美容整形外科に行かずとも奥二重から二重になる方法

ぱっちり二重な女子って可愛いですよね。これを読んでいる女子の中には奥二重で、ぱっちり二重に憧れている人もいるのではないでしょうか?

とはいえ、二重にしようと整形するにはお金がかかります。整形も一昔に比べカジュアルになってきてますが、整形をしたことがない人からすると二重の整形もハードルが高いもの……。

そこで今回は、整形外科に行かずとも奥二重から二重になる方法をご紹介。

むくみをとることで二重になることも

美容整形外科に行かずとも奥二重から二重になる方法

現代人はスマホやパソコンなど長時間使っているせいで目が疲れがち。人にもよりますが、目の周りのむくみのせいで本来ぱっちり二重なのに奥二重になっていることもあります。なので、たまに優しく目の周りをマッサージするだけでも、もしかしたら二重になるかもしれません。

ただ、強くこすったり、何度もマッサージすると皮膚に負担がかかり炎症をおこすこともあるのでやりすぎ注意。

二重のためもそうですが、目のためにも優しくマッサージしたり、ホットタオルで目の周りを温めたりケアするのも大事です。

アイテープやアイプチでお手軽にぱっちり二重

筆者も普段奥二重なのですが、メイクの時アイテープを使ってぱっちり二重にしてます。今はいろんなアイテープやアイプチが売られているので、いろいろ試して自分に合うテープを見つけるのもいいのではないでしょうか。

ただ肌が弱い人はもしかしたらまぶたが荒れる恐れが……。試してみるのはいいですが違和感を感じたら即やめましょう! 

メイクの時はできればアイプチやアイテープを使いたくないというのなら、夜用のアイテープやアイプチでもいいかと。上手にクセ付けすることで、普段からぱっちり二重になることもありますから。

メイク次第で素敵な目元に

美容整形外科に行かずとも奥二重から二重になる方法

奥二重にコンプレックスを持っている人もいるかもしれませんが、奥二重ってぱっちり二重と違って、ちょっと妖艶な目元じゃないですか?

ぱっちり二重は可愛い系ですが、奥二重ってオトナ色っぽい感じもするんです。なので、アイメイク次第では奥二重を生かして素敵な目元を作るのも可能かと。

ネットで奥二重の人のアイメイクを検索すれば、やり方等もたくさん出てくるので、自分に似合うメイクを探してみるのも奥二重にポジティブになれて楽しいかと。

それでも二重に納得いかないのなら美容整形外科で相談もアリ……?

美容整形外科に行かずとも奥二重から二重になる方法

「アイプチのしすぎで、まぶたが荒れてきた」「結局アイテープを定期的に買うくらいなら整形した方が安いのかな」と、今後のことも考え、整形もアリかなぁと思うのなら、美容整形外科で相談してみるのもいいのではないでしょうか? 

相談しに美容整形外科に足を運ぶだけでもハードルが高いかもしれません。一人が心細いのなら友達や彼氏に同伴してもらうのもいいでしょう。

先生に相談して、もし『やっぱり整形はいいや』『思ったより値段するかも』と思えば素直に「今回はやめておきます。また整形を考えた時にお願いします」と言えば良し。間違っても不安や疑問が残るまま施術に承諾しないように。

“冒頭で整形しなくとも二重に”とは述べましたが、アイプチやアイテープを駆使し好きな二重幅、二重の形にするにも自分でするには限界がありますからね。

今は昔に比べ整形もカジュアルになってきてます。整形に抵抗がないのなら自己責任で整形を考えるのもアリかもしれませんよ。

メイク次第で素敵な目元になる

筆者も奥二重がコンプレックスで、もう10年近くアイプチやアイテープを使ってメイク時に二重にしてます。やっぱり、それだけでもメイクが楽しいんですよね。

女子にはメイクという素敵なものがあります! 奥二重を生かすなり、テープ等でぱっちり二重にするなり楽しみましょう。

美佳の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

2うーん…