女性が別れを考える瞬間とは? 上手く恋愛を終わらせる別れの言葉11選

本記事では、女性が別れを考える瞬間とはどんな時か、上手く恋愛を終わらせる別れの言葉11選について紹介していきます。

恋愛関係は始まりがあれば、終わりがくることもあります。良い終わりにできるよう、別れの言葉を考えていきましょう。

誰でも心に残る別れの言葉がある?

付き合っている彼氏と別れたくなった時、相手にお別れの言葉を伝えなければなりません。そうしなければ、いつまでもズルズルと関係が続いてしまいます。別れたい理由はさまざまですが、気持ちの良い終わり方にしたいと思うでしょう。

本記事では、女性が別れを考える瞬間とはどんな時か、上手く恋愛を終わらせる別れの言葉11選について紹介していきます。大人の女性として綺麗に別れの言葉を伝えられるよう参考にしてください。

女性が別れを考えてしまう瞬間4選

はじめに、女性が別れを考えてしまう瞬間4選について紹介します。別れを考えるには相応の理由があるでしょう。

女性が別れを考えてしまう瞬間には、彼氏が冷たいと感じた時・彼氏のことが好きじゃなくなった時・お互い成長し会えないと感じた時・将来が考えられなくなった時などがあります。

1:彼氏が冷たいと感じた時

女性が別れを考える瞬間とは? 上手く恋愛を終わらせる別れの言葉11選女性が別れを考えてしまう瞬間として1つ目は、彼氏が冷たいと感じた時です。例えば、LINE(ライン)の返信が遅くなったり、既読のままにされてしまったり、以前は「好き」とこまめに言ってくれたのに一切言わなくなった、会う頻度が減った、などです。

交際期間が長くなると愛情が深まるものと考える女性もいますが、男性は逆に一緒にいることに慣れると安心してしまい、女性に対して尽くさなくなる傾向が強いでしょう。実際に冷めてしまった場合もありますが、そうでない場合はある程度許容しないと面倒な女性と感じられます。

2:彼氏のことが好きじゃなくなった時

女性が別れを考えてしまう瞬間として2つ目は、彼氏のことが好きじゃなくなった時です。一緒にいることで徐々にときめきが薄れてしまい、彼を特別好きだと思わなくなった経験がある人もいるでしょう。

また、約束を破られたり、大事にしてもらえなかったり、嫌なことをされ続ければ「こんな男もう嫌だ」と思ってしまうこともあるでしょう。傷ついても、初めは好きな気持ちが強かったものの、何度も繰り返されると次第に気持ちが冷めて別れを意識しはじめます。

3:お互い成長し会えないと感じた時

女性が別れを考えてしまう瞬間として3つ目は、お互い成長しあえないと感じた時です。お互いの長所、短所がうまくかみ合って成長できるカップルもいれば、依存し合い後退してしまうカップルもいます。

お互いに気持ちの度合いが高い時は冷静になれないため、成長しあえないことに気づきにくいでしょう。付き合いに慣れ、ふと冷静になった時に「彼との付き合いは自分にとってマイナスかもしれない」「彼にとっても私の付き合いはよくなかったのではないか」と気づきます。

4:将来が考えられなくなった時

女性が別れを考えてしまう瞬間として4つ目は、将来が考えられなくなった時です。若いうちはその時充実していれば、あまり気にしない点ですが、30代が見えてくると結婚や出産を考える女性もいるでしょう。

女性は結婚を考えられない相手の場合、高確率で別れを考えます。仕事に対する姿勢、金銭感覚や親への依存度など「無理だな」と感じればそれまでです。将来一緒にいることが見えないと別れを意識するでしょう。

上手く恋愛を終わらせる別れの言葉11選

次は、上手く恋愛を終わらせる別れの言葉11選について紹介していきます。別れの言葉を考える上でポイントは、別れる彼氏に対してどんな印象を残したいかも考える必要があるでしょう。

良い女として印象に残したい場合は、感情に任せたことは口にせず、言葉選びに慎重にならなければなりません。

別れの言葉には、「いい人見つけてね」「お仕事頑張ってね」「ずっと忘れないよ」「楽しかった・幸せだった」「もっと一緒にいたかった」「体に気をつけてね」「応援してるよ」「あなたを好きになってよかった」「後悔しても知らないよ」などがあります。

1:いい人見つけてね

女性が別れを考える瞬間とは? 上手く恋愛を終わらせる別れの言葉11選「いい人見つけてね」は、私とあなたは相性が悪かったという意味が込められるため「付き合ったことが失敗だったかな」という気持ちにさせてしまいます。ただ、前向きな言葉に変わりなく、悪いことは言っていないので、さっぱりしたいい女には違いないでしょう。

