男性の「一人が好き」という言葉に込められた本当の意味とは?

「誰かと一緒にいる方が楽しいし安心する」という人もいれば、「一人が好き」という人もいます。

「一人が好き」という言葉には色々な解釈の仕方がありますが、男性が女性に対して「一人が好き」という場合、どのような意味が込められているのでしょうか。

「一人が好き」と言う男性心理とは?

一人で行動するほうがラク

男性の「一人が好き」という言葉に込められた本当の意味とは?

集団から一定の距離を置き、常に一人で行動しているような人は「人間嫌いなのではないか」などとネガティブなイメージを持たれることもあります。

しかし、人間嫌いが理由で一人で行動している人は少数でしょう。「一人が好き」という人は、ただ単純に一人で行動するほうがラクだから一人でいることが多いのです。

他人と一緒に何かをすることが嫌いなのではなく、一人でできることはさっさと一人でやってしまおうという気持ちなのでしょう。

趣味の時間が最優先

時間を忘れるほど没頭できるような趣味を持っている人は、自分の趣味の時間を何よりも最優先するという人が多いです。

「彼女とデートするよりゲームの続きをやりたい」「中身のない飲み会に行くより自分の趣味に時間を使いたい」という感じです。

社会人になると自由な時間がなかなか取れない人が多くなりますから、一人で趣味に没頭する時間はとても貴重な時間と言えます。

このタイプの「一人が好き」という男性は、自分の時間の邪魔をされることを最も嫌うので、一人の時間を尊重してくれる女性としかお付き合いしないでしょう。

他人に気を遣いすぎて疲れるから

男性の「一人が好き」という言葉に込められた本当の意味とは?

「一人が好き」という人の中には、集団の中にいると周囲に気を遣いすぎて疲れてしまうため、一人でいる方が気楽でいいという人もいます。

常に周囲に気を配っているので、他人からは「人当たりのいい人」「優しい人」という印象を持たれることが多いです。

このタイプは集団の中にいることが苦痛というわけではないのですが、長い間集団の中にいると気疲れしてしまうようです。

気を遣いすぎて疲れてしまう事がわかっているので、一人の時間も大切にしてバランスを取っているのでしょう。

誰かと一緒にいることに価値を見いだせない

誰かと一緒に過ごすことで楽しい気持ちを共有することに、全く価値を見いだせないという人も存在します。人間が嫌いという訳ではないが、誰かと一緒にいる必要がないと考えている人です。

美味しい食事は一人で楽しめるし、映画は一人でゆっくり鑑賞したい。「自分がどう感じるか」が重要なのであって、他人がどう感じるかに対して興味がないということでしょう。

このタイプは、孤独に強いという強みがありますが「他人と喜びを共有する」という心理が理解できないため、周囲から「付き合いの悪い人」「冷たい人」と誤解されることが多いようです。

女性に「一人が好き」と言う男性の本音

男性の「一人が好き」という言葉に込められた本当の意味とは?

男性が女性に向かって「一人が好き」という場合、本来の意味とは違う心理が隠れていることがあります。

つまりその女性に対して興味がないので、アプローチされては困るという本音が隠れている場合があるのです。

「一人が好き」と言うことで、「僕に構わないで」という意思表示をしていることになります。「一人が好き」という主張を周囲の皆に公言しているのであれば、純粋に「一人が好き」な男性でしょう。

しかし、特定の女性に対してだけ「一人が好き」という場合は、あなたと一緒にいるより一人でいる方がいいという意味が込められている可能性があります。

一人が好きな理由はさまざま

「一人が好き」という言葉には、その人の性格や意思表示など、実はさまざまな意味が込められています。

「一人が好きな人は人間嫌いだ」などの先入観があると、その本当の意味を理解してあげることができないでしょう。

「一人が好き」という人の多くは、自己主張が強くこだわりが強い傾向があるので、本人の意思をできるだけ尊重してあげるようにすると、上手く付き合うことができるでしょう。

EMILYの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

2うーん…