毎日が辛い人の特徴と対処方法をご紹介

毎日が辛い、生きているのが苦痛。そう感じることはありますか?

周りの人達は幸せそうなのに、自分だけは虚しい日々を送っているように感じると、生きているのが辛くなることがありますよね。

今回は、毎日が辛いという状況から抜け出すために実践したいことをご紹介します。

毎日が辛い。そんな気持ちになる理由

毎日が辛い人の特徴と対処方法

大きな問題を抱えているわけでも、不幸に見舞われたわけでもないのに、毎日が辛い。

もしもあなたがそう感じているなら、それは自分の心に原因があるのかもしれません。

毎日が辛いと感じる人には、次のような傾向があります。

完璧主義

欠点のない完璧な人なんて世の中には存在しません。でも、完璧主義の人は自分に完璧を求めてしまいます。

理想とする自分と完璧にできない自分とのギャップに苦しみ、毎日ブルーになってしまうのです。

頑張りすぎ

頑張るのはいいことですが、頑張りすぎると疲れてしまって、毎日が辛いということに……。

また、頑張り屋さんの人は、自分が頑張りすぎているということが認められないことがしばしば。

そのため「もっと頑張らなきゃ」とさらに頑張ってしまいます。結果、余計に疲れてしまう悪循環に。

他人と比較してしまう

常に自分を他人と比較してしまうクセがあるなら、それも毎日が辛い原因になります。

「あの人はこれができるのに、自分はできない」とか、「あの人はこれを持っているのに、自分は持っていない」などと人と比べてしまうと、自分は他人よりも劣っていると考えるようになってしまいます。

ネガティブに考えるクセがある

ネガティブ思考の人は、将来についても悪いほうに考えてしまい、人間関係でも「あの人は自分のことを嫌っているのでは……?」などと後ろ向きに考えがち。

結果、毎日がハッピーとはならず、辛い日々を過ごすことになってしまいます。

自分を犠牲にしなきゃという気持ちが強い

周囲のことを優先しようとするあまり、自分のことを犠牲にしすぎると、感情面でもゆとりが持てません。

常に人に気を遣ってしまいますし、自分が犠牲にならなきゃと気を張って疲れてしまいます。

辛い毎日から脱出するためには、これをやめよう!

毎日が辛い人の特徴と対処方法

毎日が辛い人は、自分に厳しく、頑張りすぎている人がほとんどです。

この状態から脱出するためには、今やっている習慣・考え方のクセをやめるようにしましょう。

以下の点を実践すると、辛い毎日から脱出できるはずです!

できない自分を認めてあげよう

完璧な人なんていません。なので、自分にかける期待も控えめにしましょう。

向上する気持ちは持ちつつも、欠点のあるできない自分を認めてあげることで、辛いという感情から解放されるはずです。

他人と比較しない

他人と比較して、どちらが優れているとか劣っているとか判断することはやめましょう。

「人は人、自分は自分」と考えて、自分の成長を喜ぶようにします。

能力も限界も人それぞれに違うので、比較するのは落ち込む原因にしかなりません。

今に集中する

過去の失敗をくよくよと考えたり、起こりもしない悪い未来を思い描いたりしてもハッピーにはなれません。

「今」に集中して日々を大切に生きるようにすれば、同じ景色でも見え方が変わってくるはずです。

ポジティブに考えるクセをつける

毎日が辛い人の特徴と対処方法

ネガティブ思考では、どんなに良いことが起きたとしてもハッピーにはなれません。意識的にポジティブに考えるように努力しましょう。

仕事終わりに「今日も失敗しちゃった……ホント使えないって上司に思われているだろうな」と考えてしまうのなら、「今日もミスしちゃったけど、早く気づけたので大きな問題にならずに良かった!」とポジティブに考えるようにします。

最初は努力が必要かもしれませんが、毎日ポジティブに考えるようにすることで、自然とポジティブ思考になれるはず。結果として、辛い毎日から脱出することができるようになるでしょう。

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…