ツヤツヤ髪はヘアオイルで手に入れろ! ヘアオイルがおすすめな理由とは?

男性のチェックポイントの一つが、女性の髪の毛。パサパサの傷んだ髪の毛では、やはり男性ウケは良くありません。男性にモテたければ、ツヤツヤの美髪をゲットしましょう。とはいえ、「ヘアカラーで髪がパサパサ」「パーマで髪の毛がボロボロ」という人もいるのでは? そんな人におすすめなのがヘアオイルです。

今回はヘアオイルの基本情報、選び方や使い方についてお話します。

ヘアオイルを髪に使うといい訳

ツヤツヤ髪はヘアオイルで手に入れろ! ヘアオイルがおすすめな理由とは?

乾燥したパサパサ髪や艶のない傷んだ髪の毛にヘアオイルを使うと、髪に潤いを与えて、艶のある髪に仕上げてくれます。なので、ヘアオイルは、髪の毛の乾燥で悩んでいる人、また、毛先が傷んで絡まりやすい人などにおすすめのアイテムです。

ヘアオイルは、紫外線やドライヤーの熱から髪を守る働きもします。ドライヤーで髪の毛を乾かす前にヘアオイルを付けておくと、ドライヤーによるダメージから髪を保護することができます。

また、特に髪にダメージがなかったとしても、ヘアオイルを使用するのはおすすめです。ヘアオイルを使ってスタイリングすると、ツヤツヤの美髪に仕上げることができるからです。

ヘアクリームやトリートメントミルクとの使い分けは?

ヘアクリームはしっとりと仕上げたい時に

ヘアオイルとヘアクリームは、どちらも油分が多いアイテムです。しかし、仕上がりが異なります。ヘアクリームはしっとりとした仕上がりに、ヘアオイルの方は艶のある仕上がりになります。

ヘアクリームには、髪の毛に栄養を与えてしっとりさせる働きがありますので、髪にコシがなくて絡まりやすい人はヘアクリームを使用するといいでしょう。それに対して、ヘアオイルはどちらかというと髪の表面をコーティングしてくれるので、艶出しに使えます。また、クセ毛で髪がゴワゴワしているような場合も、ヘアオイルを使えば柔らかい髪の毛に仕上げることができます。

トリートメントミルクは傷んだ髪の毛に

ツヤツヤ髪はヘアオイルで手に入れろ! ヘアオイルがおすすめな理由とは?

トリートメントミルクは傷んだ髪の修復を目的とします。なので、髪の毛が傷んでいる場合は、トリートメントミルクを使うのがおすすめです。

ただし、トリートメントミルクには髪の毛に艶を与えたり、髪の毛の表面をコーティングしたり、といった働きはありません。髪の艶出しや髪の表面のコーティングを目的とする場合は、ヘアオイルを使いましょう。

ヘアオイルの選び方

ヘアオイルにも色んな種類があります。香りやテクスチャー、髪の毛の質によって自分にピッタリのものを選びましょう。

香り

毎日使うものなので、好みの香りのものを選ぶのがおすすめです。ヘアオイルによっては、香りが強すぎるものもあるので、実際にテスターなどで確認しておきましょう。

テクスチャー

同じヘアオイルでも、サラッとしたテクスチャーのものと、重いものとがあります。なりたい仕上がりや、好みに合わせて選んでください。どんな仕上がりになるのか、テスターがあれば実際に使用してみるのがおすすめです。

髪の毛の質

太くて癖が強い髪質の人や髪の乾燥が進んでいる人が、サラッとしたテクスチャーのヘアオイルを選ぶと、もの足りないと感じることがあります。また、髪の毛が猫毛で細い人は、重いテクスチャーのヘアオイルを使うと、べったりとした仕上がりになります。髪質に合わせてヘアオイルを選ぶのも大切なことです。

ヘアオイルの使い方

ツヤツヤ髪はヘアオイルで手に入れろ! ヘアオイルがおすすめな理由とは?

ヘアオイルは洗髪後のタオルドライした後の髪に使用します。数滴を手に取り、手の平全体にオイルを広げた上で髪に馴染ませていきましょう。

頭皮ではなく、髪の中間から毛先に向かって丁寧に馴染ませるのがおすすめです。あまり付けすぎると、髪の毛がべたべたしてしまうので、少量で仕上げてくださいね。

<まとめ> ヘアオイルでツヤツヤの美髪に

髪の毛に自然な艶を与えて、髪を保湿してくれるヘアオイル。パサパサ髪で悩んでいる人は、ぜひ試してみましょう。ネットの口コミなどを参考に、好みの香り・テクスチャーのものを選べば、きっとお気に入りの1本が見つかるはずです。ツヤツヤの美髪を手に入れれば、恋も成功させることができるはず!

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…