自分の短所ってどう答えるのが正解? 面接で聞かれた場合の答え方

面接時に必ずといってもいいほど尋ねられる、自分の長所と短所。

長所については面接官に十分に伝えたいと思っても、短所となると、なんと答えるのが正解なのか分からないという人も少なくないのでは?

そこで今回は、面接時に自分の短所を聞かれた場合に、どう答えるのが正解なのか解説していきます!

そもそも短所を聞かれる意図とは?

自分の短所ってどう答えるのが正解? 面接で聞かれた場合の答え方

自分の長所を伝えるのは、面接官に自分の良さをアピールするためということは分かりますが、短所を伝える理由って何だと思いますか?

面接官が短所を聞くのは明確な意図があるので、正しく答えるためにはその意図を知っておくようにしましょう。

自分のことを客観的に見ることができる人かを判断する

短所があること自体がマイナスとなることはほとんどありません。

問題は、自分の短所を客観的に見ることができているかということです。

きちんと短所に気づいていれば、それを克服するための努力ができますし、入社後に周囲から短所について指摘されたときも受け入れやすくなります。

正直な人かどうかを知る

自分の短所を認めたり、他人に伝えたりするのは、簡単なことではありません。短所を素直に面接官に伝えることができる人は正直な人と言えるでしょう。

その人の人間性について知るためにも、面接官は短所について尋ねたいと思うものです。

社風や職種にマッチしているか判断する

短所について尋ねることで、その人が社風や職種にマッチしているかどうかを判断することができます。

例えば、営業職に応募しているのに「人見知り」「コミュ障」という短所を挙げたなら、その人はその職種に適していないと判断されるでしょう。

また、協調性が求められる職場で「一人が好き」「チームワークが苦手」という短所を挙げた場合も、社風に合わないと判断される可能性が高いです。

自分の短所を答える際のポイント

自分の短所ってどう答えるのが正解? 面接で聞かれた場合の答え方

自分の短所について答える際、思いついた短所をただ述べるのはNGです。

正直であることは必要ですが、面接官の質問の意図をよく汲み取った答え方をするようにしてください。

次のポイントを意識して伝えるようにしましょう。

短所をポジティブな言葉で伝える

「自分は〇〇なところがダメなんです」「□□が苦手です」というようにストレートに伝えてしまうと、面接官にプラスの印象を与えることができません。短所を伝える際には、伝え方にも気を配ることが大切です。

優柔不断を短所として挙げる場合、「優柔不断なところが自分の短所です」というとマイナスイメージに。

代わりに、「自分は物事を慎重に考えて、最善の決定をしたいと常に考える傾向があるので、決定するのに時間がかかることがあります」という風に伝えると、ポジティブな印象を与えることができます。

社風や職種に活かせる短所を伝える

すべての短所を正直に伝える必要はありません。面接官に魅力的な人材と思ってもらえるようにするためには、短所が社風や職種にマッチしていると思ってもらうことが大切です。

細かな作業が求められる職場では、「自分は心配性なので、何度も確認しないと気が済まない傾向があります。例えば……」という風に言いましょう。そうすれば、心配性な性格が仕事に活かせると面接官に思ってもらえるはずです。

短所を克服するように努力していることを伝える

短所を挙げる際は、短所を克服するように努力しているということをアピールするのも面接官にプラスのイメージを与えます。

例えば、「自己主張が強い」という短所の場合は、その短所を克服するために「他人の意見をまず聞き、問題がなければそれを受け入れるように努力しています」などと伝えるといいでしょう。

「短所は特にない」ではダメ?

自分の短所ってどう答えるのが正解? 面接で聞かれた場合の答え方

なかには短所を伝えることで、「自分のマイナス評価につながるのでは?」と考えて、短所を正直に伝えることをためらう人もいるようです。

しかし、短所がないという人はいません。自分の短所を伝えられないということは、自分を客観的に見ることができない人という印象を与えてしまいます。

また、不誠実とかプライドの高い人という風に判断されることでしょう。

短所について尋ねられたら、きちんと答えられるようにしておくことは大切です。

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…