美人じゃなくてもモテるテクは意外と簡単! 差別化を図って一歩リード

世の中には飛び切り美人じゃないのに、なぜかモテる女性というのが一定数存在しますよね。それはなぜなのでしょうか?

ちょっとしたテクでモテる人生とモテない人生なら、絶対的にモテる人生のが得だと思いませんか? 簡単なテクを使って他の人と差別化を図ってモテる人になりませんか?

モテテクその1:偶然を運命と思わせる

美人じゃなくてもモテるテクは意外と簡単! 差別化を図って一歩リード

人間は何度も顔を合わせていると、その人に対して安心感や親近感を感じるものです。同じクラスになった人と、自然と会話のきっかけが増えて仲良くなるのと同じような法則です。

まず1つ目のモテテクは、彼のことをそっと待ち伏せして偶然を装って一日に何度も顔を合わせるようにすることです。この作戦は誰にも絶対に悟られてはいけません。そして他の誰かに見つかってもいけません。

なかなか難易度が高いように感じますが、トイレから出たところで偶然遭遇したり、同じエレベーターに乗り合わせたり、会社を出るタイミングが同じような時間だったりと意外と偶然として処理されるタイミングはあるものです。

「今日はよく会いますね」とか「また会ったね」なんて言ってもらえたらグッジョブ。偶然はもしかしたら運命かもしれないと思ってもらえることもあるかもしれません。

モテテクその2:相手と同じ行動をする

美人じゃなくてもモテるテクは意外と簡単! 差別化を図って一歩リード

二人だけで話すきっかけがあったら絶対に実行してほしいのが、相手と同じ行動をするということ。心理学的にも自分と同じ動きをする人に親近感を感じるというのは証明されているようです。

彼がカップを持ち上げたらあなたもさり気なくカップを持ち上げて、彼が時計を見たらあなたも自然と時計を見て、あくまでも自然に見えるようにマネしていることがばバレないように行ってください。

これは二人きりで話している時だけではなく、グループ何人かでいる時も効果が期待できます。彼が足を組んだタイミングであなたも足を組んだり、注文をするタイミングで同じものを注文したり、「なんだか二人気が合うみたいだね」なんて誰かに言われたらしめたものです。

王道のテクニックでありながら、かなりの効果が期待できます。

モテテクその3:ギャップでドキッとさせる

美人じゃなくてもモテるテクは意外と簡単! 差別化を図って一歩リード

いつもはニコニコしている人なのに急に真剣な顔をしている時や、いつもはパンツスタイルなのにスカートをはいている時などはその女性のことを気になっていなくてもドキッとすることがありますよね。

自分の知らなかった一面を知った時は惹かれやすいのだと思います。いつもコンタクトを使用しているならたまにはメガネをかけてみたり、パンプスを毎日履いているなら急にスニーカーにしてみたりするのもいいかもしれません。

仕事帰りに出かけるからという口実で、いつもとちょっと違ったファッションでギャップを披露するのもいいでしょう。社員食堂やコンビニでランチを済ませているなら、手作り弁当で家庭的アピールをするのもオススメです。

料理ができる女性を嫌いな男性はいません。バリバリの仕事人間だと思ったら、実は家庭的な温かい面があったりするとグッときちゃいますね。

モテテク総集編:チャンスが訪れたら

モテテクを使って二人の距離を近づけることができたら、そのチャンスを絶対に逃してはいけません。あまりガツガツいくと惹かれてしまうことがあるのであくまで冷静にミッションを行ってください。

もし二人きりで一言でも話をする機会があったら、必ず相手の目をじっと見て少し顎を引き気味に口角をあげて話してください。顎を引くことで自然と上目遣いになり、口角をあげることで微笑みを浮かべることができます。

相手の目をじっと見つめることで、あなたの印象を深く植え付けることができます。一日に一度でもしっかりと目を見つめることができたら、きっとあなたのことを意識するようになるでしょう。

終わりに

いかがでしたでしょうか。
本当にこんな些細な努力でどうにかなるものなの? そんなに上手くいくの? なんて思う人もいるでしょう。

でも、モテテクはやるとやらないとでは大違いなのです。何もせずに相手からのアクションを待っているだけではダメ。様々なところにきっかけ作りの種をまいておきましょう。

miichikinの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…