キスしたがる男の心理とは?【ひとみしょうの男って実は】

キスする男の心理を解説することほど野暮なことはないと思うのですが、インターネットが登場してからというもの、何でもかんでも言葉で説明してほしがる人が増えたので、その野暮なことをする仕事が生まれました(だから今こうしてここに文章を書いています)。

そもそも男がキスをするのって、キスしたいと思ったからキスをする、という割と素直な「好きです」という気持ちの現れだったりするわけですよ。「俺はこの子とキスをして、舌を入れて彼女をうっとりさせて俺色に染めてしまおう」なんて戦略的な心理が先立っているキスがないとは言わないけれど、普通は戦略なんかなしにキスしたいからキスをする、以上、終わり、というのがキスする男の心理です。

でも、恋愛とかキスなどの情緒的な活動を、言葉で理論的に説明されないと理解できない人も多い世の中なので、できる限り読者にとって分かりやすくキスをする男の心理について、以下に解説していきましょうか。

恋愛初心者にとっては「キス=独占欲」

キスしたがる男の心理とは?【ひとみしょうの男って実は】

初恋とか初恋に近い時期に、男が好きな女子にキスをするのって、「純粋に彼女のことが好きだから」です。自分でもなぜキスをしたのか、彼は理解できません。

好きだから何となく、なぜかキスをしたいという欲求がどこかから沸き起こり、その欲求に背中を押されるかのように彼女にキスをした――これだけのことでしょう。別の言い方をすれば、「気づけば、彼女の唇が俺の唇を誘っていた」ということです。

初恋を過ぎて、散々してきた一人エッチにおおいに飽きた頃に出会った好きな女子に対して、男がするキスとは独占欲の塊みたいなものです。

彼の心はすでに「初物(はつもの)」ではなくなっています。好きな女子を口説く為には、適当と思えるタイミングでキスをすること、と書いてある恋愛マニュアルなんぞネットに売るほどあるのだから、彼はそれを読んでいます。

読んでいなくとも、世に流布(るふ)している恋愛ドラマや恋愛映画などを見れば、どんなにアホな男であっても「恋の始まりはキスをするものなんだ、そうしないと俺は彼女の心身を独占できないんだ」と「知っています」。

だから彼は「キスのシミュレーション」をします。ちょっとキモイと感じる人もいるかもしれませんが、ある種の女子もキスのシミュレーションをしていますよね?

例えば夜、ベッドに入って枕を好きな人に見立てて、好きな人と顔が近くなるシチュエーションを妄想し、いついかなるタイミングで、どのようにキスをするのかを思い描き、実際に枕にキスをし……というような具合で。

恋愛初心者さんって、恋の儚さや不安定さにオロオロするしかないので、つまり誰かに恋しても淋しいので、どうしてもキス1つに慎重になるんですよね。

キスなんて、恋愛上級者にしてみたらただのキスですよ。でも初心者は「キスのタイミングを間違ったら相手に嫌われてしまうかもしれない」などと不安になるから、そういうシミュレーションをするのです。

恋愛初心者の男の心理として、キスとは独占欲の塊であること。それは、恋が宿命的に持つ儚さや不安定さ故の欲求である。こういうことが、キスする男の心理として言えるかと思います。

普通に恋愛している男にとっては「キス=好き」というだけのこと

キスしたがる男の心理とは?【ひとみしょうの男って実は】

恋愛初心者って、女子に対して憧れを抱いています。つまり、女子のリアルな実態を見れていないんですよね。

その昔「アイドルはトイレに行かない」という表現がおおいに流行りましたが、恋愛初心者は好きな女子のことを「この子、トイレに行かないのだろうな」と思っているのです。

無論、誰だってトイレに行くことを、彼は知っています。でも彼の想像の中では、彼女はトイレに入っても、大をするわけでもなく、小をするわけでもないんですよね。要するに「美しい存在者」として、好きな女子のことを捉えるのが恋愛初心者。

対して恋愛上級者とは好きな女子のことを、より実態に近い形で捉えることのできる男です。「この子超可愛いけど、オナニーくらいしてるだろう」恋愛上級者の彼は、例えばこういうことを考えています。

彼にとってキスとは「好きだからするもの」「好きな相手に自然にしたくなるもの」であり、それ以上でもそれ以下でもありません。

一般に、恋愛上級者は、自分で自分のことを愛せているので、恋が宿命的に持つ儚さや不安定さなどを「承知のもの」と認識しています。つまり、キスという物理的な繋がりだけで恋の儚さを克服できないと分かっているのです。

だからキスに過度に意味を持たせないのです。キス、つまり唇と唇が触れる感触であったり、キスしている時の気持ちであったり、そういう「目に見えないもの」を、ちゃんと「心で捉えて」キスするという行為に、愛する悦び・愛される悦びを見出すのみです。

これが恋愛上級者の男のキスに対する心理です。

終わりに ~「考える」ではなく「感じる」を大切にしてみてほしい~

キスしたがる男の心理とは?【ひとみしょうの男って実は】

男女共に、「頭で恋する」時代になりました。だから「キスの意味とは?」「男がキスしてくる心理とは?」などというコラムがネットで読まれるのです。お読みくださること自体は非常に嬉しく、感謝していますよ。

でもね、恋って頭でするものじゃなくて、全身でするものなんですよ。五感で何かを感じ、感じたことに心を震わせる――これが恋なんです。だから、恋に正解なんてないと言われるのです。感じるというのは超個人的なことだから、正解は100人いれば100通りあります、ということになるのです。

好きな彼がキスしてきたら心が震えますよね。場合によっては、彼はわたしのことを本命と思ってキスしているのか、遊びと思ってキスしているのか、不安に思いますよね。その不安に心を震わせるのです。正解なんてネットに求めてはいけないのです。

不安に震えた心はおそらく1週間も経つと、あなたに答えのようなものをもたらします。あなたの心が一人でに答えを出してきます。

それがあなたにとって真の答えです。その真の答えの中に、男がキスしてくる心理があります。「考える」ではなく「感じる」を大切にしてみてください。きっといいキスができるはずです。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

12いいね!

0うーん…