男性が好きな体位で心を丸裸に! 騎乗位好きな彼は実はドM!?

正常位、騎乗位、バックなどの体位がわりとオーソドックスと言われがちですが、世の中には様々な体位がありますね。

男性は男性同士で好きな体位トークなどしているところをよく見かけますが(笑)、女性はあまりそんな話にはなりませんよね?

でもきっと皆さん、体位によっての得意不得意はあるはずです。気になる人がもし、自分が苦手な体位を推奨する人だったらどうしましょう……。毎回のセックスが苦痛になるかも?

というわけで、男性が興奮する体位と、性格や態度から気になる男性が好きな体位をずばり推理しちゃいましょう!

男性が性的に興奮する体位とは?

男性の感じ方はみんな一緒ではないものの、気持ち良くて理性を失いやすくなる体位は結構共通しています。また、その傾向はやや「過激」だともいえるでしょう。

1.騎乗位

仰向けに寝る男性の上に女性がまたがる体位です。
正常位とは感じ方が全然違うという意見や、淫らに乱れる女性を視覚で楽しめるという意見がありました。また、自分は寝ているだけで楽な上に気持ち良いから好き、という男性もいました。

2.後背位

いわゆるバックです。
Sっ気のある男性が特に好むようですが、鏡の前で後背位に繋がり、鏡ごしに感じる女性の顔を眺めるのが好きという男性もいるようです。

3.対面座位

向き合って座りながら繋がる体位です。
正常位や後背位より深く繋がることができるから好きという意見や、女性の顔が近いのでキスしながらできて気持ち良いといった意見がありました。

男性が愛を感じる体位は?

快楽の度合いはさほど高くなくても、男性が女性との間に愛が深まると感じる体位があります。こちらは、細かな好みはいろいろあるにせよ、大抵の人が「正常位」を挙げるようです。

「正常位」は非常にスタンダードな体位ですが、だからこそ技巧に走ることもなく、安易に過激さを追求する訳でもなく、落ち着いてセックスを堪能できると好まれています。

また、男性が主導権を握る体位で、身体も自由に動かせるため、相手の女性へ愛撫しやすいそうです。彼女への愛が深いほど、あちらこちらに手が伸びるのだとか。

しかも、女性が感じる様子を余すことなく眺められるという点も、男性が精神的満足を得るポイントが高いといえます。

ほかには、「正常位で手を繋ぐと彼女への愛が高まる気がする」とか「正常位でキスをしながら身体を密着させると、一体感がすごい」などといった意見もありました。

ノーマルな正常位好きはむっつりスケベ!?

カップルの定番と言えばもちろん正常位。正常な体位という名前だけあってもはや言わずもがなでしょう。

様々な体位を繰り返したとしても、最後は正常位でお互いの愛を確かめたい! というのが女性の本音ではないでしょうか? しかし!!あなたの気になる人がもし「正常位好き」をアピールして来たら、それは必ずしも女性が正常位に対して思い描くものとは違います。

正常位が好きな人程、AVなどでアブノーマルな体位を楽しみまくっているということが考えられます。

もしくは過去に散々色んな遊びをして来たか…。この手の男性は、自分の彼女には純白を求めますからね。むっつりスケベの可能性大です!(笑)

支配欲満載! Sの十八番、バック好きは自信のなさの表れだった!?

バックを好む男性と言うのは、たいがい女性を支配している事に興奮をするのだそうです。

女性の背中とお尻を見て支配欲を感じるなんて変タ…、いえいえ(笑) 以前筆者の友人で、気になる男性とそう言う関係になったのに、バックしかしてもらえない。なぜ? と嘆いていた人がいました。

ちなみにその友人はネットで「バックを好む男性」について調べまくったらしく(笑)、結果、当然の事ながら男性のS傾向を示唆する様な記事が多かったらしいのですが、その中で興味深かったのが、「顔を見られない事に繋がるバックは男性の自信のなさの表れ」という内容の記事もあったのだとか。

これは確かに頷けます。本当のドSならば、女性の顔をがん見しながらプレイを楽しむのではないでしょうか。ん〜、バックは深い!

ラクしたがりな騎乗位好きはドMの願望!?

いきなり騎乗位から初める時、それはかなりの確率で女性が女王様気質のSである事が考えれます。

大抵はセックスの中頃で騎乗位を楽しむのではないでしょうか? だからこそなのですが、騎乗位は男性が疲れた時に女性任せにしたいが為の体位だと認識してしまいます。

しかしこれが、ドMの男性の多くがこの騎乗位ファンであることが筆者のリサーチにより発覚致しました(笑)バックが男性の支配欲を満たす為の体位であれば、騎乗位は逆に支配されている欲を満たす好意なのだとか。こういうタイプの男性は、乗りこなしてくれる女性を好きになるのかも知れませんね。ちなみに、バックが好きな人は騎乗位経験者はほぼいないというのも驚きのリサーチ結果です。

座位好きは一番ロマンチックだった!?

正面から向き合って顔を見ながらキスも出来て、抱き合う事も出来る座位。正常位とほぼ同じ? と思いがちですが実は違います。

正常の場合は、男性の体重を女性は感じられる事が出来ますが、男性からしてみると、正常位で抱き合うのは意外と力の入れ具合などが難しいのだそうです。その点、座位は何の負荷もなくただ抱き合えます。好きな人の体温を素直に感じられるこの体位好きな男性は、セックスにエロスよりもを感じたい、そう思える様なロマンチストなのかもしれませんね。

→どんな体位でも抜群にフィットするアソコを作るには?

結局のところ……

男性がアダルトビデオを見て、アクロバティックな体位に「すげぇーっ!」と興奮するのは、せいぜい二十歳まで。いい大人になれば、セックスは大好きな彼女との愛を確かめる、大切なひとときになるものです。

その中で、刺激を求めて普段はしない体位にチャレンジしてみることも、たまにはあるはず。初めて一夜を共にする女性には遠慮しても、気心の知れた彼女になら「こういうこと、してもいい?」とお願いしやすいでしょう。

彼がオスの本能をあらわにしてケモノのように身体を求めてきても、引かずに受け入れてみては? それまで知らずにいた未知の性の世界を垣間見るかもしれませんよ。

ヒナタの他の記事を読む


この記事どうだった?

41いいね!

12うーん…