男は彼女との体の相性をどこで測っている? 【ひとみしょうのエロくてすみません】

挿入している時の締め付け具合が絶妙な場合、男は彼女に体の相性の良さを見る――こういう俗説が流布しているからか、膣トレに励んでいる女子がいるらしいじゃないですか。

膣トレって、言葉のニュアンスがちょっと残念だなあと思うけど、でもまあ、膣トレを熱心にやっている女子にとっては、言葉の問題などどうでもよく、切実な思いをお持ちなのでしょう。

女子の膣のサイズのことはよく知りませんが男の「モノ」、これについては生まれつき「でかい・小さい」があるので、チントレという言葉はない。あるとすれば、それはED治療的な意味合いで使われているはずです。

彼女がセックスでイってくれる

男は彼女との体の相性をどこで測っている? 【ひとみしょうのエロくてすみません】

いわゆるサイズ感とかフィット感で、体の相性を測る男もいるけれど、でもサイズが多少合わなくても、男は「回数を重ねるうちにサイズが合ってくるかもしれない」と思っているものです。なぜなら男は女子の膣のサイズは、エッチする相手によって、大きくなったり小さくなったりすると、なんの科学的根拠もなく思っているからです。

元彼のがデカかったから彼女の膣は大きいんだ、俺と半年くらいヤッていたら、彼女の膣は俺好みのサイズになるかも! と、彼はこう思っているのです。

男が実はサイズよりも重視している体の相性を測るポイント、それは「彼女がイってくれたかどうか」です。穴と棒のフィット感がどうであれ、彼女が俺の棒でイってくれた――この事実が、彼に安心感と満足感を与えます。そう! 彼は「彼女との体の相性はいいな」と思うのです。

指で彼女がイってくれても、舌でイってくれても、棒でも、おもちゃでもなんでもいいんです。何らかの彼の努力によって、彼女がイッた――この事実が、彼に体の相性がいいと思わせるのです。

エッチの好き度合いが似ている

男は彼女との体の相性をどこで測っている? 【ひとみしょうのエロくてすみません】

女子はよく「エッチは精神性が大事」と言いますよね。それ、男子も同じなんです。男子は発射すればそれで満足だなんて、誰が言い出したのか知らないけれど、それは嘘なんですよ。男もエッチに精神性をおおいに持ち込んで評価しているのです。

例えば「エッチの好き度合いが同じかどうか」という基準で、体の相性の良し悪しを測る男は大勢います。

「俺はエッチが好き。でも彼女はあまりエッチが好きじゃないみたいだ」このケースは、彼は体の相性がいいとは思わないんですよね。「俺もエッチが好きだし、彼女もエッチが好きだ」こういう関係で初めて、彼は「彼女と体の相性がいい」と思います。二人とも同じくらいエッチが好きじゃない場合も、彼は体の相性がいいと思います。

なぜならエッチって、(女子からすれば意外に思うかもしれないけど)男にとっては、自己承認欲求(=精神)を満たしてくれるものだからです。彼女があまりエッチが好きじゃなくて、さらっとしたエッチしかしないとか、エッチの間中ずっと声を出さないとかとなると、男は無理矢理彼女を襲っている感覚を抱きます。そういうエッチって、男は気持ちが入らないんですよね。悪いことをしているみたいに感じます。「悪いことをしている俺→悪い男→自己承認どころじゃなくなる」です。(むろん、犯すようなエッチが好きという男もいるし、そういう女子だっているのは知っているけれど、それは性癖の話なのでここではさておきます。)

そうじゃなくて、「俺の指使いに敏感に反応してくれて、かつ、気持ちいいと言ってくれている彼女は、きっとエロいことが好きなのだろうし、俺もエロいことが好きだし……彼女との体の相性はいいな」と男は思います。こう思えば、彼は精神的に落ち着くんです。自分の気持ちと彼女の気持ちとが触れあって癒されている感覚になるのです。自己承認欲求が満たされるのです。

男にとってセックスとは、女子にヤラせていただくもの

男は彼女との体の相性をどこで測っている? 【ひとみしょうのエロくてすみません】

ネットには、男が体の相性を測るポイントがいくつも出ていて、キスの感触がいい、スキンシップの感触がいい、においが好きなどと書かれています。

そうかなあ? それは単に「いい」だけであって、体の相性って、その先にあるものじゃないのかなあ? と僕は思ったので、「その奥」にある男の気持ちを2つお届けしました。

男にとってセックスとは、女子にヤラせていただくものです。ヤッてやるものじゃなくてヤラせていただくもの、それが男にとってのセックスです。だから必然的に、女子にイっていただけるように頑張るし、エッチの好き度合いが似ているとワクワクするのです。自己承認されているかのように感じるのです。

いや、わたしの彼は自分勝手なセックスしかしてくれない――こう反論したくなった女子は……それでも彼のことが好きならヤリ続けるといいし、嫌なら別れるといいです。「ヤラせてくれてありがとう」彼女にこう感謝している彼氏は、世の中に山ほどいるのだから。みんなそれをあえて口にしないだけなのです。

因みに、「あえて口にしないこと」って恋愛やエッチを語る時、ものすごく大切になってきます。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

16いいね!

4うーん…