店員さんに恋をした時のおすすめ行動とNG行動

店員さんに恋をした経験ありますか? 物理的な距離は縮めることができても、心の距離を縮めるのはなかなかに至難の技。恋をしたけれど縮まらない心の距離に、好きでいることを諦めてしまった方もいるのでは? というわけで、難易度高めの「店員さんに恋をした」時について、おすめ行動とNG行動をご紹介いたします!

顔を覚えてもらう

まずはこちら。好きな人に顔を覚えてもらいましょう!
それにはやはり頻繁にお店に通う必要があります。「あの人最近よく来るな」というおぼろげな印象から、「あ、あの人だ」という印象に覚えてもらうまではひたすら回数を重ねましょう。そのうち、「いつもありがとうございます」と言われるかもしれませんからそうしたら成功です。次のステップに進むことができます。

じっと見つめたり無言で長時間お店にいたりするのはNG

頻繁に通うのは必要なのですが、じっと見つめたり、距離を置いたところに無言でずっといるのは「ちょっと怖いなぁ」という印象を与えるかと思います。気をつけましょう。

頻繁に通うようになれば、相手もあなたを認識するわけですから、入店のタイミングで「こんにちは!」と挨拶してみたり、商品のことなどで話しかけてみたり、会話をしてみましょう。

店員さんに恋をした時のおすすめ行動とNG行動

たとえ近所のコンビニであっても身なりはきっちりしましょう

恋をしたお店がもし家の近くのコンビニであっても、部屋着などラフな格好では行かないようにしましょう。恋の初めはドキドキするものでなければなりません。ドキドキを意識して相手もあなたに恋するわけですから。

部屋着やスッピンなどのナチュラルな自分を見せるのはまだ先のドキドキにとっておきましょう。これは男性にも言えますよね。男性の場合は清潔感を意識することが大切。あまりラフな格好で来店するのはやめましょう。恋愛対象として認識されません。

笑顔多めで会話をしましょう

「この人どんな人なんだろう?」と、相手が自分のことをあまり分からない状況の時、あるいは仕事モードの時に何度か話しかけることについてあまり得意ではないタイプの相手の場合、話しかける際は会話の内容よりも笑顔多めで会話するということがポイントです。

店員さんを好きになった場合、接する時間が少ない中でいかに自分の印象を上げるかが大切だからです。「こんにちは!」「今日も忙しそうですね!」「今日のコーデ素敵ですね!」など、どんな会話にもとびきりの笑顔を添えましょう。笑顔が多いと明るい印象を与え、相手の警戒心をほぐしてあげる利点もあるようです。

手紙を渡すのは一か八か

よく、ドラマや漫画でありますが、気になる店員さんにスッと手紙を渡すという行為。これは本当に一か八か!

その場でダイレクトに反応が分かるわけではないので、数日悶々としないといけないし、連絡先を書いたのに連絡がない場合、気まずくて一生そのお店に行けないというリスクもあります。後味をすっきりさせる為に、連絡先を聞く時は直接聞くことをお勧めいたします!

店員さんに恋をした時のおすすめ行動とNG行動

連絡先は仲良くなってから

連絡先は必ず仲良くなってからにしましょう! シャイボーイ、シャイガールの皆さんの中には、話しかけたくても話しかけられずいつも遠くから見守るだけ(たまに目があう)という方もいるかと思います。ただ、その間柄の段階でいきなり連絡先を聞いたり、ましてやお手紙を渡すことは相手に驚きと、人によっては恐怖感を与えてしまうことにもなります。連絡先を聞く時は必ず仲良くなってからにしましょう!

お店外の共通点を

仲良くなって会話も増えてきたならば、お店外の共通点を探しましょう。例えば趣味や、よくご飯を食べにいくところ、好きなスポーツ、好きな映画など。その共通点があれば、「今度一緒に映画見に行こうよ」だったり、「気になる美術展の招待状あるんだけど一緒に行く?」や、「今度そのお店一緒に行こうよ!」など、何かと次にステップにコマを進めやすいかと思います。

店員さんに恋をした時のおすすめ行動とNG行動

今回のまとめ

いかがでしたでしょうか? 
店員さんを好きになるという難易度高めの恋。もししてしまったならば、NG行動を避け、良好な関係を築けるべく頑張りましょう!

ヒナタの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…