片思いをしている女子必見! 好きな人の想いを確かめる方法&辛い時の対処法

片思いをしている人なら「相手が自分のことをどう思っているのか」が気になることかと思います。そんな片思い中のあなたの為に、本記事では「好きな人の想いを確かめる方法」や「片思い中にやってはいけない行動」を紹介していきます。両思いになった人の体験談も紹介しますので、参考にしてみてくださいね!

片思いしてるあなたへ。好きな人の想いを確かめる方法

片思いをしている女子必見! 好きな人の想いを確かめる方法&辛い時の対処法

そんな切ない片思いをしている人が、好きな人の想いを確かめる方法ってあるのでしょうか? 

●何も用がないのにLINE(ライン)をしてくる
●目が合うことがよくある
●よく話しかけてきてくれる
●褒めてくれる
●髪型やメイクを変えたことに気づいてくれる

上記のようなことが頻繁にあるようならば、片思いの相手もあなたのことを想ってくれている可能性が高くなります! 全て嫌いな女性にはしないことですもんね。

片思い中に絶対やってはいけない行動

それでは、片思い中に絶対やってはいけない行動はどんなことなのでしょうか?

●恥ずかしいからといって、相手のことを避けてしまう
●嫉妬させたいからと思って、他の男性と仲良くしている様子をわざと見せる
●相手の気を引きたいあまりに、事実ではないことや本心ではないことを口にしてしまう

上記はどれもNG事項になります。あなただって好きな人にいつも避けられたり、他の女性と仲良くしている姿を見せつけられたりしたら、いくら好きでも「私は嫌われてるかな? 片思いは諦めちゃおうかな……」なんて気持ちになってしまいますよね。

両思いになる為に試してみたいこと

片思いをしている女子必見! 好きな人の想いを確かめる方法&辛い時の対処法

次に好きな人と両思いになる為に、積極的に試してほしいことについてご紹介していきます。

●相手と接する際には常に笑顔でいることを心がける
●「聞き上手な女性」を目指す
●好きな人との共通点を探してみる

誰だって会話をする際、ニコニコ笑顔でいてくれる人の方に好感をいだきます。それにおしゃべりが過ぎる女性よりも、聞き上手になった方が好かれやすいです。男性は自分の話を聞いてくれる女性に好意を持ちやすいからです。

共通点というのは、出身地や出身校・血液型など何でもいいのですが、話のネタになりやすいのが趣味が共通していることです。特に好きな音楽ジャンルやアーティストが同じだったら、ライブに誘ったり誘われたりもしやすいですよね。

片思いしてると辛い……そんな時の対処法

片思いをしている女子必見! 好きな人の想いを確かめる方法&辛い時の対処法

好きな人にすでに彼女がいるなど叶わない片思いや、片思い中の辛い気持ちを和らげる方法をご紹介していきます。

●恋愛映画や悲しい片思いのドラマを観て、思いっきり泣く
●女友達とパッと遊んだり、飲みに行ったりしてストレスを発散する
●叶わなくても想いは面と向かって伝えてみる

片思い女子体験談。どうやって両思いになった?

・「1つ上の先輩のことが好きで、友人などから自分が好きだと言うことを伝えてもらい、自分からも連絡を頻繁にしたり、遊びに誘ったり積極的にアプローチした」(24歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

・「年上の男性で、大勢で会っているうちに好意を持ち、二人で会うようになってから相手も同じ思いになってくれた」(31歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「同じ職場の先輩。なんだか目が合うなあと思ってた。少しずつ意識したら、向こうも意識してるみたい。いろんなときに頼りになるところ、仕事ができるところに惚れた。こっちからアピール開始」(25歳/学校・教育関連/専門職)

・「友だちの知人で、知り合ってからほぼ毎週のように遊んでいたが、あるとき相手の好きなタイプの女の子が現れて、慌てて告白した」(28歳/医療・福祉/専門職)

 

片思いから両思いになった人の体験談を覗いてみると、意外とみんな女性の方から積極的にアプローチをしているようですね。これは、消極的になったら損みたいですよ!

<引用元>
【片思い】好きな人と両思いになる秘訣! 職場やプライベートでの注意点とは?|マイナビウーマン
https://woman.mynavi.jp/article/171029-6/

勇気を出して、好きな人に想いを伝えよう

片思い中は誰だって切ないし、辛い思いをすることだってあります。でも恋人同士って、どちらからの片思いから発展してなるものですよね?

あまり思い悩むことなく、好きな人には明るい笑顔で好印象を与えつつ、さり気ないアピールをこまめに続けていくのが大事ですよ!

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…