好きな人にアピールしたい! GOODなテクとNGなテクをご紹介

好きな人ができたからといって、玉砕覚悟でいきなり告白! なんて行動に移るのはいただけません。好きな気持ちをアピールしつつ、相手との距離感を詰めていくのがベストな方法です。

この記事では、好きな人にさり気なく気持ちをアピールする方法をご紹介していきます。絶対にやってはいけないNGなアピール方法も書きますので、ぜひ参考にしてみてください。

GOODなアピール方法

相手のことを褒める

好きな人にアピールしたい! GOODなテクとNGなテクをご紹介

好きな人を褒めることは、誰にでも簡単にできるアピール方法になります。元々好きなわけですから、褒めるポイントも容易に見つかるはずです。

「髪切ったんですね。前よりも爽やかな感じになりましたね」
「その洋服、オシャレですね。いつもどの辺りにお買い物に行くんですか? 」

これらの誉め言葉は会話のきっかけとしても不自然にはなりませんし、何より女性に褒められて悪い気持ちになる男性はまずいません。

ポイントは性格など内面を褒めるよりは、目に見えて分かりやすい外見の部分を褒めてあげること。仲良くなる前から性格や仕事ぶりなどをあまりに持ち上げすぎると「何か裏があるのか?」と勘繰られたり「俺のことがなぜそんなに分かる?」と警戒されがちだからです。

LINEには絵文字も混ぜる

いつもは素っ気ない感じのLINE(ライン)をしているあなたでも、好きな人に送る場合には絵文字を混ぜたりして、女性らしい柔らかな印象の文章になるように心がけましょう。

絵文字などが一切ない文章だとなんだか事務的ですし、ちょっと冷たい人という印象を与えてしまうので、好きな人にアピールするのには向きません。送るならニッコリマークの絵文字がオススメですが、もうちょっと仲良くなることができているのならハートマークを送れば相手をドキドキさせることができます。

女性からハートマークの絵文字が入ったLINEがくると、男性は「俺に気があるんだろうか」と意識を始めます。上手く意識させることができれば、相手にもあなたのことを好きになってもらいやすくなります。

さり気なくボディタッチをする

好きな人にアピールしたい! GOODなテクとNGなテクをご紹介

こちらは相手とだんだん仲良くなってきたと思ったら、使えるアピールテクニックです。もちろんベタベタと触ったり、馴れ馴れしかったりするのは絶対にNGですよ!

ボディタッチはしすぎると、逆効果なアピール方法になります。好きな人に「男がいなくて欲求不満なんだろうか?」なんて思われたとしたら、最悪ですよね。

上手なボディタッチは、あくまでもさり気なくすることです。洋服の袖をツンツンと引っ張ったり、後ろから呼びかける時に「ねえねえ」などと言いながら軽く背中を叩いたりする程度の軽いボディタッチが有効です。

なかなかそんな勇気が出ない人は、飲み会の席などで好きな人の隣に座ってボディタッチを試してみましょう。お酒の席ならば肘に軽く触れたり、冗談っぽく肩を叩いたりしても不自然にはなりません。

女性からボディタッチをされた男性は、かなりの確率でドギマギしてしまうことでしょう。

NGなアピール方法

しつこくLINEをする

好きな人にアピールしたい! GOODなテクとNGなテクをご紹介

いくら好きな人にアピールをしたいからといって、返信もまだなのにLINEをどんどん送りつけるような行動は絶対にNGです。確かに好きな人にLINEを送ったのに未読スルーや未読スルーをされると、こちらとしては不安になってしまいます。

「返信しにくい内容を送ってしまったかな」
「つまんないLINEだと思われちゃったのかな」
などと不安な気持ちが渦巻き、次のLINEを送ってしまいそうになりますが、そこはぐっとこらえて相手からの返信を待ちましょう。

相手は仕事が忙しく、後で返信をしようと思っているのかもしれません。友達と会っている最中かもしれません。そこに矢継ぎ早にLINEが入ってきたりしたら「しつこいな、メンヘラなのかな?」なんて思われたりして、良い印象は絶対に与えることができませんよ!

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…