奥二重さん必見! オススメのアイメイク術&ぱっちり二重になる方法

奥二重さんはアイメイクをするときに「化粧映えしない」「アイシャドウがすぐによれてしまう」などの悩みを抱えていることが多いように感じます。

でも安心してください! 奥二重さんでもぱっちりとした目の印象を演出することができます。本記事では、奥二重さんにオススメのアイメイク術と、ぱっちり二重になるための方法をご紹介していきます。奥二重さん御用達コスメもチェックしてみて!

奥二重さんにオススメのアイメイク術 ①アイシャドウ編

奥二重さん必見! オススメのアイメイク術&ぱっちり二重になる方法
奥二重さんの一番の悩みどころと言えば、まぶたの脂肪が多いために二重ラインが隠れてしまうこと。

だからと言ってアイシャドウを濃くするのはNG。実はそれ、余計に目を小さく見せてしまうのです。また、奥二重さんが濃い目のアイシャドウを使うと、派手になりすぎたり、もしくは浮いてしまったりすることも。

そんな奥二重さんにおススメなのが「薄色」のアイシャドウ。「茶色」「赤茶色」は特におススメです。奥二重と色合いが見事にマッチして、自然な色気を演出してくれるのです。

そしてもう一つ試して欲しいのは「涙袋」へのメイク。ここでは「自然さ、ナチュラルさ」を心がけましょう。涙袋をぷっくりさせることによって、印象的な目元になります。

奥二重さんにオススメのアイメイク術 ②アイライナー編

奥二重さんにとっては鬼門である「アイライナーメイク」。アイライナーを手にして鏡に向き合うたびに「うわ……ホントに私って奥二重」と、少しブルーな気持ちになっているかもしれませんね。

さて、そんな奥二重さんがアイラインを引くときに心がけて欲しいこと。それは「アイラインは『極細』を意識する」ということ。一見、奥二重なんだからアイラインは太く濃くするのが正解のように思うかもしれませんが、実はNGメイク。アイシャドウの色を濃くしたときと同じように「目が小さく見えて」しまうのです。

そしてもう一つ試して欲しいのは「タレ目」を意識してアイラインを引くということ。

奥二重には「オトナっぽい」印象と共に、「冷たい」という印象も与えてしまいがち。その印象を緩和するためにラインを「タレ目」に引くことで、自然で優しい目元にチェンジできるのです。

奥二重さんにオススメのコスメを紹介!

奥二重さん必見! オススメのアイメイク術&ぱっちり二重になる方法
一重さんには一重さん向けの、二重さんには二重さん向けのコスメがあるように、奥二重さんには奥二重さん向けのコスメがあるものです。正しいコスメを選ぶことは、奥二重さんにとって「ぱっちり目元」を演出するためには絶対に必要なこと。

さて、奥二重さん向けのアイシャドウといえば「excelスキニーリッチシャドウ/SR06センシュアルブラウン」がオススメ。安定した人気を誇り、肌馴染みの良いブラウンベージュ系で作られた4色パレット。奥二重さんは「茶色系」アイシャドウを使うことで「色っぽさ」を演出することができるため、このアイテムはピッタリです。

そして奥二重さん向けのアイライナーには「フローフシモテライナー リキッド BrBk」がおススメ。素晴らしいラインの引き心地の理由は、奈良・熊野の筆職人が手掛けているから。また、色も茶色系統となっているため奥二重さんにはピッタリです。

奥二重さんがぱっちり二重になる方法

さてさて、「アイシャドウ」「アイライナー」「アイメイク」とご紹介してきましたが、次にご紹介するのは「アイテープとアイプチ」の活用術です。これでぱっちり二重を目指してみましょう。

アイテープと言えばご存知の通り、シールのようにまぶたに貼ることで二重が作れるテープのこと。液体タイプに比べるととってもらくちんなのも特徴の一つ。が、奥二重さんの場合、まぶたが厚いために「うまく二重にならない」ということもあるはず。そんなときは「幅広タイプ」のものや「両面接着タイプ」をお試しあれ。

もし「アイテープで二重にならない」という方は「アイプチ」がおススメ。

奥二重さんの場合、アイプチを使うコツは「奥二重の上に二重」を作るということを心がけてみましょう。つまり、元ある奥二重のラインは無視してしまうということ。奥二重の3~5mm上に二重を作ることで、不自然な奥二重がさらに目立ってしまうことを避ける効果があるのです。

奥二重さんにオススメしないNGメイクとは

奥二重さん必見! オススメのアイメイク術&ぱっちり二重になる方法
まず気を付けたいのは「アイラインを太く、濃くしない」ということ。

「奥二重を普通の二重にするために、アイラインをぱっちり引く」というのは、ついやりがちな方法ですがこれはNG。上記したように、そうすると「目が小さく見えてしまう」という悪い影響があります。一重さんに比べて奥二重さんは元々ラインがぱっちりしているため、そんなことをすると悪目立ちしてしまうのです。

そしてもう一つ気を付けたいのは「濃い色(黒系)のアイシャドウ・アイライン」は避けるということ。

「茶色系のアイシャドウやアイライン」をおススメしてきましたが、ご存知の通り黒色には「ものをシュッと見せる効果」があります。黒色の服とか着るとなんとなくスタイルが良く見えたりしますもんね。あれと同じで、アイラインやアイシャドウに黒系が入ると、目が小さく見えてしまうのです。

<まとめ>奥二重さんでも目の印象を強くすることはできます!

奥二重さんは「アイシャドウの色や濃さ」や「アイラインの太さ」に気を付け、アイプチやアイテープを上手く活用することで、綺麗な二重を実現することが可能です。今回紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。

また、奥二重だからと言ってそこまで悩む必要もありません。奥二重の「クールな印象」には同時に「オトナっぽさ」を感じさせるメリットもあります。だからこそ「色っぽいメイク」との相性は抜群。自分の持ち味である奥二重をぜひ有効に活用してみましょう!

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…