いつまでも心に残る別れの言葉。5つの例文をご紹介!

付き合っている彼氏と別れたくなった時、あなたは相手にお別れの言葉を伝えなければなりません。そうしないと、いつまでもズルズルと関係が続いてしまいます。

別れたい理由には色々ありますよね。相手の浮気や裏切りならば振りやすいですが、「なんとなく価値観が合わない」「もう、好きな気持ちがなくなった」などといった自分の責任も大きい理由ならば、別れの言葉は慎重に選ぶ必要があります。

ひと時でも彼氏だった人を深く傷つけることなく、大人の女性として綺麗に別れの言葉を言いたいものですよね。

「あなたと付き合えて、楽しかった」

いつまでも心に残る別れの言葉。5つの例文をご紹介!

別れの言葉を伝えた後とは、バイバイをします。その時に「付き合えて楽しかったよ! 」と笑顔で言われて、恨みに思う男性がいるでしょうか。

もちろん、ラブラブで付き合っている最中は、実際にお互いに楽しかったはずです。そんな気持ちは素直に言葉にして伝えてあげてください。彼氏の心に響く、別れの言葉となることでしょう。

「今まで、ありがとう」

付き合っている時には、彼氏には色々と親切にしてもらっていたはずです。毎回食事代を出してもらったり、記念日や誕生日には高価なプレゼントを貰ったりしていた人もいるかもしれませんね。

良くしてもらったことについては、きちんと感謝の思いを言葉にして伝えましょう。たとえ最終的に彼氏の浮気や裏切りが原因で別れるのだとしても、優しくしてもらったことには変わりありませんよね。

ありがとうという感謝の言葉は、むしろ彼氏に「こいつ、いい女だったな」と思わせられる可能性も大の台詞です。どうせ別れるのなら、あなたという存在を「素敵な女だった」と昇華させてやりませんか?

「体に気をつけて、頑張ってね」

いつまでも心に残る別れの言葉。5つの例文をご紹介!

これもあなたの優しさをアピールできる、良い別れの言葉です。特に彼氏が激務で会う時間が取れずに破局する……なんて場合には使える言葉ですよね。

相手の健康を気遣うようなそぶりを見せつつ、思いやりが多分に含まれた素敵な別れのワンシーンが演出できることでしょう。

「幸せを祈ってる」

この言葉には、かなり女の打算が含まれていることがお分かりですよね? 彼氏の浮気やその他で別れる羽目になった場合、「不幸になってしまえ!」と考えて呪いの念を送ってしまうことが普通ですから(笑)

そこをぐっとこらえて、「あなたが幸せになることを祈ってるね」という別れの言葉を伝えられたとしたら、あなたは素敵な大人の女性に一歩近づけます。

別れる彼氏のことを恨んだり不幸を願ったりしても、仕方がありません。他人の幸せを願うことができて、それを言葉で表せるようなあなたには、もっともっと素敵な新しい彼氏がすぐに現れるはずですよ!

「後悔しても知らないよ~」

いつまでも心に残る別れの言葉。5つの例文をご紹介!

これは、ちょっと冗談めかして言うと効果的な別れの言葉になります。こう言われると男性は「惜しいことをしたかな?」「もしかしてもう新しい男がいるのかな?」なんて、あなたのことが気になりだします。

あなたが復縁を望んでいても、いなくてもかまいませんが、彼氏の心に打撃を与えてから別れる方が、気持ちがスッキリすると思いませんか?

もちろん、いつの日かどこかでバッタリ再会でもした時に、「やっぱりあの時に別れてよかった!」なんて思われることが決してないように、女磨きは常日頃から怠らないでおきましょうね。

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

1うーん…