jp/article/170214-99/

男女の友情について・男の本音

男性は、男女の友情について次のように考えるようです。

<成立する派の意見>
・「お互いに異性として興味をもてなければ成立すると思う。」

・「初対面の女性は結局見た目で判断する訳ですが……言葉は悪いですけど、『下心が沸かなかったら、恋愛対象ではなく、それは友達』だと考えています。」

<成立しない派の意見>
・「どこかしらに下心なり恋愛感情が芽生えてくると思う」

・「片方が友情だと思っていても、もう片方が愛情だと思っているってよくあるから友達以上の感情をどちらかが持ったらもう友情は成立してないと思う。それが良い悪いというわけではなく。男女って本来はそういうもの。」

 

成立する派は「相手の女性に女としての興味が持てなければ大丈夫」と言っていますが、成立しない派は「しょせん男と女なんだから100%純粋な友情なんて無理無理!」という感じですね。

<参考元>
男女の友情ってあるの? 男性が抱える5つの本音とは|モデルプレス
https://mdpr.jp/column/detail/1719515

男女の友情について・女の本音

男女の友情って成立するの? 男女の本音を調べてみた!

男性に対して、女性は男女の友情についてどう考えているのでしょうか。

<成立する派の意見>
・「男性全員を生理的に受け付けられる訳ではないので、そういった同じ考えをもった人となら成立するとは思います」

・「女友達と全く変わらない接し方・過ごし方・相談などができる人が実際にいます。男友達に対しては、人としては好きだけど恋愛感情は全く芽生えないし想像もできないです。」

<成立しない派の意見>
・「男女の仲で友情が成立するなんてあり得ない。所詮はオスとメスなのだから生物学的に考えてみてもあり得ない。」

・「所詮男と女なのだから、どこかでお互いに何かないかなっと思ってる筈。」

 

女性側も、男性側と概ね同じ意見のようです。実際に男女の友情を感じたことがあるかどうかも、考え方に大きな影響を与えていますね。

<参考元>
男女の友情は成立する? 女児の本音は? 心理学的には? 経験者の実体験も!
https://cancam.jp/archives/543221

男女の友情が恋愛に変わるのはどこから?

男女の友情が恋愛に変わるきっかけとしては、次のようなものがあります。

<キスやセックスをした>
どちらか、もしくはお互いが友達だと思っていても、雰囲気に流されて、思わずキスやセックスをしてしまうことは十分に考えられます。

<新鮮な面を見た>
いつもと違う行動やファッションで、思わず「ドキッ!」とさせられてしまいます。

<恋愛相談を受けた>
相手の恋愛相談を受けているうちに「自分ならもっと大事にするのに」と歯痒く感じたり、ふと嫉妬の感情が芽生えて自分の本当の気持ちに気付いたりします。男と女なのですから、いつ、どんなことがきっかけとなって相手を好きになるかは誰にも分かりませんね。

男女の友情が恋愛に発展した人の体験談

男女の友情って成立するの? 男女の本音を調べてみた!

実際に男女の友情が恋愛に発展した人は、次のような体験をしているようです。

・友だちが転勤で遠くに行くことになり、「この人を失いたくない」と思った。
・同窓会の幹事を一緒にやっているうちに仲良くなり、苦労を分かち合ううちにだんだん恋愛へ発展していった。
・力仕事を手伝ってもらった時「あぁ、この人は男なんだ」と強く意識した。
・いつも大勢で遊んでいたけど、二人きりで出かけることになり、違う一面を見せられて好きになった。
・弱い部分を見せられて「守ってあげたい」と思った。

なんらかの形でお互いの関係に変化が訪れたり、一緒に苦労をしたりしているうちに恋愛関係に発展するパターンが多いようです。

終わりに

男女の友情が成立するか否かは人それぞれ。

自分は友達だと思っていても相手はそうじゃないということも多いので友情が成立するか、それとも恋愛に発展するかは、あなた次第であると言えそうです。

自分自身が「この人に全く男性の部分を感じない」と思えば友情は成立するでしょうが、少しでも好みのタイプであれば、強く押されることでグラつく可能性は十分にあります。

まぁこの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

2うーん…