心に余裕がない人が余裕を持つための5つの習慣

最近、心に余裕がない。そんな感じで思わず溜息をついてしまうことってありますよね。でも、心に余裕がないと思えば思うほど、余計に焦ってしまったり。そんなときはどうすればいいのでしょうか。

今回は「心に余裕がない人が、余裕を持つための習慣」をご紹介。ちょっとの工夫で心に余裕を取り戻せますよ。

心に余裕がなくてイライラ

心に余裕がない人が余裕を持つための5つの習慣
心に余裕がないと些細なことでイライラしてしまいます。例えば、今読んでいるこの文章。余裕がないと「早く心に余裕を持たせる方法を教えてよ!」とイライラしてしまうかもしれません。

ですがとりあえず落ち着いて、肩の力を抜きましょう。鼻から息を吸って、口から息を吐く深呼吸がおススメです。

余裕がなくなるときってこんな時

心に余裕がない人が余裕を持つための5つの習慣
ではまず余裕がなくなってしまうときのパターンを思い出してみましょう。どんなときに余裕がなくなるのかを知っておけば、その予防ができるはずです。

キャパオーバーな仕事

忙しいときほど余裕がなくなるもの。特に仕事がキャパオーバーのとき、頭の中がワーっとなってしまいます。一体なにから手を付けていいのか分からない。色々とやることが思い浮かんで心が休まらないのです。

私生活で色々抱え込んでいる

恋人関係から家族関係、もしくはお金の問題など、私生活でなにかしらの問題を抱え込んでいるときは心に余裕がなくなってしまいます。それに加えて仕事が忙しい時期に被ってしまうとさらに大変。下手をすれば体も壊してしまいかねません。

疲労、睡眠不足などで心が摩耗している

肉体的な疲労や睡眠不足など、体調がすぐれないと心の余裕は失われます。人間も動物ですから、三大欲求や最低限の生活が確保されないと心に余裕は生まれません。

心の余裕のために気を付ける5つの習慣

心に余裕がない人が余裕を持つための5つの習慣
では次に、心に余裕を持つための習慣をご紹介。一つでもいいので試してみましょう。

完璧を目指しすぎない

心に余裕がない人に多く見られる特徴が「完璧を目指している」ということです。それは理想が高い、というよりも「完璧にしなきゃ」という強迫観念じみたものであるように思います。

「完璧にしなきゃ」という考えが、自分で自分のハードルを上げてしまい、結果としてハードルの高さに自分自身が苦しむことになるのです。

真面目をやめる

上記したように「完璧にしなきゃ」という思いが強い人は、「根が真面目な人」であるとも言えるでしょう。真面目な性格だからこそ、「完璧にしなきゃ」という考えが強くなりがちというわけ。ですから真面目をやめてみることがおススメ。

一度、周りの人間を見渡してみてください。よく見ると、みんな結構適当です。というか真面目すぎる人は、ちょっと不真面目にするくらいが普通の人の真面目度と同じくらいになるはず。

目標と計画は決めておく

余裕がない状態は、見通しが立たない状況でも発生するものです。いつ終わるか分からない仕事がいい例かもしれません。

終わりが見えないと、いつどこで力を入れるべきか、いつ力を抜けばいいのかわかりません。全てフルパワーで頑張っていたら疲れます。だからこそ見通しが必要なのです。

愚痴は適度に吐き出しておく

自分の中にため込んではいけないもの、それが愚痴。嫌なことは友人知人に話してしまいましょう。もちろん、相手の愚痴や話も聞いてあげることが条件ですが。

たまには運動を

心に余裕がない人は、運動をあまりしないのが原因かもしれません。運動が嫌いという人も、仕事の休憩時間などにストレッチをしてみるのがおススメ。頭の中がいっぱいになっているものを一旦忘れる時間は絶対にあったほうがいいです。

真面目すぎが余裕をなくさせる

今回は「心に余裕を持つための5つの習慣」のお話でした。

心に余裕がない人は真面目すぎる人が多いです。だからこそ、少しくらい不真面目に生きていきましょう。大丈夫です。あなたの場合、少しくらい不真面目に生きてもバチは当たりません。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…