【トイアンナ】ほとんど妄想!? 未婚が考える結婚がめんどくさい要素

こんにちは、トイアンナです。私は2015年に結婚し、今年も結婚しようとしているバツイチです。

離婚してからわずか1年のスピード再婚となったわけですが、そのためかよく友人に「そこまでして結婚したい理由ってある?」と聞かれました。

そこで今回は、「結婚ってめんどくさいな」と思っている方へ向けて、結婚のリアルな話をいたしましょう。

未婚女性が考える結婚がめんどくさい理由

【トイアンナ】ほとんど妄想!? 未婚が考える結婚がめんどくさい要素

結論から申し上げます。未婚女性が想像する「結婚ってここがめんどくさいでしょ」と言われることは、ほとんど実在しません。

◆「家事を私がやらなきゃいけないんでしょ?」
家事を分担できる彼と結婚すればいいんです。事前に同居すればすぐわかります。

◆「親戚づきあいが大変なんでしょう?」
面倒じゃない親族かどうかは、相手のご家族に会えばすぐわかります。会って嫌な予感がしたら、その彼とは結婚しなくてよいのです。

◆「自分の時間が無くなるんでしょ?」
子どもができるまでは、自由時間は独身時代とそう変わりません。家で料理を毎日作れという彼なら話は別ですが、そういう彼氏ってそもそも必要ですか?

【トイアンナ】ほとんど妄想!? 未婚が考える結婚がめんどくさい要素

このように「結婚ってめんどくさい」と思われる要素のほとんどは、相手次第です。

そして結婚後にめんどくさくなる相手とは、結婚以前のお付き合い段階でナシですわ。

本当に結婚でめんどくさなくなるポイント

本当に結婚でめんどくさくなるのは、むしろ以下の3点。

・ クレジットカード、身分証明書、銀行口座、メールアドレス、名刺などの名義変更手続き
・ 結婚式の準備
・ とうとつに「飯は妻が作るもんだろ」などと豹変する彼

最後の1つを除けば、結婚にまつわる手続きが面倒なだけ。あとは山さえ乗り越えればよいのです。

そして最後の「豹変する彼」は結婚前に察知できます。

彼のお母さまがしてあげていた家事分担が、家庭を持った後で彼の理想像になりやすいのです。

彼が手取り足取り家事をやってもらっていたなら、結婚後に豹変した彼と家事分担でもめる可能性は高いとみておきましょう。

それさえ避ければ、地雷はほとんどありません。

【トイアンナ】ほとんど妄想!? 未婚が考える結婚がめんどくさい要素

「銀行口座の手続きくらい頑張ってやるか!」と思える彼ができたなら、結婚は「思ったよりもめんどくさくない」はず。

遺産相続や病院への面会など、家族になった方が有利なことは多々あります。

もしこの記事で結婚へのめんどくささが減ったなら、あなたから彼にプロポーズしてはいかがでしょう?

 

(あなたはどっち派!?恋学アンケート実施中!!)
未婚女性へ質問です。結婚って、めんどくさいですか?

トイアンナの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

7うーん…