簡単にやる気を出す方法。これを実践すれば、もう悩まない!

やるべきことはたくさんあるのに、何だかやる気が出ない。そんなことはありますか? 「もうすぐテストなのに、何だか勉強する気にならない」「部屋が散らかっているけど、片づける気にならない」

やる気を出すべきタイミングで、やる気が出ない自分にガッカリしてしまうことってあるのではないでしょうか?

そこで今回は、やる気が出ないという時でも、簡単にやる気を出す方法をご紹介します。

明確な目標を立てる

簡単にやる気を出す方法。これを実践すれば、もう悩まない!

やる気を出す為には、明確な目標を立てるのがオススメです。

目標を立てる際に注意したいのが、明確な目標にすること。テストで良い点を取るとか、できる限り頑張るといった漠然とした目標だと、やる気には繋がりません。

「テストで〇点以上取る」とか「〇番以内に入る」といった具体的な数字を挙げるようにしましょう。

ダイエットなら、「1カ月で2kg痩せる」という具合に。部屋の片づけができないなら、「今週の日曜日はリビングを片づける」「次の土曜日は、キッチンの整理整頓をする」という風に、少しずつやるようにすると、やる気を出すことができるかも!

頭の中を整理する

やるべきことがたくさんあると、「あれもこれもしないといけない」と頭の中がパニックになってしまって、結果としてやる気が出ない原因になってしまいます。なので、まずは頭の中を整理しましょう。

頭の中の整理をする方法としては、

①やるべきことをリストアップする
②それぞれのやるべきことの期限を書く
③どれからやっていくべきなのか決める

というものです。

頭の中で「あれもこれも」と考えるよりは、紙に一度書き出すのがオススメです。

そうやって書き出すことで、やらないといけないことは思っていたよりも少ないということに気づくこともあります。

また、意外と期限までに時間があることに気づくことだってあるでしょう。

きちんと頭の中を整理すると、まずやるべきなのは何なのかを明確にすることができ、それぞれやるべきことの期限もハッキリさせることができます。

なので、「よし、ひとつずつ終わらせよう!」と、やる気を出すことができるはずです。

成功した人のサクセスストーリーを読む

簡単にやる気を出す方法。これを実践すれば、もう悩まない!

困難な状況に直面しながらも、努力を続けて成功したという人のサクセスストーリーを読むと、刺激になります。

「自分もこんな人になりたいな」とか、「自分が直面している問題なんて、大きなことじゃないな」と感じて頑張るきっかけにもなるものです。

何だかやる気が出ないという時は、成功した人のサクセスストーリーを読んで、刺激を受けてください。

ご褒美を用意する

簡単にできるのが、ご褒美を用意すること。嫌な仕事でも、頑張った後にご褒美があるとなると、やる気が出るもの。テスト勉強や家の中の整理整頓といったことだって同じです。

「〇点以上取れたら、〇〇を買う」とか、「リビングの片付けが終わったら、ケーキを食べる」とか……。

そんなちょっとしたご褒美を自分に用意するだけでも、やる気を出すことができるはず。

5年後、10年後の自分をイメージする

簡単にやる気を出す方法。これを実践すれば、もう悩まない!

やる気が出ない時は、5年後、10年後の自分をイメージするのもオススメです。

このままの生活を送っていると、5年後、10年後の自分はどうなっているのかイメージしてみましょう。

明るい将来がイメージできるでしょうか? それとも、理想とする自分の姿とは遠く離れてしまうでしょうか?

「このままではヤバい」と感じるなら、脳は危機感を覚えます。

「やる気が出ない」とダラダラしていたのが、「このままじゃダメだ!」となるので、変化を臨むようになります。結果として、やる気を出すことができるようになるでしょう。

どんな自分になりたいかを具体的にイメージしておくと、やる気を持続させることができるはずです。

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…