好きな人と目が合うのは脈あり? 男性はどう思って見ている?

気になる人ができたら、「相手も自分を好きになってくれたらいいな」と思いませんか。その為に、アプローチを頑張っている女性も多いでしょう。

例えば好きな人と目が合うと、ドキッとする女性もいるのでは。でも、これって実際のところ、脈ありなのでしょうか。

今回は、その可能性について考えてみました。

ただ見ているだけの可能性

好きな人と目が合うのは脈あり? 男性はどう思って見ている?

気になる人のことは、実際見る頻度が高いと思います。その理由は極めて単純で、相手のことが好きだからでしょう。

好きな人を見ると幸せな気分になるのはもちろん、意識せず見ている人も多いのでは……? そう考えると、好きな人と目が合うのは、それだけ相手のことを気にして見ている証拠、といえそうです。

しかし、好きな人と目が合うからといって、必ずしも脈ありとは言い難いです。例えば、あなたの困っている姿が目に入って、「大丈夫かな?」と心配の意味で相手は見ているのかもしれません。はたまた、あなたの服にゴミがついていて、気になって見ている可能性も。

この場合、残念ながら好意によるものではありませんが、興味のない人を気に掛ける人も少ないでしょう。案外好意の一歩手前、という可能性もあるかもしれません。

いずれにせよ、相手がどういう思いで自分のことを見ているのか、客観視する冷静さがあるといいと思います。相手が分かりやすい人なら様子から、好意の有無が見抜けるでしょう。

好意があって見ている可能性

好きな人と目が合うのは脈あり? 男性はどう思って見ている?

相手のことが気になって見ている可能性も充分あると思います。その場合、相手とよく目が合う機会が多いかもしれません。

お互いに接点が少ないけど、相手のことが気になって遠くから見ている……。そんな恋の状態、あなたにも心当たりがありませんか? 

好きな人のことは、気に掛ける意味でもつい見てしまうもの。愛おしさ故から、つい目で追いかけてしまうことも多いでしょう。

すなわち、両想いであることから目が合う状態です。相手によっては、恥ずかしさから目は合うけど、話はしない状態が続くかもしれませんね。

いわゆる、好き避けの可能性も考えられます。好きな人と目を合わせたいけど、時々しか目が合わない、合わせられない人もいるでしょうか。

あまり目が合わなくても、相手にはしっかりと好意がある。そんな可能性もあります。相手の言動を見つつ、相手の性格タイプも考えながら、相手の好意の有無を考えられるといいのかもしれません。

コミュニケーションの一環の可能性

好きな人と目が合うのは脈あり? 男性はどう思って見ている?

特に女性に多いかもしれません。相手と目が合ったら、ほほ笑み返す人はいませんか。相手への挨拶変わりに目と目を合わせて、アイコンタクトするのもコミュニケーションの一環です。

相手と目が合うのは、相手なりの挨拶の可能性もあるでしょう。しっかりとコミュニケーションを図ろうとする人ほど、目を合わせて相手の表情を読み取ろうとするはずです。

相手が好意によるものかはさておき。大事な存在だからこそ、目を合わせてあなたのことを気に掛けている可能性もあります。

例えば肉親、友人、仕事仲間がそうでしょうか。恋愛の好意とは違うかもしれませんが、大切に思ってくれているのは間違いありません。

終わりに

いかがでしたか。好きな人と目が合うのは、脈あり以外にも可能性があります。

脈ありかどうかは、相手を見なければハッキリしませんが。相手との関係性を客観的に見つつ、判断してみてはいかがでしょうか。

脈あり要素が薄ければ、ぜひアタック、アプローチを頑張ってみてください。

柚木深つばさの他の記事を読む


この記事どうだった?

3いいね!

3うーん…