【コラム】追い込まれ男子に聞く! 第19回 恋人以外の女友達と二人で飲みに行くのはアリですか?

幼なじみの女友達が出張で近くまで来ることになって、二人で飲む約束をした。同僚に話したら、「えっ! それ彼女に断った?」って驚かれた。ていうか…、ダメなの? 今回はマイナビニュース会員のうち独身男性138名に、恋人以外の女友達と二人で飲みに行くのはアリか聞いてみた。

Q.恋人以外の女友達と二人で飲みに行くのはアリですか?

はい 47.8%
いいえ 52.2%

Q.それはどうしてですか?

○恋人以外の女友達と二人で飲みに行くのはアリ

■やましい気持ちがなければ
・「お互いによこしまな気持ちがなければ大丈夫だと思う」(35歳男性/情報・IT/技術職)
・「やましい気持ちがなければOK」(33歳男性/機械・精密機器/技術職)
・「自分に下心がないのならいい」(20歳未満男性/その他/その他)

■気にしない・問題ない
・「ダメな理由がないので」(40歳男性/商社・卸/営業職)
・「別にいいのでは? 個人の自由では?」(33歳男性/情報・IT/技術職)
・「あまりそのへんは気にしていない、流れもある」(43歳男性/建設・土木/営業職)

■単なる友達だから
・「割り切っている関係・友人なら問題はないかと思います」(41歳男性/建設・土木/営業職)
・「恋人と友人は違うので」(47歳男性/アパレル・繊維/事務系専門職)
・「友達として行くので気にならないから」(30歳男性/商社・卸/秘書・アシスタント職)

■付き合い
・「状況によっては飲みに行くこともありえるから」(27歳男性/建設・土木/技術職)
・「付き合いがあるので」(21歳男性/食品・飲料/技術職)
・「仕事付き合い程度」(28歳男性/医療・福祉/その他)

■許可をもらえば
・「許可を取れば良いと思う」(38歳男性/情報・IT/技術職)
・「連絡すれば」(23歳男性/その他/その他)
・「彼女も知っているなら」(26歳男性/食品・飲料/販売職・サービス系)

■相談や飲むだけなら
・「そこで浮気関係になるならナシだけど、単に話し相手程度の仲ならいいと思うから」(31歳男性/小売店/事務系専門職)
・「悩みを相談するぐらいであればいいと思っています」(50歳以上男性/情報・IT/技術職)
・「飲みに行くだけならアリだと思うから」(25歳男性/医薬品・化粧品/事務系専門職)

■その他
・「楽しいから」(29歳男性/自動車関連/技術職)
・「浮気くらいさせろ」(26歳男性/電機/営業職)
・「大切だから」(27歳男性/金融・証券/営業職)
・「たまにはいいと思うから」(28歳男性/学校・教育関連/事務系専門職)
・「恋人だけだと飽きるから」(26歳男性/建設・土木/技術職)

○恋人以外の女友達と二人で飲みに行くのはナシ

■二人きりはない・ありえない
・「二人きりだと何かの間違いが起こる可能性もゼロではないから」(30歳男性/情報・IT/技術職)
・「ありえないと思うからです」(37歳男性/団体・公益法人・官公庁/営業職)
・「信頼関係からするとありえない」(40歳男性/アパレル・繊維/販売職・サービス系)
・「やはり、二人はないと思う。三人以上ならあると思うけど、二人は絶対にない」(43歳男性/情報・IT/技術職)
・「グループならともかく、さすがに二人っきりはマズいと思うから」(42歳男性/機械・精密機器/技術職)

■誤解される・疑われる
・「勘違いされるような行動はとりたくない」(35歳男性/小売店/販売職・サービス系)
・「関係なくても誤解を招くので」(31歳男性/情報・IT/技術職)
・「そういう相手もいないが、何かと面倒そうなので嫌です」(35歳男性/情報・IT/技術職)
・「浮気していると思われたくないから」(31歳男性/商社・卸/事務系専門職)
・「疑われても仕方ないから」(25歳男性/電力・ガス・石油/事務系専門職)

■恋人のため
・「恋人がいるなら避けるべき」(31歳男性/食品・飲料/技術職)
・「相手に対して申し訳ない気がする」(33歳男性/学校・教育関連/専門職)
・「古い考えで、好きな人以外とそういうこともしないという考えだから」(30歳男性/運輸・倉庫/技術職)
・「逆のことをされると嫌だから」(28歳男性/医薬品・化粧品/技術職)
・「恋人を裏切ることになるから」(32歳男性/医療・福祉/専門職)

■浮気の危険
・「君子危うきに近寄らずだから」(27歳男性/金属・鉄鋼・化学/技術職)
・「酒の勢いを借りれば何が起こっても文句は言えないので」(31歳男性/商社・卸/営業職)
・「浮気だから」(36歳男性/機械・精密機器/販売職・サービス系)
・「浮気の危険がある」(32歳男性/金融・証券/専門職)

■総評
男性に、「恋人以外の女友達と二人で飲みに行くのはアリですか?」と聞いてみたところ、「はい(47.8%)」「いいえ(52.2%)」と、ほぼ半々となった。

まず、「アリ」だという男性の大半が、”友達”と飲むことの何がいけないのか…? と気にもしない様子。二人きりであっても、お互いに「やましい気持ち」がなければ全く「問題ない」という意見が目立った。そうキッパリ言い切れる人たちの間には、”男女の友情”というものが確かに成立しているのだろう。

自分は平気でも、恋人がどう思うか心配…そんな男性は、あらかじめ彼女に「許可」を取っているよう。トラブルを避けるためには、賢明な判断と言えそうだ。一方、トラブル回避のために”友情”を諦めている人も多かった。見つかれば「2人で何してんの?」「何で2人きり?」「浮気?」と質問攻めにあうこと間違いなし。嫉妬深い彼女を持つ”追い込まれ男子”の宿命と割り切っているのかもしれない。

そのほか反対派からは、「二人きりは絶対ない」といった意見も多数あがった。単なる”友達”とは言え、男女が1対1で会う上にお酒が入っては「間違い」が起きる可能性も無きにしもあらず…と、自ら浮気に対する予防線を張る男性や、「恋人が嫌がる」「恋人がいれば行かない」など実直な男性も見受けられた。

賛否両論、さまざまな意見が寄せられた今回のアンケート。ちょうど回答が半々になったことからも、「異性と二人で飲みに行く」行為は浮気のボーダーラインとして微妙なところなのかもしれない。

※イラスト: 2014年11月22日発売予定の『もっと私にかまってよ!』(森もり子 著/マイナビ)より

調査時期: 2014年10月29日~2014年11月5日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男性138名
調査方法: インターネットログイン式アンケート

<イラスト: 森もり子(もり もりこ)>
1988年生まれ。福岡出身。性別不詳の元OL。LINEクリエーターズマーケットから発売した「もっと私にかまってよ!」(返事をくれない彼氏を追い込むLINEスタンプ)で話題を集める。2014年11月22日にマイナビより恋愛かまってちゃんあるある『もっと私にかまってよ!』が、11月7日にKADOKAWAメディアファクトリーよりコミックエッセイ『返事をくれない彼氏を追い込んでます。』も発売予定!

●『もっと私にかまってよ!』特設サイト

●『もっと私にかまってよ!』<Amazonで購入>

●『返事をくれない彼氏を追い込んでます。』

●【追い込み女子の実態】彼氏に「もっと私にかまってよ!」と思ったエピソード10選

(アリウープ)