彼氏のことを信じられない時、あなたならどうしますか?

もしかして嘘をついていない?
本当に仕事で遅くなったの?
どうして真剣に考えてくれないの?

前に嘘をつかれた経験があったり、彼氏があなたの言葉に耳を傾けてくれない時「この人、信じられないなぁ」と思ってしまいますよね。

彼氏に不信感を持っている時、どうすればいいのでしょうか。

不信感を持つきっかけ

約束を守らない

彼氏のことを信じられない時、あなたならどうしますか?

彼氏の優先順位ってなんなんだろう? と思うこともあるはず。

急な仕事や体調不良なら納得できても、寝坊だったり、友人との約束を優先されると「私って無下にしていい存在? 何でも許すと思うの?」と言いたくなりますよね。

よく分からない言動

言葉を濁したり、連絡がとれない状態が続くと、信じられない気持ちが強くなります。

モヤモヤしていると、ごく普通のことでも疑ってしまったり、意味もなく冷たくしてしまうことがありますよね。

「彼氏のことがよく分からない」が原因で関係がこじれるのも、恋愛あるあるです。

矛盾した行動

前はこう言っていたのに今はこう言う、嫌いだと言っていたことをやり始める、こういった矛盾した行動も、信じられないきっかけになります。

誰でも気が変わったり、新しいことを始めたくなることはありますが、それとは違う「ハッキリと感じる矛盾」がありますよね。

話を聞いてくれない

今まではちゃんと聞いてくれた話を、聞いてくれなくなった……ということもあるでしょう。

「私に興味がなくなったの?」「私が苦しんでいてもいいの?」と思ってしまうかもしれませんが、関係が長く続けば続くほど、相手に寄り添ってあげる時間がなくなるのは仕方のないことかもしれません。

付き合いたては、何でも受け入れて同意してしまうことが多いのも事実。ただ、本当に聞いて欲しい時にそっけない態度をとられると、ショックが大きいですね。

どこがどう怪しい?

やましいことがなくても、つい焦ってしまうことは誰にでもあります。

重要なのは、回数とその後の対応。話を逸らしたり、納得できる説明がなかったり、同じことが続くと黒!

逆に、なぜそうなったのかをちゃんと彼氏から説明してくれたり、代案を立ててくれればスッキリしますね。

信じられない要素がひとつでもあると全ての言動を疑わしく感じてしまうので、その時その時で解決できるのが一番です!

本音を語らない心理

余計な心配をかけたくない時

彼氏のことを信じられない時、あなたならどうしますか?

例えば、仕事で悩みを抱えている時、仕事の話をあまりしない人もいます。

家族の話や体調も同様。「これは自分で解決すべきこと」と、多くを語らない人もいます。

分かってもらえないと思っている

職種や環境が違う彼氏の場合、どうせ言っても分かってもらえないから……と、話してくれないこともあります。

男心と女心の違いもありますね。

浮気をしている時

色々と誤魔化そうとしたり、やたら機嫌を伺ってくる時、何でもないことでも過剰に褒めてくる時は、浮気をしている可能性が高いですね。

やましいことがある時は、何とかその話題にならないよう必死になります。

興味が薄れている

相手に対する興味がなくなっていくと、言うことが曖昧になったり、気分で動くことが多くなります。

あなたとそれ以外の人に対して彼氏の反応が違う時は、マンネリ化しているのかもしれません。

信じられない時に考えてほしいこと

彼氏のことを信じられない時、あなたならどうしますか?

例えば、あなたが職場や友人関係で悩んでいる時、彼氏にちょっとそっけなくされただけで、この人だけは味方になってくれると思ったのに! と失望してしまうことがあるでしょう。

別の人から聞いた話に影響を受けて、もしかしたら彼氏も……と原因もなく不信感を持ってしまうこともあります。

信じられないのは、彼氏の言動からなのか、あなたやあなたの周りのことが影響しているからなのか、一度冷静に考えてみてください。

彼氏の言動が原因で「信じられない」と思った時も、いきなり別れ話をしたり、大切なことを話さず不機嫌になるのはよくありません。

彼氏のどんな言動にどういう思いをしたかをしっかり伝えなければ、あなたが不信感を持たれてしまいます。

千晶の他の記事を読む


この記事どうだった?

2いいね!

0うーん…