旦那が好きすぎる妻の8つの特徴とは|好きすぎて困った時の対処法も紹介

結婚後も恋人関係のように仲が良い理想の関係をどのように維持しているのでしょうか。

旦那をいつまでも好きでいる妻の特徴や、メリットとデメリット、旦那が好きすぎて困ったときの対処法を紹介しますので、ぜひ結婚生活の参考にしてください。

旦那が好きすぎる妻とは

旦那が好きすぎる妻の8つの特徴とは|好きすぎて困った時の対処法も紹介

結婚した途端、夫や妻が変わって新鮮味がなくなったという人も少なくないでしょう。付き合いのはじめのドキドキ感や、ときめきは結婚した後、段々と消えてしまうといわれることが多いです。

しかし、結婚後もラブラブ度を維持している「旦那が好きすぎる妻」もいるのです。結婚後も恋人関係のように仲が良い理想の関係をどのように維持しているのでしょうか。

妻に好かれる旦那

妻を持つ男性なら、誰でも「妻に好かれる旦那」に憧れをもつことでしょう。「結婚した後も、旦那が好きすぎる」妻に共通する点は、夫に対する評価が高いことが要因です。

つまり、結婚後も夫のことを好きでいる為には、夫側の努力も大切であることが分かります。

【関連記事】結婚前に見極めて! いい夫になる男性の特徴3つ

旦那が好きすぎる妻の8つの特徴

旦那が好きすぎる妻の8つの特徴とは|好きすぎて困った時の対処法も紹介

では、旦那が好きすぎる妻はどうやって夫への好意を維持しているのでしょうか。

ここからは、夫が好きすぎる妻の特徴を8つ紹介します。夫婦関係に不満がたまったときなどに、参考にしてみてください。

1:頻繁なスキンシップをとる

夫婦関係が長くなると、恋人というよりも家族として接する機会が多くなりスキンシップが減りがちです。旦那が好きすぎる妻は頻繁にスキンシップを取ることで、相手に対する好意を態度で示しているようです。

手を握ったり、ハグをしたりすることで人は愛情を感じると言います。日々のちょっとしたスキンシップは夫婦の関係を潤滑にしてくれるでしょう。

2:旦那との時間を大事にする

旦那が好きすぎる妻は、旦那との二人の時間を大事に、コミュニケーションを積極的に取ろうとします。

休みの日に自分のやりたいことを優先している夫婦は、同じ空間にいるのに、それぞれ別の事を黙々としていてコミュニケーション不足が懸念されます。

旦那が好きすぎる妻は、旦那との時間を心地よく大切に過ごそうと心掛けています。

3:外見を常に綺麗に保つ

旦那が好きすぎる妻は、自分の旦那が魅力的であると考えています。

そのため、自分も魅力的であり続けよう、また自分の大好きな旦那が他の人に目移りしないように、外見を常に綺麗に保とうと努力するケースも多いようです。

旦那への思いゆえに綺麗になるいじらしさに、旦那ももっと妻の事を好きになるに違いないでしょう。

4:不器用で旦那に頼ることが多い

常に男性は女性に頼られたいと思っているものです。旦那が好きすぎる妻は、自分ができないこと、旦那にしかできないことを素直に口に出しています。

男性は頼ってきてくれる女性を「かわいい」と感じ快く受け入れやすく、なんでも強がらず適度に自分の弱点を見せるのもポイントかもしれません。

5:愛情を真っ直ぐ伝える

旦那が好きすぎる人は、好意を真っすぐに本人に伝えています。心の中で「旦那のことが好き」と思っていても態度や言葉に表さなければ伝わらないことも多いものです。

愛しているという言葉が恥ずかしい場合は、「○○してくれてありがとう」「あなたがいてくれるから頑張れる」など、相手の存在や行動に感謝する言葉を伝えてみるのもいいでしょう。

