「付き合っているのに片思い」男性がそう感じてしまう5つの瞬間

男性は結構寂しがりな生き物。お付き合いしている男性にちゃんとかまってあげないと、「付き合ってるのに片思いだな」なんて思われてしまうことも。

今回は男性が「付き合っているのに片思い」だと感じてしまう瞬間のお話。お付き合いしている男性に寂しい思いをさせない為に一度チェックしてみましょう。

冷たい彼女にソワソワ

「付き合っているのに片思い」男性がそう感じてしまう5つの瞬間

付き合っているのに彼女がそっけない。男性からしてみれば結構傷つく案件。というより女性であっても、お相手にそっけない態度を取られたら傷つくもですよね。

特に付き合いたての頃にそんなことが発生すれば、今後の関係を考えるような出来事だと言っても可笑しくないはずです。

そっけなさを出すには時期が早い?

「付き合っているのに片思い」男性がそう感じてしまう5つの瞬間

ですが女性の中には、相手を信頼しているからこそ、付き合いたてホヤホヤのような態度をとらないという方もいらっしゃるかもしれません。

熟年夫婦間の態度がドライであっても問題がないように、長年付き合ったカップルも相手への接し方がある程度ドライになるというもの。

だからこそ、そこまで男性にかまってないというわけですね。ですがこれ、もしかすると男性は「成熟したカップル同士だ」だと思っていない可能性もありえます。

つまりまだまだ、甘えたいし甘えられたいと思っているということ。それなのにそっけない態度をとってしまえば、付き合ってるのに片思いしてるみたいだと男性に思われても仕方ないことなのです。

付き合っているのに片思いと男が感じる瞬間5つ

「付き合っているのに片思い」男性がそう感じてしまう5つの瞬間

それでは、男性が「付き合っているのに片思いだなぁ」と感じる瞬間をご紹介。

ご自身の行動に当てはめて考えてみましょう。

好きの言葉がない

恋人に好きだと伝えること。夫婦で愛してるの言葉を伝え合うこと。

パートナー同士で好意や愛を確認し合うのはやっぱり大切なこと。好きでい続ける為の努力といいますか、愛し続ける為の努力といいますか、小さなことかもしれませんがとっても大切なことです。

男性側は好きの気持ちを伝えているのに、女性から好きの気持ちが反ってこなければやはり不安になるものです。

デートプランは全て男

リードするのは男性の役目、なんてのは昔の話。とは言いつつ、やはり男性がリードする場面が多いのが世の常である気がします。

特に、デートなんかはそうかもしれませんね。ですが女性がデートプランを立てても問題なし。

リードまでする必要はないかもしれませんが、「○○に行きたい」という要望くらいは出すべきでしょう。誘うのはいつも男性からという場合、その男性は「片思いじゃん」と思ってしまう可能性が高くなります。

LINE(ライン)の返信がビックリするほど遅い

もはや無くてはならない存在になったLINEというアプリ。

いい点もあれば煩わしい点もある既読という機能。既読を付けているのに、それからしばらく返事しないというのは、お付き合いしている男性を不安にさせてしまいがち。

むろん、仕事や用事で返信できないという状況は仕方ありませんが、数日後に返信するってのは結構男性を傷つけます。

自分について知りたがらない

相手のことをもっと知りたくなる。知るのが楽しい。

それも恋愛の魅力の一つであるはず。にも関わらず、自分(男性)について知りたいという素振りを女性が見せない時、男性は「自分に興味がないのでは?」と思ってしまうものです。

仕事や趣味の話。家族の話などなど、聞いてあげるべき話はたくさんあるはず。

キス以上の進展がない

デートして楽しんで。手を繋いで、キスをして。でもそれ以上の進展が全くなし。

男性からしてみれば常にお預け状態をくらっているわけですから、まるで片思いみたいだと思われてしまっても仕方ないかもしれません。

性生活だってカップルのちゃんとした営みの一つ。ないがしろにしていいものではありません。

彼氏に寂しい思いをさせない為に

さて今回は、「付き合ってるのに片思いみたい」と男性が感じる瞬間のお話でした。

ご自身の行動をチェックして、お付き合いしている男性を寂しがらせていることに気が付いた時は、きちんと対応してあげることが大切。

放っておけば、そのまま破局なんてだって十分あり得るのですから。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

7いいね!

1うーん…