恋愛が長続きするカップルに共通する特徴とは? コツはある?

せっかく好きな人とお付き合いできたのですから、「長く付き合いたい」と思うのは当然のことですよね。しかしどんなに相性がいい二人でも、恋愛を長続きさせるにはいくつかのルールがあります。

今回は、恋愛が長続きしないという人が心がけるべきコツをご紹介します。

長続きするカップルに共通する特徴

適度な距離感を保っている

恋愛が長続きするカップルに共通する特徴とは? コツはある?

お付き合いが長続きしているカップルは、ベッタリと相手に依存するような付き合い方をしていないことが多いです。

お互いのことを大切に思い、尊重しあっているので相手を束縛したり踏み込まれたくないプライベートな領域をよく分かっています。

特に付き合い始めの頃は「好きな人と毎日一緒にいたい」と思うものですが、それをどちらかが「重い」と感じてしまえばそこから関係に亀裂が入ることになります。

お付き合いが長く続く条件で一番大切なのは、一緒にいてお互いに居心地がいいということではないでしょうか。

愛情表現をきちんとする

「釣った魚に餌をやらない」という言葉があるように、付き合うまでは一生懸命愛情表現をしていたのに、付き合ったとたん全然愛情表現をしなくなる人がいます。

これは特に男性に多いようですが、「今更言わなくても分かるだろう」という心情のようです。

女性は観察眼が鋭いですから、相手が自分を好きかどうか態度を見ればだいたい分かってしまいます。

しかし、やはり言葉で愛情表現してもらうと嬉しいですし、安心できますよね。恋愛が長続きするカップルは、きちんと愛情表現をしていることが多いです。「言わなくても分かるだろう」は、ただの怠慢ということですね。

お互いを信頼し合っている

恋愛が長続きするカップルに共通する特徴とは? コツはある?

恋愛関係を長続きさせるにあたって、お互いに信頼しあうことはとても大切です。

「好きだから不安になる」という人がいますが、それは相手の問題ではなくて自分自身に自信がないことが問題です。

恋愛が長続きするカップルは、お互いに精神的に自立していて、相手に絶対の信頼を寄せているのです。

心配ばかりして自分を信頼してくれない人と付き合うのは、とても疲れるし不愉快なものです。

恋愛を長続きさせるコツとは?

感謝の気持ちを持つこと

男性と女性が出会って恋愛関係になる、ということは実は奇跡のような出来事です。

ましてやお互いが好き同士でお付き合いできるとなると、ものすごく低い確率といえるでしょう。

まず出会えたこと自体に感謝、恋愛関係に慣れたことに感謝、いつも優しくしてくれることの感謝。

恋愛が長続きしているカップルは、お互いに感謝の気持ちを忘れずにもっていものです。

また、思っているだけでなくきちんと「ありがとう」という言葉で感謝を伝えるように心がけているというカップルは多いようですね。

相手に期待しすぎない

恋愛が長続きするカップルに共通する特徴とは? コツはある?

付き合いが長くなってくると、「付き合っているのだからこれをやって当たり前」「どうしてこんなこともしてくれないの?」など、相手に対する要求や不満が出てくるものです。

しかし、相手は彼氏である前に一人の人間です。過度な要求をされたり、過度な不満をぶつけられてばかりいたら最後にはどうなるか考えなくても分かるでしょう。

相手が嫌がることをしないというのは、人間関係の基本です。恋愛が長続きするカップルは、お互いを彼氏・彼女の前に人として尊重しているので、相手に期待しすぎるようなことはありません。

他のカップルと比較しない

カップルの喧嘩の原因で多いのが、自分たちと他のカップルを比べてしまうことです。

この傾向は女性側に多いような気がしますが、「〇〇ちゃんの彼氏は誕生日にバッグを貰った」「〇〇ちゃんのところは記念日に旅行に行った」など、他人のカップルを引き合いに出して彼氏にプレッシャーをかけ、最終的に喧嘩になるということがあります。

自分の彼氏は他の人の彼氏とは違うのだから、比較するのは全く無意味だし、彼氏を不快にさせるという点ではマイナスでしかありません。

自分たちと他人は違うものだということをきちんと理解して、二人が楽しめることを考えるようにしましょう。

お互いを思いやる気持ちが長続きのコツ

恋愛を長続きさせるコツは、お互いを思いやる気持ちを忘れないことがとても大切です。

そして素直でいること。自分に余裕がない時はつい相手のことを思いやる気持ちを忘れてしまいがちですが、もし喧嘩になった時は素直に謝ればいいのです。

好きな人を大切にするということは、与え続けることでもなく我慢することでもなく、お互いにいい関係でいられるように感謝を忘れないようにすることが大切です。

EMILYの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…