「出会いがない」のはなぜ!? 出会いの場と出会うために心がけるべきこと

「職場には理想のタイプの男性がいない」「会社と家の往復ばかりで出会いがない」と嘆く女性は少なくないでしょう。
ただ、このまま「出会いがない」と諦めていると、どんどん年をとるばかりで何も変わりません。

そこで本記事では「出会いがない」と思っているあなたにおすすめの出会いの場と、素敵な出会いに巡り会うために心がけるべきことについて紹介していきます。

「出会いがない」と悩む人はこんなにいる!?

社会人になってから学生の頃よりも出会いがないと感じている女性は実はとても多いのです。なんと約7割の女性が出会いがないと実感していることがわかりました。

学生の頃はいつも周りに男性がいて、次から次へと新しく出会うチャンスがあったという女性も、社会人になると会社と家の往復で新しい出会いなんて皆無というパターンが多いようです。

おすすめの出会いの場① 友人・知人の紹介

「出会いがない」のはなぜ!? 出会いの場と出会うために心がけるべきこと
自分のことをよく知っている友達から紹介してもらう場合、好きな男性のタイプもわかっているし、変な相手を紹介されるトラブルも少ないのである程度安心です。

初対面の人と会うなんて不安という人も多いと思いますが、友達の紹介であればまったくの初対面とは違うので、うまくいく可能性も高いと言えるでしょう。

そんなメリットが多い反面、次のようなデメリットもあります。

もし付き合っても、別れたあとに友達とも気まずくなることがある。紹介してもらった人が自分のタイプとは違った場合、友達や知り合いの立場もあるので断りにくい。また、自分が相手を気に入っても相手が興味がない場合はフラれたみたいで気恥ずかしい思いをすることもあるようです。

自分が相手を気に入らなかった場合、はっきりと断ることができない人には向いていないかもしれません。

おすすめの出会いの場② 習い事・社会人サークルなど

新しい出会いがない人は、まず会社と家の往復だけという毎日を変えることから始めてみましょう。

興味がある習い事を始めてみる、同じ趣味の人が集まるサークルに参加してみる、などが気軽にできておすすめです。新しい場所には新しい出会いがいっぱい。

メリットは、同じ趣味を持つ者同士、話が弾んで意気投合するのも簡単なことでしょう。デメリットは関係がうまくいかなかった場合、習い事やサークルに居づらくなる可能性があることです。

おすすめの出会いの場③ 婚活アプリ・婚活パーティーの活用

「出会いがない」のはなぜ!? 出会いの場と出会うために心がけるべきこと
婚活アプリや婚活パーティを上手に活用している人も増えています。昔のお見合いのような堅苦しさはなく、まるでSNSを使用するような手軽さで新しい出会いをゲットできちゃいます。

まずは会う前におしゃべりをしてみて、気が合うかどうかを確かめることができるのがメリット。もし嫌ならすぐにフェードアウトすることができるのもいいですね。

デメリットは、本気で婚活している人に混ざって冷やかしで登録している人もいるということ。真面目な出会いを求めているのに、そんな人に引っかかっている暇はありませんよね。

おススメの婚活アプリ

・国内最大級の「Omiai」
・初心者にも使いやすい「Pairs」
・ゼクシィが運営する「ゼクシィ縁結び」

一度にたくさんの人と出会うことができるのが婚活アプリや婚活パーティのいいところ。結婚を前提としたお付き合いだからといって理想を高く持ちすぎると出会いの幅を狭めてしまうので、絶対に譲れない条件を3つに絞って使用するのがうまくいくコツです。

出会うために心がけるべきこと

素敵な男性と出会うためには、あなたも万全の状態でいることが大切です。次のようなことを心がけておきましょう。

いつ運命の人に出会ってもいいように自分磨きを怠らない

出会いはいつどこからやってくるかわかりません。今日かもしれないし、明日かもしれません。その時に慌てないように、自分自身をいつでも磨き上げて準備しておくことが大切です。

初めてのことを恐れない

出会いがないと嘆いてばかりでは何も始まりません。自分から積極的に行動して、初めての世界へ足を踏み入れてみましょう。新しい自分を発見するとともに、新しい出会いも広がっていくでしょう。

具体的な将来像を考える

何歳までに結婚したい! 何歳までに出産したい! など、どんなことでも構いません。目標を決めてなりたい将来像を具体的に考えましょう。目標に向かって努力すると女性は自然と綺麗になります。

<まとめ>素敵な人と出会うためにはまず自分から行動を!

「出会いがない」のはなぜ!? 出会いの場と出会うために心がけるべきこと
いかがでしたでしょうか。

自分の力で新しい出会いを掴んでいる女性は、現状に満足せずに自分で運命を切り開いている人が多いものです。ほんの少しの変化が、のちの大きな変化へとつながっていきます。

迷っていても時間が過ぎるばかり。あのときこうすればよかったと後悔しても後の祭りです。まずは小さな一歩から始めてみませんか?

miichikinの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…