お風呂に入るのがめんどくさい時の心理とは? 対策法はあるの?

毎日お風呂に入るのが当たり前ということは分かっていても、たまにお風呂がめんどくさいと感じたことがある人は多いのではないでしょうか。「お風呂に入るのがめんどくさい」と感じる理由には様々なものがあります。

今回はその対策法についてご紹介していきます。

お風呂に入るのがめんどくさい理由とは?

疲れているからめんどくさい

お風呂に入るのがめんどくさい時の心理とは? 対策法はあるの?

仕事で疲れてクタクタになって帰宅した日は、お風呂に入るのもめんどくさいと感じてしまうことも多いようです。「お風呂に入る時間があったら今すぐに寝たい」ということですね。

お風呂に入るという行為はそれなりに体力を使いますから、疲れきった体を動かすのがめんどくさいと感じてしまう人が多いようです。

髪の毛を洗うのがめんどくさい

特に髪の毛の長い女性は髪の毛を洗うのにも時間がかかりますし、トリートメントなどのケアをすると更に時間がかかってしまいます。

更にお風呂から上がった後、髪の毛を乾かすのにも時間がかかります。

しかも生乾きのまま寝てしまうと寝癖が付いてしまい、朝の手入れが大変になってしまうのできちんと乾かさなければなりません。

髪の長い女性は、髪の毛を洗う手間がかかるのでお風呂がめんどくさいと感じてしまう人も多いようです。

休日はお風呂に入るのがめんどくさい

お風呂に入るのがめんどくさい時の心理とは? 対策法はあるの?

休日など、外に出る予定がない日はお風呂に入るのがめんどくさいと感じる人が多いようです。特に一人暮らしの人は、休日外出しなければ誰とも顔を合わせる必要がありませんし、「めんどくさいしお風呂に入らなくてもいいか」となってしまうのでしょう。

特に女性は、お風呂に入った際スキンケアやヘアケアなど手間がかかる作業が多い為、お風呂に入るのがめんどくさいと感じてしまうようです。

晩酌した後、お風呂に入るのがめんどくさい

仕事が終わって帰宅してから、晩酌をするのが楽しみという人も多いでしょう。お酒を飲んでしまうと体を動かすのが億劫になってしまいますし、のぼせやすくなるのでお風呂がめんどくさいと感じてしまうようですね。

仕事で疲れた体でお酒を飲むと、眠くなってそのまま寝てしまうという人も多いのではないでしょうか。

お風呂掃除がめんどくさい

お風呂に入るのがめんどくさい時の心理とは? 対策法はあるの?

お風呂がめんどくさいと感じる理由の一つに、「お風呂の掃除がめんどくさい」というものがあります。バスタブを使った後毎回掃除しなければならないのがめんどくさいので、シャワーだけで済ますという人も多いようです。

また、湯船にお湯をためるのは時間がかかりますし、その分水道代、ガス代もかかるので、光熱費を節約する為に湯船には入らないという人も多いようです。

「お風呂がめんどくさい」の対策方法は?

帰宅したらすぐにお風呂に入る

帰宅してからくつろいだ状態になってしまうと、お風呂に入るのがますますめんどくさくなってしまいます。であれば、「めんどくさい」と感じる前にお風呂に入ってしまうのがいいのかもしれません。

「帰宅してすぐにお風呂に入る」と決めてそれを習慣にしてしまえば、お風呂に入るのがそれほど面倒と感じることがなくなるのではないでしょうか。

お風呂に入る準備をしておく

仕事から帰った後にお風呂に入るのがめんどくさいと感じるのは、お風呂の準備に時間がかかるというのも理由の一つでしょう。

その場合は、帰宅してすぐにお風呂に入れるようにタオルや着替えセットなどを事前に準備しておくと、入浴までの流れがスムーズに行くのではないでしょうか。

お風呂が楽しくなるグッズを揃える

香りのいい入浴剤や、お気に入りのシャンプーなど、自分の好きなものをお風呂に揃えてお風呂が楽しく感じるような工夫をするのも一つの方法です。

 

手間を減らすのがお風呂嫌いを克服するコツ

お風呂がめんどくさいと感じるのは、手間が多いからという人が多いのではないでしょうか。つまりお風呂に入る時の手間を少なくすれば、お風呂に入るのがそれほどめんどくさく感じなくなるはずです。

やはり不潔なままいるよりは、お風呂に入って清潔な状態でいる方がいいと思いますので、自分なりに工夫してみるといいでしょう。

EMILYの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

1うーん…