あざとい女性は結局モテる! あざとい女性の特徴からモテ要素だけを盗もう!

「あざとい女性は男性からモテる」という話を聞いたことがあります。あからさまなあざとさには苦手意識を抱いても、多少のあざとさは確かに男性の心に響くものがありそう!

そこで本記事では、あざとい女性の特徴について調べてみました。モテ要素だけを盗み、モテる女性に変身してみませんか?

あざといとは

あざといとは、「抜け目がなくて貪欲」という意味です。自分に有利になるよう常に頭を働かせ、賢く立ち回る女性はまさに「あざとい」!

思慮が浅く図々しい面もありますが、基本的に周りに嫌な思いをさせることはありません。それどころか上手に持ち上げていい気分にさせてしまうので、本性を見抜けない男性はコロリとまいってしまうのです。

<参考元>
goo辞書
https://dictionary.goo.ne.jp/jn/3482/meaning/m0u/

あざとい女の特徴

あざとい女性は結局モテる! あざとい女性の特徴からモテ要素だけを盗もう!

あざとい女には、次のような特徴があります。

男性ウケを狙っている

ファッション、メイク、立ち居振る舞い……全てにおいて常に男性の目線を意識し、ウケを狙っています。

計算高く行動する

どんな行動をすれば自分にとって得なのかを素早く計算し、要領よく立ち回ります。自分を目立たせる為なら、さりげなく他の人を犠牲にするしたたかな面も。

気配り上手をアピールする

周りに気を配るのが上手く、男性からはよく「気が利くね」と褒められます。

男性をその気にさせるのが得意

男性が喜ぶツボを心得ているので褒め上手だし、上手く甘えて恋愛ムードを作るのが得意です。

可愛く見せる

ちょっとした仕草や表情などもよく研究しており、男性に「可愛い」と思わせるのが上手です。

あざとい女性がモテる理由

あざとい女性は結局モテる! あざとい女性の特徴からモテ要素だけを盗もう!

あざとい女性がモテるのには、次のような理由があります。

可愛く見えるから

男性ウケを研究し尽くしているので、全てにおいて隙がない! 男同士の会話で「あの子可愛いよね」と話題になる女性は、自然体の女性では太刀打ちできない独特の可愛さを持っています。

男性を嫌な気分にはさせないから

あざとい女性は、男性が嫌になるようなことは決してしません。チーママも顔負けのテクニックで持ち上げ、絶妙な相槌を打つので、ちょっと会話しただけで好感度アップ。でしゃばりすぎず、上手に立てて自尊心を満足させます。

気配り上手だから

あざとい女性は場の空気を読むのが上手く、みんなに気を配って盛り上げることができます。「こんな子が彼女だったら自慢できる」と思われ、花嫁候補になることも。

あざとい女性のモテテクニック

あざとい女性のモテテクニックを真似してみましょう!

ポジティブな言葉で会話する

男性は暗い雰囲気の女性が苦手です。明るくポジティブな言葉を意識して使い、「一緒にいると楽しい」と思わせてしまいましょう。

気配り上手を目指す

周りにいるあざとい女子の行動をよく観察し、どう動けば男性が喜ぶのかを学んでみましょう。最初はぎこちなくても、続けるうちに自然とできるようになりますよ!

自分に自信を持つ

あざとい女性の最大の魅力は、自分に自信を持っていてそれを堂々とアピールできること。どんなに美人でも自信のなさそうな顔をしていると魅力が半減してしまうので、外見はもちろん、中身も磨く努力をして輝きを放ちましょう。

あざとすぎると嫌われる? あざとさの注意点とは

あざとい女性は結局モテる! あざとい女性の特徴からモテ要素だけを盗もう!

いくらあざとい女性の男性ウケが良いとはいっても、度を越せば嫌われてしまいます。次のようなことには十分に気を付けましょう。

男性の前でだけ態度が変わる

同性の前では男っぽいのに、男性の前では途端にぶりっこになる女性。男性は見ていないようでちゃんと気が付いています。赤ちゃんや動物をやたらと「可愛い」と言いたがるのにも、男性はシラ~。

男性の目を意識しすぎる

雑誌の「モテ特集」をそのまま実践しているような女性は「必死すぎ!」と引かれてしまいます。全く個性のない女性は、どんなに美人でもモテません。

誘い受けが多い

わざと自分を卑下して「そんなことないよ。〇〇ちゃんは可愛いよ」と言ってもらいたがる女性は「めんどくさい」と敬遠されます。

終わりに

あざとい女性は人知れず努力しており、その立ち居振る舞いには同性も思わず好感を持ってしまうほどです。勉強になる部分も多いので、「羨ましい」で終わらせず、ぜひモテテクを盗んで活用してみましょう。

恋愛においてはもちろん、仕事の面でもあざとさは大いに役立ちますよ! ただし、やりすぎると嫌われるので程々が肝心です。

まぁこの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

3うーん…