結婚相手の選び方を女性視点・男性視点でご紹介! 最低限意識したいこと

結婚を意識する年齢になって悩むのが、結婚相手の選び方。

そもそも一度も結婚したことがないからこそ、どんな異性を結婚相手に選べばいいのか悩むのは当たり前です。

そこで今回は、結婚相手の選び方に重要なポイントをご紹介します。将来の結婚生活をイメージしやすいよう、具体例と合わせてまとめています。結婚相手を選ぶ際に最低限意識したいポイントとして、是非参考にしてみてくださいね。

 

結婚相手の選び方【あなたが女性の場合】

結婚相手の選び方を女性視点・男性視点でご紹介! 最低限意識したいこと

結婚を意識しがちな女性なら、結婚相手に求めるある程度の理想像はできあがっているかもしれません。

ここでは、金銭的にも精神的にも、安定した夫婦生活を送る為に重要な、男性の結婚相手の選び方をご紹介します。

まず一つ目に、安定した職業に就いていること。現代は共働き夫婦がほとんどですから、お互いの収入で十分やりくりできるはずですが、病気や事故など、人生は何があるか分かりません。どちらかの収入がストップしたとしても生活が困窮しないように、安定した職業についた男性を選ぶべきでしょう。

それから二つ目は、浮気をせず、あなたのことを一途に想ってくれるかどうか。W不倫で隠れて欲求を満たす仮面夫婦ももちろん存在しますが、浮気をする男性と浮気をしない男性を天秤にかけるなら、浮気をしない男性に軍配が上がりますよね。

それだけでなく、約束と時間を守る男性であるかも、結婚で失敗しない為に重要なポイント。例えば結婚後、飲み会で外出する旦那さんから「○時までには帰るよ。遅くなるようなら連絡する」というように、あらかじめ帰宅する時間を約束していたにも関わらず、連絡もないまま朝帰りされたら腹が立ちますよね。
小さなことかもしれませんが、時間と約束を守れる男性でないと、徐々に信用できなくなってしまいます。ですから、信用と信頼が柱になる夫婦関係では、時間と約束を守ってくれる男性を選ぶことが大切なのです。

結婚相手の選び方【あなたが男性の場合】

結婚相手の選び方を女性視点・男性視点でご紹介! 最低限意識したいこと

同じ結婚相手といっても、男性視点では選び方に重要なポイントが違います。

まず、金銭感覚が同じであること。

いくら共働きが当たり前の時代とはいえ、やはり家計を支えるのは男性ですよね。あなたが汗水垂らして稼いだお金を見境なく使われないように、金銭感覚が同じまたは似ている女性を選びましょう。

それから、いくら相思相愛の関係であっても、夫婦生活を共にすればいずれ、お互いの嫌なところが目に見えてきます。

ですから、生活をする上で手抜きをできるポイントが同じかどうかも見極めましょう。例えばバスタオルは毎日洗うのか、週に何回外食をするのか、布団は極力毎日干すのかなど。
妥協できる点が同じでないと夫婦喧嘩の原因になってしまいますし、「価値観が合わないから」という理由で離婚に繋がってしまうケースもあります。

またそれだけでなく、あなたが一人で趣味を楽しむプライベートの時間を尊重してくれるかどうかや、束縛しすぎないかどうかも結婚相手の選び方として重要です。

いくら夫婦であっても、ガチガチに束縛されていては気が休まらないはず。心身共に健康な夫婦生活を送る為にも、あなたをある程度野放しにしてくれる女性を見極めるようにしてくださいね。

結婚相手の選び方に迷ったら冷静になろう! 恋人と結婚相手は別物

結婚相手の選び方を女性視点・男性視点でご紹介! 最低限意識したいこと

今回は、結婚相手の選び方を女性視点と男性視点に分けてご紹介しました。

結婚相手は生涯を遂げる相手でもありますから、慎重になるのは当たり前。他人と家族となり、衣食住を共にするわけですから、悩んでしまうのも無理はありません。

一生に一度の「結婚」にしたいからこそ、どんな人を結婚相手として選ぶべきなのか悩んでしまうし、なかなか判断もできないもの。しかし、今回ご紹介した選び方のポイントを抑えておけば、ある程度の基準が見えてきたはず。

あなたが幸せで充実した結婚生活を送れる相手を見つけられるよう、祈っています。

焼肉ハナコの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…