「絶対やだ」40代男性の一部に結婚願望が一切ない理由!

突然ですが、あなたは結婚願望をお持ちでしょうか? ここ最近は婚姻率も低調で、反比例して離婚率は高い水準のようですが、そうはいっても結婚にはある程度メリットも多いところですよね。

筆者はぼちぼちアラフォーになってしまいましたが、周囲の同世代を見渡すと「とりあえず結婚したいなぁ」と話している同性は結構少なくありません。ただし、中には「俺は結婚しなくていいよ」とか「結婚はそもそも考えてないなぁ」と言うタイプもちらほら。

実際、筆者も結婚願望が全くないのですが、この手の40代男性たちの心の中の、何がそんなに結婚を疎ましく思わせるのでしょうか。

今回は、その理由を紹介してみたいと思います。現状、「40代男性と恋愛をしていて、相手がなかなか結婚という言葉を口に出さない」という方はぜひ、目を通してみてくださいね。

40代男性の本音「ここまで独身だった俺に家庭を持つ責任は重い」

「絶対やだ」40代男性の一部に結婚願望が一切ない理由!

まず、40代男性がなぜ結婚に後ろ向きになってしまうのか。この手のタイプの男性に一番ありがちな理由から書いていきましょう。

ズバリ、「今まで独身を謳歌してきた俺が、妻子を養うという責任を担えるだろうか」っていう自問自答。これに悩む男性は大勢います。

よしんば夫婦二人でなら金銭的な問題もクリアできるかもしれませんが、これに子供が加わると、かなり無理をしないと満足に生活を送れないという男性。決して少なくありません。

お金がないと、家族を養うことはなかなか難しく、共働きをしても、もしどちらかが倒れれば心中間違いなしですし。

それなら過剰なプレッシャーを背負うようなことはせず、結婚もあきらめて独身貴族を貫き、適当に一人で生きて死ぬ。そのほうがいいと考える40代男性は、この時代には多いといえるでしょう。

40代男性の抱く「結婚=幸福ではない」という考え方

「絶対やだ」40代男性の一部に結婚願望が一切ない理由!

また、結婚願望を持たない40代男性の一部には「そもそも結婚が幸せとは思えない」という意識もあるところです。たとえば両親が不仲であったとか、金銭面で苦労をしたとか、そういう子供のころの記憶がある男性って、いくつになっても結婚に後ろ向きなんですよね。

「結婚したところで……」という考えを持っているわけなので、結婚そのものにメリットを感じにくい体質になっちゃってます。

実際に筆者もこういうタイプですが、恋愛をするのはいいけど、結婚は願い下げといった心境で今日まで生きてきました。で、人って自分の価値観はそうそう変えられない生き物ですよね。

40年近くそういう価値観を抱いてしまった以上、たとえば意図せぬ相手の妊娠といった事態が発生しないかぎりは、なかなか腹も決まらないものです。この手の40代男性たちは、結婚を素晴らしいと思える感覚は、備わってすらいないのです。

おわりに

「絶対やだ」40代男性の一部に結婚願望が一切ない理由!

もしあなたに40代男性の彼氏がいて、その彼氏といずれ結婚して一緒になりたいなら、これはかなり根気強い説得が必要でしょう。

結婚願望の強い男性は、若いうちにさっさと結婚しています。40代以降になっても結婚に憧れる男性は、婚活パーティーに足しげく通っていることでしょう。

そうではない40代男性たちは、つまるところ「結婚なんか無駄」という考えに支配されています。そういう男性の興味を結婚に向けるのは、並大抵のことではありません。少なくとも筆者は、結婚なんて絶対したくないですし、そういうアラフォーは今結構いるんですよね……。

松本 ミゾレの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

1うーん…