LINEで見極める、彼の脈なしサインとは?

今の連絡交換はダントツでLINE(ライン)です。送りやすさもID交換も楽ちん。相手の反応も分かりやすい。でもその分、脈なしも分かりやすい……。
今回は、LINEから読み取れる「脈なしサイン」と「少しでも好感度を上げるLINE」について考えてみたいと思います。

既読のあれこれ

LINEで見極める、彼の脈なしサインとは?

【脈なしパターン①】既読がなかなかつかない
忙しかったり、LINE自体こまめに見ない、と考えることもできます。が、既読がつかない状態が何回も続くようであれば、後回しにされていたり、返事を催促されるのが面倒くさいからあえて既読をつけないのかも。
時間が経ったからといって一方的に連投すると、返すのが嫌になってしまいます。他に言いたいことがあっても、返事が欲しくても、「読んでる?」「なんで返してくれないの?」と送ったり、違う話題を送り始めるのは厳禁。まだ間に合うことを期待して、今からでも、1つずつ会話が進むようにしましょう。

【脈なしパターン②】既読スルー
これは一番キツイパターン。読んでるのに返事がこない=興味がない、と感じるのでは? 実際私も好きではない相手からのLINEに既読をつけてしまって「しまった!」と思ったことが何度もあります。
きっとみなさんにもそういう経験があるはず。返事がこない時はLINEでどうにかしようとせずに、実際に会って話す機会を作れるといいですね。その提案すら既読スルーされてしまうと打つ手がないのですが……。

なかなか返信がこない!

LINEで見極める、彼の脈なしサインとは?

話題が盛り上がらなかったり、生活リズムが合わないと、LINEの反応が薄くなってしまうこともあります。でも、LINEだけで相手との距離を縮めたいと考えているならば、それは間違いだと思います。

友達や暇つぶしに話す相手ならLINEが長々と続いても、中途半端なところで終わってしまっても、気にすることはありませんよね。けれど好きな彼の場合はちょっと違います。「LINE疲れ」という言葉を耳にするように、LINEには、すぐ返事をしなければいけないという義務感や、相手の都合関係なく送れてしまう便利さがデメリットとしてあります。

好きな彼なら、LINE通話をできるまでの仲になるよう時間をかけて関係性を縮めたり、実際のデートの約束をとりつける為の1つの手段程度に考えていた方がいいと思います。

脈なし相手に、少しでも好感度を!

LINEで見極める、彼の脈なしサインとは?

LINEで脈なしかも……と思った男性でも、好感度は上げておきましょう。

「楽しくなってつい送りすぎちゃった。ごめん!」
「一人で盛り上がっちゃってごめんなさい。これからは控えめにします!」
「愚痴とか聞くから好きな時に送って」
「よかったら今度、ご飯でも行こう。気が向いたら連絡してね!」

ぐらいの軽い内容だと、相手も負担を感じないで済みます。彼の反応を見て、送る内容や頻度を変えましょうね♪

まとめ

連絡先の交換手段としてダントツのLINEですが、送るタイミングや返事の内容に困ってしまうのも事実。

コミュニケーションをとりたいけれど……
・何を送ればいいのか分からない
・送ってから後悔した
・既読マークを気にしてしまう

などなど、みなさん経験があると思います。LINEで脈なしを感じたら、あまりしつこくせず、気長に待ってみましょう。何事も焦りは禁物です。

千晶の他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

3うーん…