【トイアンナ】「妥協して好きじゃない人と結婚する」女性は、不倫します

こんにちは、トイアンナです。

「結婚に愛は必要か?」と言われたら、そうではありません。好きじゃない人と結婚しても、長く付き合えば情は芽生えるもの。

「恋愛結婚こそ正義!」という風潮も少しずつ変わり、「契約結婚でもいいじゃない。別居婚でもありじゃない?」と、色々な可能性が増えてきたように思えます。

けれど唯一「この人は、恋愛結婚じゃないとダメだ」と思わされるセリフがあります。

それが「妥協して好きじゃない人と結婚したい」と言い出す方です。

【トイアンナ】「妥協して好きじゃない人と結婚する」女性は、不倫します

好きじゃない人と結婚するのは「妥協」ですか?

まず、好きじゃない人と結婚するのは、選択肢の一つであり「妥協の産物」ではありません。

しかし「妥協してでも好きじゃない人と結婚する」と言い出す人の本心は、恋愛結婚の方がいい結婚だと考えています。

そして自分は、その恋愛結婚ができなかった劣等生だ、とも。

こういうタイプは、結婚してからも心のどこかで「恋愛」要素を埋めたくてしかたがありません。

旦那さんへは恋愛感情を抱けませんから、必然的に外へ求めることとなります。アイドルや二次元に求めたらハッピーエンドですが最悪のパターンは、不倫です。

「決して叶わなかった愛する人と結ばれる夢を、(夫以外の)彼と見たい」なんて陶酔する不倫は、割り切った体の関係より泥沼化。

子供がいるのに不倫を継続してしまったり、相手の家庭を壊したくなったりと修羅場ENDへひた走ります。

【トイアンナ】「妥協して好きじゃない人と結婚する」女性は、不倫します

好きじゃない人と結婚するなら、スペックで選ばない

では、好きじゃない人とわざわざ結婚する理由は何でしょうか。

答えは「夫婦としてうまくやっていける話し合いができる、居心地のいい相手と共に過ごすため」です。

好きになるタイプが、必ずしも結婚向きとは限りません。もし好きになった人がDVやモラハラ男だった場合、結婚するのは「好きじゃない人」の方がいいでしょう。

ですから、好きじゃない人と結婚するのは経済力や学歴などのスペックよりも、話し合いのできる、居心地のいい相手を選びます。

スペックで選ぶから「愛かお金かで妥協した」感が出るのです。

恋(好きなタイプ)ではなく愛せる(共に過ごせる)相手を選んだなら、妥協とは感じません。

【トイアンナ】「妥協して好きじゃない人と結婚する」女性は、不倫します

世間が咎めても、妥協しない方が納得できる

そしてもし、あなたが「恋する相手以外との結婚を妥協に感じてしまう」なら、まるっとその気持ちを認めましょう。

そのうえで、不幸になってでも好みのタイプを選びたい、生涯独身でもいい、と覚悟を決めたほうが泥沼不倫からは逃れられます。

愛し愛されて、しかも彼は話し合いもできて、居心地がいい。ドキドキするけど落ち着ける。そんなテンプレ通りの「幸せな家庭」なんてありません。

あなたが自分で選んだ道が、あなたのテンプレートになるだけです。世間が求めるスペックよりも、自分の声を聴いて選びましょう。

 

(あなたはどっち派!?恋学アンケート実施中!!)
あなたは「好きじゃない人と結婚する」のを妥協だと思う?

この記事どうだった?

6いいね!

4うーん…