男性が本命女性にするセックスはここが違う

私って本命なのかな? と少しの疑いを持ちつつも関係を続けてしまう…。
怖くて本音を聞けない…。

そんな時は、彼とのセックスを振り返って見ましょう。
男性は心に正直な生き物です。
その気持ちの全てはセックスに出ます!
本命女性とするセックスと、セフレとするセックスの違いをリサーチしてみました!

1130

 

「抱きしめる」「腕枕」「頭を撫でる」の本命三大要素

「抱きしめる」「腕枕」「頭を撫でる」は、男性が女性に対して、愛しい気持ちが込み上げて来てしてしまう代表的な三大行為です。あなたの彼がこれをしてくれるのであれば、ほぼ本命だと考えて間違いないでしょう。しかし、よく勘違いしてしまう事もあるので、以下にまとめてみました。

「抱きしめる」

正常位の時に盛り上がって抱き合う行為は抱きしめる行為には入りません。単純に「盛り上がって」起こる現象なので勘違いしないように。

本命に対して愛情が溢れて抱きしめる行為というのは、セックスが終わった後の賢者タイムでのシーン。あるいはセックス中でも、動きが止まって見つめ合う時間をわざわざ作って丁寧に抱きしめられるという行為がそれに該当します。

「腕枕」

セックスが終わった直後であればほとんどの男性が腕枕をしてくれるのではないでしょうか? それは男性側でも「腕枕をすると女性は喜ぶ」とインプットしているからです。セフレの場合でもする可能性はあります。だって喜ばせたら次もセックスさせてくれると勘違いするからです。

しかし、本命に対しては、そのまま眠ってしまった場合や朝をむかえてもずっと腕枕をしてくれます。眠ってしまう時、彼は腕枕をしてくれますか?

あ、それ以前に、セックスした後数時間で返ってしまったり、一緒に眠る時間がないのであれば、それは本命ではないと思います。

「頭を撫でる」

セックス中に頭を撫でられたからと言って本命とは限りません。セフレであっても例えば女性を盛り上げる為に演出として頭を撫でながらキスをしたりすることはあります。

これが本命の場合、抱き合う時と同じで、「何かをしながら」ではなく、行為を一旦止めて見つめ合いながらという要素が入ってきます。「可愛いなぁ」「愛おしいなぁ」という存在を愛でる時、それは「目」を見れば分かります。本命に対しての彼の目には愛情が映っているはず。

アブノーマルな行為はしない

本命女性に対しては、「嫌われたくない」「変態だと思われたくない」という思いがあるからこそ、AVの世界の様な行為はしません。

逆にセフレの場合は、「快感だけを求めるセックス」になるので、色んな事に挑戦したい! という男性の願望がもろに出る事になるでしょう。

今、良い関係の男性がそんな感じであれば、ちょっと怪しいかも知れません…。

しかし、アブノーマルな事を要求されるからといって、必ずしも「本命ではない」と言い切れるかと言えばそんな事もありません。

本命? セフレ?

確かめる為に、一度アブノーマルな行為を拒否してみましょう。その時の彼の反応が本当に申し訳ないと伝わるもので、なおかつその後もちゃんと連絡が来るならば、あなたは本命の可能性があります。

アブノーマルな行為を拒否したら突然冷たくなったり、連絡が来なくなるのであれば、悲しいけれどあなたは彼にとってセフレだったのでしょう。

 

→本命でも、セフレでも、いつでも最高のセックスを!!