<体の相性>男子が感じるセックスとは? 【ひとみしょうのエロくてすみません】

男にとってエッチとはヤラせていただくものなので、女子が感じるセックスについて説いてある記事はたくさんあるものの、男が感じるセックスについて説いてある記事は少ないんですよね。

ヤラせていただく側の男は、女子に奉仕するのが基本であり「俺、めちゃ気持ちいい!」と思うのは後からでいい……言葉にせずとも、暗にこう思っている人が多いのかもしれないですね。

とはいうものの、エッチで彼を夢中にさせたいと思っている女子は、男子が感じるセックスについて知りたいでしょうから、今回は男子が感じるセックスについてお届けしたいと思います。

男子だって雰囲気を重視する

<体の相性>男子が感じるセックスとは? 【ひとみしょうのエロくてすみません】

女子はとかくセックスする時の雰囲気を重視しますよね。だから男子によっては、安普請のアパートに住むと家賃が安くていいなあと思うものの、ちょっと無理をして都心のいいワンルームマンションに住みます。そしてその部屋にちょっといい感じのソファを置いて、間接照明を配して、というようなことをします。その方が雰囲気がいいから、つまり女子ウケすると思うから、つまり女子が裸になってくれやすいと思うから。

セックスにおける雰囲気を重視するのは女子だけではなく、男子も同じです。がしかし、男子はそこまでインテリアにこだわりません。女子がこだわっているように思えるから、彼は間接照明を用意するわけで、男子が重視する雰囲気とは、また別のものです。

男子が重視する雰囲気とは、「女子がエロい気持ちを正直に出してくれていること」なんですよね。「わたしエッチがあまり好きじゃないのに、今夜もエッチしたいの?」とか「エッチしたいしたいって、わたしの体目当てで付き合っているわけ?」と聞かれると、男は途端にヤル気が失せるのです。

そうではなくて、「彼女は俺よりエロい」と分かる、というのが彼が感じるセックスの前提です。「相性の良さ」が昨今ネットで話題になっているけれど、男子が感じる相性の良さの前提は「彼女が俺よりエロいと分かること」なのです。

女子がイってくれる

<体の相性>男子が感じるセックスとは? 【ひとみしょうのエロくてすみません】

男子はどこが感じるのかといえば、女子と同じで乳首とアソコです。もっと専門的な(?)サイトには、アナルとか「アリのトワタリ」などとも書かれていますが、まあ要するにその辺であって、それ以外のボディパーツでどこか感じるところがあるとすれば、それはプロの女性に聞くといいです。

というのは、例えば彼の指を丁寧に舐めると、彼は感じることもあるものの、「それってプロのおねえさんしか知らないことじゃないのかな? 彼女は指を舐めるというプレイを誰に教わったのかな?」と思うので、知らなくていいです。

男子ってボディパーツのどこが感じるか、より女子がマジでイってくれることにいたく感じ入ります。またそこに彼女との体の相性の良さを見ています。なので、彼が指や舌、あるいはモノで一所懸命あなたをイカせているものの、あなたがイカない時、それは彼にとって感じるセックスじゃないんですよね。

反対に、指でちょっとやると彼女がヒクヒクと何回でもイクとか、舌でちょっとやるとヒクヒクと何回でもイクというのは、彼にとって感じるセックスなんです。

ギャップのあるセックス?

<体の相性>男子が感じるセックスとは? 【ひとみしょうのエロくてすみません】

よく「男子は女子のギャップに萌える」と言われますよね。「こんな清楚な大人しそうな顔をしている子が、裸になるとこんなに乱れる」みたいなギャップ。

なぜ男子は女子のギャップに弱いのかといえば、男子は女子に性欲があるのかないのか、よく分かっていないからです。なので、女子は「ギャップを作ると彼が感じるセックスになる」ではなく、「自分のエロさを正直に彼にぶつけると、彼が感じるセックスになる」と覚えておくといいです。

男子は中高生くらいから「いかに女子にヤラせていただくか」に心を砕いてきました。それはつまり「俺の方が性欲が強く、なかなかパンツを脱いでくれない女子に性欲があるのかないのか不明だ」と彼が思っていたことを意味します。

やがてあなたという彼女が彼にできた時、彼は思います。「この子には性欲があるのかな? あるとすればどれくらいの量の性欲があるのかな?」と。

彼のこの疑問に対する優等生的答えは「彼よりわたしの方が性欲が強い」です。具体的には、座っている彼の上に乗って、彼の乳首を積極的に舐めるなどの行為を彼女がやれば、それが彼にとってめちゃ感じるセックスになるのです。

まとめ

いかがでしょうか。

セックスで彼に感じてもらう為に、ネットで動画を見ながらフェラの練習をする女子がいる時代です。女子ご苦労様! と思います。

フェラの練習をし、騎乗位の練習をし、「手コキ」の指使いを練習し……大変な苦労を味わっている女子には申し訳ないのだけれど、男子ってテクがどうこうではなく、「彼女が俺よりエロいと分かった」とか「彼女は何回でもイってくれる!」とか、そういう精神的なことこそが、彼にとって感じるセックスなのです。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

6いいね!

1うーん…