好きな人ができない女性の共通項、今一度見直してみて

しばしば、「恋愛はしたいけど、好きな人が現れないんだよね」という話をする女性に出会うことがあります。よく言われる言葉ですが、花の命はマジで短いので、可能な限り恋愛適齢期の間は、恋をしておくべきです。

ところで、好きな人ができない状況に置かれている女性には、それなりに見直すべきポイントもあるんですよね。

そこで今回は、ちょっと「今更それ言う?」みたいな話ではあるんですけども、とにかく恋愛をできる環境に自分を移動させる為のポイントについて書き出してみたいと思います。

好きな人候補がいる場所に出向こう!

好きな人ができない女性の共通項、今一度見直してみて

「好きな人ができないんだよねぇ」と嘆く女性は巷に5000億人ぐらいいますが、果たしてこういう境遇に置かれている女性って、どこまで状況を深刻に考えているのでしょうか。

人生80年なんて言いますが、恋愛が人並みに楽しめる時間は、その半分以下が関の山です。人によってはアラサーになってから、とんと色恋に巡り会えないことだって珍しくありません。こういう状況をただただ、「明日は何かチャンスが巡ってくるかも」と何もせずに過ごすのは、勿体ないことです。

よく言われることですが、好きな人ができないなら、好きな人候補が出没する場所に出向きましょう。じゃないと何にも始まらないまま時間が過ぎて、気が付いたら顔中シミ、シワだらけになってしまいます。

合コンでもいいんです。ジムに通ってみるのもいいんです。男性の多い職場を目指して転職したっていいんです。時間はもう残り少ないと危機感を持っておくことが、好きな人ができないという状況を打破する為のカンフル剤として機能してくれます。

何もしなければ、何も起きません。

彼氏候補と理想の結婚相手は別! 彼氏選びはもっとラフでいいのでは?

好きな人ができない女性の共通項、今一度見直してみて

好きな人ができない状況の一因として、相手にある一定以上のポテンシャルを求めるという傾向があります。これのせいで恋人ができない男女も、少なからずいるところです。

ただ、これも勿体ない話なんですよね。そりゃあ完璧な恋人がいるに越したことはないですし、好きな人にはそれなりの魅力を求めるのも、分からないでもありません。

ところがそれに縛られてばかりいると、やっぱり恋愛をする頻度が普通の人のペースよりも落ちてしまいがちです。好きな人ができない理由の中に、相手に完璧性を求めすぎて自分で自分を縛ってしまう人。みなさんの周りにもいませんか?

これも改善した方がいいポイントと言えるでしょう。極端な話、恋人はしょせん恋人。数年ぐらいでどうせ別れるのが世間のカップルたちですから、相手にもそこまでのクオリティを求める必要はないわけです。

一生添い遂げる相手を選ぶなら妥協はすべきではないのですが、好きな人を探す際に、いちいちそんなことを考慮していると動くに動けません。適当に選ぶ、適当に好きになるというのも、ちゃんと恋愛をする為には大事な割り切り方と言えるでしょう。

終わりに

好きな人ができない女性の共通項、今一度見直してみて

自分で精一杯好きな人探しに奔走してないのに、「好きな人できないんだよね」と嘆く。妥協のない目線で男性を見続けたばかりに「好きな人候補もいない」と嘆く。この2つの傾向は、恋愛日照りに陥ってしまう女性の共通項だったりします。

彼氏を作ることに慎重になりすぎると、人を好きになるという当たり前の気持ちすら封じ込めてしまいかねません。そして、一旦そういう習性が根付いてしまうと、なかなか元通りには戻れないものです。

恋愛に縁が薄いことにコンプレックスを抱えつつも、「でも好きな人がいないんだよなぁ」と言っちゃってる人は、ちょっと視野を広げる努力をすべきかもしれませんね。

好きな人候補が見つからないなんて、そんな馬鹿な話は本来ありえないわけですし……。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…