LINEの返信、あまり早いのも考え物? 既読しつつ焦らす作戦もアリ

今や利用していない人を探すのが難しいほど浸透している無料通話アプリのLINE(ライン)。

筆者はガラケー持ちなのでパソコンからでしか利用していないのですが、それでもかなり役に立っているツールです。

当然、彼氏との連絡ツールとしてLINEを活用している方も多いことでしょうが、そもそも出会いのきっかけがSNSだという男女も増えている昨今ですから、仲良くなるための過程でLINEが役立っているというケースも、きっと多いはずです。

ただ、みんながみんな効果的に活用しているわけでもないようで。

今回は、LINEの返信が早いことで、逆に勝機を逃してしまっている場合があることと、既読機能を上手く活かすこと。この2点に触れていきたいと思います。

LINEの返信があまりに早いと、色々とネガティブな効果を見せることがある!

LINEの返信、あまり早いのも考え物? 既読しつつ焦らす作戦もアリ

最近では仕事のやり取りでLINEを使うという方も多いようですが、こういう場合は返信は早いに越したことはないでしょう。

報告・連絡・相談はいつの時代も迅速が一番ですからね(まあ、プライベートの時間にそもそも仕事の話をLINEでするなよって話ですが)。

でも、これが恋愛になってしまうと、返信が早いってのも問題だったりするんですよね。

というのも、男性にしてみると自分の発信へのレスポンスがあまりに早いと、色々と戸惑う部分もあるんです。

1つは「ああ、なんかLINEしたらすぐ返信来るなぁ。時間を使わせてるみたいで悪いなぁ」という、相手への申し訳なさ。それを引き出すことがあるんです。

律儀な男性は、こういう状況を繰り返すうちにいたたまれなくなり、LINEの頻度を落とすようになりますね。なんだか束縛しているような気分になってしまうわけです。

もう1つが「なんか連絡したらすぐ返信来る。必死っぽいな」と思ってしまうことがあるという点です。

自分のLINEにすぐ返事をする女性に、なんというか彼氏を作りたいという強烈な願望を見てしまうというわけですね。たとえそれが幻だとしても。

男性の中にはそう捉える人もいるので、あまりに早い返信を続けるのは、一寸考えるべきかもしれません。

せっかく既読表示機能があるんだから、これをもっと効果的に使ってみてもいいかも

LINEの返信、あまり早いのも考え物? 既読しつつ焦らす作戦もアリ

ところでLINEって不便なところがいくつかありますよね。

送ったメッセージなんて、つい最近まで削除できませんでしたし、今でもスマホからパソコンに送信したメッセージを削除しようとしても、相手の使用しているブラウザによっては消えないことがあります。

また、LINEで一番厄介なのが、既読表示機能でしょう。もう大勢の利用者が「これ要る?」と愚痴っているのを目にしたことがありますが、たしかにこれってトラブルの元なんですよね。

何かメッセージを送っても、相手が既読したまま一切返事をしない。そんなことが続くと「ふざけんなよ」って気分になるので、まあ分からない話でもありません。

でも、返信が早いということも度が過ぎると色んな負担になるわけですし、あえてこの既読表示機能を効果的に使う方法を模索するのも悪くないかもしれませんよ。

具体的には、焦らしのテクニックとして取り入れるというのはどうでしょうか。相手のメッセージに、わざを時間をかけて焦らしてから返信をするわけです。

これだけでLINEでのやりとりにメリハリも生まれますし、「それな」「わかる」なんかの、適当な短文をお互いに応酬する無駄な時間をなくすことにも繋がります。

たとえば相手が自分に好意を示すようなメッセージには、じっくり時間をかけて、既読のまま焦らすというのは昔から使われてきた恋愛テクニックをLINEに応用しただけのものですし、その効果は決して低くありません。

焦らし過ぎると逆効果になりますが、たまに活用するのは悪くないでしょう。

おわりに

LINEの返信、あまり早いのも考え物? 既読しつつ焦らす作戦もアリ

この先もまだ当分はLINEが廃れることもないでしょうから、このアプリを使って異性とやり取りをする機会もまだまだあるはずです。

返信が早いのは悪いことではないんですが、あえて遅くすることで得られるメリットも馬鹿になりません。

是非とも、今後の恋愛に役立ててみてくださいね。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

1うーん…