チャラ男と“楽しいセックス”をするなら覚えておきたい3つの掟!

みなさん、チャラ男は好きですか? 先天的にこの手の男性が好きな人は、きっとそう多くないでしょう。

ほとんどは後天的な理由。つまり「気付くと好きになっていた」というケースばかりなはずです。

セックスをするまでの流れが洗練され、スマートで浮かれている間に初夜が終わって、ほどなくして気付くと「あれ? こいつチャラ男か?」と徐々に気付くというパターンは珍しくありません。

それに、チャラ男になれる男性ってそもそもルックスが良い場合も多いので、余計に掌で踊らされやすいでしょうし。

さてここからが本題です。

今回は、チャラ男とセックスをするのであれば、確実に覚えておくべき、「楽しく関係を続けるための掟」を紹介したいのです。

ともすればチャラ男に散々セフレ扱いされて「騙された」と嘆く女性も多いのですが、はっきり言ってチャラ男に遊ばれておいて嘆くのも不合理。

そこで、そもそもこういった損をしないための考え方を紹介したいというのが、本コラムの趣旨なのです。

掟その1「相手が自分に夢中だからセックスを求めるわけではないと知る」

チャラ男と“楽しいセックス”をするなら覚えておきたい3つの掟!

チャラ男のチャラ男たる所以。

それは女性の扱いが上手で、ルックスもそこそこ良く、セックスへ至るまでの道のりが普通の男性よりも平坦であるなどが挙げられるわけですが、となるとチャラ男にロックオンされると、女性としてはなかなか逃げ切るのも難しいかもしれません。

だって世間には、彼氏や婚約者、夫や子供もいるのにチャラ男にロックオンされて、前後不覚に陥ってしまう女性も山ほどいますからね。

ただ、筆者は別に火遊びをするなとは言いません。

言いませんが、火遊びをするなら、自分が後始末をしっかりこなせるようなメンタルを持ち合わせておくべきと指摘しておきたいと思います。

チャラ男に求められると、人によっては舞い上がって嬉しい気持ちになるでしょう。

しかしながらこれは別に、その男性があなたに心底夢中になっているからではなく、チャラいからすぐに抱こうとするだけです。

この点については、頭では分かっているけど、心がどうしても錯覚してしまうというケースも多いようですね。

でも、ここを取り違えると結構エグい勘違いとなります。

チャラ男のいう「愛してる」なんて、コンビニ店員の「あっためますかぁ」ぐらいの意味合いしかないことは覚えておくべきでしょう。

掟その2「自分も大いに楽しむ」

チャラ男と“楽しいセックス”をするなら覚えておきたい3つの掟!

チャラ男がいくら調子の良いことを囁いても、所詮はチャラ男。

あなたのことは、数多く存在する遊びの相手の一人としか考えていません。だから決して本気になってはいけません。

かといってチャラ男とセックスをするような仲になるな、というわけでもないんですよね。

むしろ考え方を変えれば、チャラ男との肉体関係って割とメリットはあるものです。

だってお互いに相手に夢中にならないように心掛けてのセックスなんですから、行為そのものを大いに楽しむ余地が生まれるということにもなります。

「チャラ男のセフレになる」という考え方ではなく「チャラ男をセフレにしている」と考えるわけですね。

関係の主導権を相手に握らせるにせよ、こちらが握るにせよ、とにかくその刹那の関係を楽しむことに考えを特化するのも、ストレス発散にも良い方法でしょう。

掟その3「避妊せよ!」

チャラ男と“楽しいセックス”をするなら覚えておきたい3つの掟!

最後に、これはもう当たり前の話になるのですが、あえて。

チャラ男とセックスするなら、どうかしっかりと避妊をしてください。

悲しいかなチャラ男は、女性に対してどこか「ある程度思い通りになる存在」と考える節があります。だから、すぐにナマでしようとするチャラ男も少なくありません。

この要求を受け入れてしまったせいで妊娠し、相手に逃げられたという女性が、筆者のまわりにも昔からチラホラいます。

結婚を考えない相手とのセックスの際に避妊をするのは、これは当たり前のことです。

チャラ男なんて責任感があるようなタイプでは決してなれないわけですから、一にもニにも、相手には絶対にゴムをつけてもらいましょう。

おわりに

チャラ男との関係は、ともするとネガティブなイメージに覆われています。

ただし、どうせセックスするならブ男とやるよりも、チャラくてもそこそこ見た目の良い男性とするほうがマシなんですよね。

そういうルックスの良い男性とのセックスをすること事態は悪いことでもないのですから、後はチャラ男のペースに巻き込まれることのないように、上手に立ち回っておきましょう。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

1うーん…