クローゼットの中を断捨離! 効率的な方法教えます!

このお洋服捨てなきゃ。そう思いながらもクローゼットの中に戻してそのまんま。そして散らかっていくクロ―ゼントの中身。そんな経験は誰にだってあるはずです。だからと言って断捨離って難しそう。

そうお考えの方に朗報です。今回はクロ―ゼットの中身を綺麗に断捨離する方法をご紹介いたします!

クローゼットの中は魔窟

クローゼットの中を断捨離! 効率的な方法教えます!

話はいきなり飛びますが、見た目と中身のギャップが激しい人っていますよね。初めの印象と、長く付き合って知った性格が全然違う人。特に恋愛ではよくある話かもしれません。

で、これはきっとクローゼットにも言えること。うわぁ……綺麗でオシャレなクローゼット……。と思ってみても、扉を開いてみれば雪崩のようにお洋服が飛び出してくる。見た目と中身が全然違うじゃん……。つまり何が言いたいのかと言えば、クローゼットの中身もきちんとしましょうよ、って話です。

断捨離にはメリットいっぱい

クローゼットの中を断捨離! 効率的な方法教えます!

断捨離と聞くと、アレもコレも捨てるというイメージをお持ちの方がいらっしゃるかもしれませんね。とにかく捨てる、絶対捨てる、なにがなんでも捨てる。確かにそういった面があるかもしれませんが、断捨離をすることによって「新しいお洋服」が入って来やすくなるというメリットがあります。クローゼットいっぱいだし……という理由で、好きな服や可愛いお洋服の購入を躊躇わずに済むというわけ。だから断捨離にはメリットがいっぱいです。

服を3タイプに分けてみよう

クローゼットの中を断捨離! 効率的な方法教えます!

では実際に断捨離をしていきましょう。と言っても方法は簡単。必要な服、絶対に使わない服、使うかどうか分からない服の3タイプに分類するだけなのです。

1:必要な服
お気に入りの服、よく使う服、もしくは組み合わせに便利な服。それらは必要な服になります。ですので、断捨離を行う際「必要な服」として分類しておきましょう。この服を捨てることはありませんし、きっと分類も楽なはずです。

2:絶対に使わない服
もう絶対に着ない、買ったのはいいけど私には似合わない。もしくは穴のあいてしまった服や、ボロボロの服。そういった絶対に「使わない服」ってありますよね。それらの服は捨てしまうのが吉。そしてこれも分別するのは簡単です。基準としては一年以上使わなかった服は捨ててしまっても問題なし。ポイポイっと捨ててしまいましょう。

3:使うかどうか分からない服
はい、これが一番難しい種類の服です。使いそうで使わない。でもいつか使うかも……という期待を込めてクローゼットの中に眠っている服。もしくは思い入れのある服と言い換えてもいいかもしれません。

そんな使うかどうか分からない服は、分類分けした後に、しばらく時間を置いて考えてみましょう。だいたい2週間経った後に冷静な気持ちで考えてみれば「やっぱり必要ないわ」とか、「これ捨てちゃダメだ」なんて感じで分かるようになります

3種類の分別には時間をかけること

さて、服を3種類に分けると上記しましたが、これはたっぷりと時間をかけて行ないましょう。一旦分類分けをして、時間を置いてから再び考える。そうすることで「絶対に必要だと思っていた服が実はいらない」と分かったり、「必要ないと思っていた服が大切な服だった」と知ることができるのです。

この行動を繰り返すことで、あなたにとって大切な服が分かってくるのです。

衣替えの時期が狙い目です

断捨離にもおススメの時期があります。それが衣替え。クローゼットやタンスの中身を入れ替えるタイミングが断捨離に最適なのです。

やはりお洋服を出して断捨離するのは結構の重労働ですし、衣替えの季節だからこそ「この服、今年も着なかったな」という服が分かりやすいのです。

新しい服と出会う為に

さて今回は、「クローゼットの中身を断捨離する方法」をご紹介いたしました。必要のない服を捨てることにより、クローゼット内に余裕ができて新しい服がやってくる。新しい服や、自分の好きになった服は人生を豊かに、そしてハッピーにしてくれるものです。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

0うーん…