6:子供が生まれても愛情が変わらない

子供を出産し育児となると、環境も変わり夫への興味関心が低くなってしまいがちですが、旦那が好きすぎる妻は、子供を出産後でも愛情が変わりません。

男性としての魅力というよりも、子どもの父親としての一面に頼りがいがあると「こんな頼もしい男性と親になれてよかった」と感じるようです。

妊娠中で疲れた時に優しく接してくれる旦那をより好きになったというケースもあります。

中には、旦那が好きすぎるあまり「子供はいらない」と考える妻もいるようです。

7:離れていてもコミュニケーションをとりたくなる

旦那が好きすぎる妻は、出張などで離れていても電話などでコミュニケーションを取っています。

今は、テレビ電話やSNSで気軽にやり取りができるので、離れていても積極的に連絡を取るように心がけているようです。

8:旦那に完璧を求めすぎない

旦那が好きすぎる妻は、決してパーフェクトな旦那を求めていません。家事や育児など、やってもらったこと自体に感謝するようにしているようです。

夫婦生活が長くなると、自分の生活スタイルに合わせてきっちり家事をしてもらいたくなるものです。しかし旦那が好きすぎる妻は、多少やり方が違っても目をつぶって、やってもらったら忘れずに感謝を伝えます。

結果として、旦那が積極的に家事育児を分担して行うようになった、というメリットが得られます。

【関連記事】夫婦になっても恋人同士みたい♡ ラブラブでいるコツ5つ

旦那を好きすぎることで起こる7つのデメリット

旦那が好きすぎる妻の8つの特徴とは|好きすぎて困った時の対処法も紹介

これまで、旦那が好きすぎる妻の特徴をまとめました。旦那に好意を示し、愛し愛される理想の関係にも見えますが、これまでのポイントをみていると「これはどうなんだろう」と疑問に思うこともあるでしょう。

ここからは旦那を好きすぎることで起こるデメリットを7つ紹介します。特徴が多くあてはまる人は、自分が同じ状況にないか今一度振り返ってみましょう。

1:嫉妬心が強くなってしまう

旦那が好きすぎるあまり、旦那自身の趣味や交友関係に嫉妬心を覚えてしまうこともあるようです。また、嫉妬心が強くなることで自分の子供に対しても冷たくなる場合もあります。

旦那に疑いの目を持ってしまうと、旦那からの愛情を感じられなくなってしまいます。あまりに嫉妬心が強いと、夫婦間の関係にヒビが入る原因になるので気を付けるようにしましょう。

2:友人と疎遠になってしまう

旦那との時間を優先するあまり、自分の友人と疎遠になってしまいます。旦那が好きすぎる妻は、友人にもその関係をアピールしていることも多々あります。いくら友人でも、中には惚気話を聞くのに嫌気がさす人もいます。

幸せ自慢が友人との溝を深めるきっかけになることもあるので注意しましょう。交友関係が狭くなると、旦那への依存度がさらに高まっていきます。

3:旦那の行動を邪魔してしまう

嫉妬心のあまり、旦那の行動を邪魔したり制限したりする妻もいます。自分は旦那との時間を優先している場合が多いため、相手にも同じことを求めてしまう心理からくる行動と言えるでしょう。

その時は収まったとしても、積み重なると旦那の不満が大きくなっていくことに間違いありません。旦那の行動を邪魔してしまいたくなったときは、一度思いとどまってみましょう。

4:愛情が重荷になってしまう

嫉妬や行動制限など、愛ゆえに行っている行動が旦那にとって重荷になることも多いといえます。

仕事中に「何時に帰ってくるか」「今何をしているのか」という行動を把握するメールや電話が何度もくると、愛する妻からとはいえ旦那も疲れてしまいます。

連絡を重荷に感じ、二人の関係にズレが生じる原因となります。

5:自分の行動を制限してしまう

「旦那が行くなと言ったから」「旦那と一緒にいたいから」という理由で自分の行動を制限している人は注意が必要です。

本当にやりたいことや始めたいことがあるのに、それを旦那の存在を言い訳にして制限してしまうのは危険です。

それは旦那のせいではなく、自分自身が思い込みによって行動を制限してしまっていることが多いものです。

6:一人で過ごすことが苦手になる

旦那との時間を大事にしすぎると、一人で過ごす時間が少なくなっていきます。いざ一人の時間になるとどう過ごしてよいのか分からないという場合もあるようです。

熱中できるものがなく、旦那への依存度が高くなっているからと言えるでしょう。

一人でいると寂しくてたまらなくなり、ついつい旦那に早く帰宅するようにと連絡をとってしまうのです。

7:周囲から共感されづらくなる

「旦那が好き」のアピールも度が過ぎると、周囲から共感されづらくなります。

例えば、友達と約束をしている日に旦那との用事を優先させてしまうと、友達に「私たちの関係は大切にされていない」と思われ交友関係にヒビが入ってしまいます。

そのような旦那との関係性に共感してくれる人が少なくなり、より孤立を強めてしまうことになります。周りから共感し、祝福を受けるような関係であることは今後の生活の上で必要な要素です。

旦那が好きすぎて困った場合の6つの対処法

旦那が好きすぎる妻の8つの特徴とは|好きすぎて困った時の対処法も紹介

それでも「旦那が好きな気持ちが止められない」という人は、どうすれば良いでしょうか。気持ちが行き過ぎると、旦那への依存心に繋がります。

「もっと交友関係を大切にすればよかった」「あのときやりたいことをやっていればよかった」と後悔しないようにしましょう。旦那が好きすぎて困った場合の対処法6つを紹介します。

1:自分自身で社会との接点を持つ

専業主婦や子育て中などは、特に社会との接点が少なくなります。

積極的に社会との接点をもつことで、旦那以外との関係が生まれます。社会人サークルや、習い事など自分自身が「楽しい」と思える環境に積極的に身を置きましょう。

必ずしも、外へ出てアクティブに動かなければ生まれないというわけではありません。ネットやSNSが普及してきた今、自宅にいながらも社会との接点を持つことができます。

やってみたかったことをきっかけに、新しい環境にチャレンジしてみるのも1つの手です。

2:旦那がいなくても楽しめる趣味を持つ

熱中できる趣味を持つことも、一人での時間を有意義に使うことができます。ペットや観葉植物を育てるなど、愛情を与え育てていく趣味が向いている場合も多いようです。

興味があることのレッスンに通ったり、映画鑑賞にいってみたりと、一人で楽しめる趣味をもつと人間としての輝きを保てるでしょう。

3:人に会って気分転換をする

旦那に依存してしまう理由は、愛情不足であることが多いと言われています。共感力の高い女友達との楽しい時間は、気分を変えてくれるでしょう。

友達との関わりのなかで、自分の理解者は旦那一人でないと気が付くでしょう。

思い切って、友達との旅行を計画してみても良いでしょう。旦那と離れることで、改めてその良さを感じることができます。

4:割り切った行動する

「旦那は旦那、私は私」と別の人間であると割り切って行動をとることも大切です。

自分がやりたいこと、初めて見たいことを優先してやってみましょう。そうすると、おのずと旦那の行動が気にならなくなり、頻繁に連絡することも少なくなります。

5:旦那を信頼する

行動を管理したがるのは、根本で旦那を信頼していないケースも多いようです。旦那のすべてを独占したいと思わず、旦那の行動・判断を信頼しましょう。

簡単に「信頼する」というのは難しいことですが、まずは「何をしているか」と連絡を取りたくなったときにぐっと送信を思いとどまってみましょう。

自分自身の気持ちや、決断に自信を持つことも大切です。お互いがそれぞれの意見や考えを信頼し尊重できる関係が理想といえるのではないでしょうか。

6:無理をしないようにする

旦那が好きすぎるがあまり、家事育児などなんでもしてあげたくなっている人もいるでしょう。無理をして尽くすばかりの妻では、決して良い関係とは言えません。

妻である前に1人の人間ですから、旦那に大きく左右されすぎる必要はないのです。無理をしないようにするのが夫婦関係を良好に保つポイントです。

旦那が好きすぎる時の対処法を知ろう

旦那が好きすぎる妻の8つの特徴とは|好きすぎて困った時の対処法も紹介

「旦那が好きすぎる」ということは、決して悪いことではありません。しかし好意が重すぎて関係が悪くなり、離婚してしまうという最悪のケースは避けたいものです。

「離婚するほどでもないけれど、夫を好きになれない」など逆に旦那にイライラしがちな人は、旦那が好きすぎる妻達の好きでいるコツを参考にしてみてください。

夫婦がお互いの意見を尊重しあっている姿が理想の関係といえるでしょう。

もしどうしても「旦那のことで悩んでばかりいる……」と不安な場合は評判の電話占いで相談してみるのもいいかもしれません。

電話占い「ウィル」なら

・有名占い師が在籍の電話占い!
・初回3000円分もお試し無料!
・他にもお得な特典がいっぱい!

自分ひとりで抱え込まず対処法を見つけていきましょう。

▶夫婦の関係を相談したい方はこちら

 

▶役立つ情報をお届けするために読者アンケートにご協力ください!

Written by 焼肉ハナコ

焼肉ハナコの他の記事を読む