彼の次の恋を後押しするセリフなので笑顔でこの言葉をいえれば、完全に自立したかっこいい女という印象が残ります。この言葉を言われた彼の方が振られたような気分になる可能性もあるでしょう。

2:お仕事頑張ってね

「お仕事頑張ってね」は、仕事面での彼を応援する温かい言葉です。彼の仕事が忙しいことで別れることになった場合は、この言葉は余計に彼の心に刺さるでしょう。

「最後まで応援してくれていい子だったな」と感じます。別れた後に、今まで彼女に支えられていたことに気づくでしょう。

3:ずっと忘れないよ

「ずっと忘れないよ」は、別れても思い続けていることをアピールできる言葉です。男性は、自分のことを愛してくれる女性がいることを嬉しく思うでしょう。

「やっぱりあなたが必要だ」と思えば、やり直そうと勇気を出して声をかけてくれる可能性もあるでしょう。彼にまたカップルになるチャンスがあるとアピールできる言葉です。

4:楽しかった・幸せだった

「楽しかった・幸せだった」は、お礼の言葉です。「あなたとの思い出は良いものだった。そんな時間をありがとう。」という意味が含まれています。

丁寧にお礼をいう彼女は、彼氏の心に響き温かい思い出のつまった別れの言葉になるでしょう。「良い彼女だったな」と後々思われたい場合に選択しても良い言葉です。

また、交際に未練はない時に伝える言葉でもあるため、まだやり直したいと思っていて、別れる決断を撤回してほしい時は言うべきではないでしょう。

5:もっと一緒にいたかった

女性が別れを考える瞬間とは? 上手く恋愛を終わらせる別れの言葉11選「もっと一緒にいたかった」は、後悔の気持ちを含んでいるため、未練ありの言葉になってしまうでしょう。強がりや嘘をつきたくない時は、正直にこの言葉を伝えてみましょう。

男性は付き合った女性がいつまでも自分のことを好きだと思ってしまうところがあります。こんなかわいいことを言えるあなたを、特別な存在として記憶に残すでしょう。

一度別れても「あんなに思ってくれる女性はいなかった」「俺ももっと一緒にいたかったな」と彼が思えば復縁の可能性も出てきます。

6:体に気をつけてね

「体に気を付けてね」は、あなたの優しさをアピールできる良い別れの言葉です。特に彼氏が激務で会う時間が取れずに破局する場合に使える言葉でしょう。

相手の健康を気遣うようなそぶりを見せつつ、思いやりが含まれた素敵な別れのワンシーンが演出できます。

7:もっといい人見つけてね

「もっといい人見つけてね」は、自分よりも、という部分が含まれています。自分の至らなさで彼の心が離れてしまった時に出てくる言葉でしょう。

彼の幸せを祈っていることには変わりがないので、悪い印象には映りません。ただ、この言葉を選んでしまうと「私ではだめだった」という事実を口にして受け止めるため寂しく感じる部分があります。

8:応援してるよ

「応援してるよ」という言葉には、かなり女の打算が含まれていることが分かります。素直にそのままの意味で受け取る男性もいれば、不気味に感じてしまう男性もいるでしょう。

彼氏が原因で別れる羽目になった場合「不幸になってしまえ」などと考えて、応援をする気にもなれない場合もあるでしょう。ただ、そこをぐっとこらえて「応援してるよ」という別れの言葉を伝えられたとしたら、あなたは素敵な大人の女性に一歩近づけるでしょう。

別れる彼氏を恨んだり不幸を願ったりしても仕方がありません。他人の幸せを願うことができて、それを言葉で表せるようなあなたには、素敵な新しい彼氏がすぐに現れるでしょう。

7:大切な思い出だよ

「大切な思い出だよ」は、「一緒に過ごしたこれまでの思い出は宝物だよ」というニュアンスが含まれています。

人生の中で出会える人間は限られていて、付き合えた人はほんの一握りです。「出会えたこと、一緒に過ごして楽しかったこと、これは私の中で思い出として残るよ」という思いを伝えるのにぴったりです。

8:今までありがとう

女性が別れを考える瞬間とは? 上手く恋愛を終わらせる別れの言葉11選「今までありがとう」は、言葉のとおりこれまでの感謝を伝えています。別れを受け入れて次のステップにお互い進もうという意味が込められているため、別れの言葉として後味は悪くないでしょう。

付き合っている時には、彼氏には色々と親切にしてもらっていたり、毎回食事代を出してもらったり、記念日や誕生日には高価なプレゼントを貰ったりしていた人もいるでしょう。

良くしてもらったことについては、きちんと感謝の思いを言葉にして伝えましょう。たとえ最終的に彼氏の裏切りが原因で別れるのだとしても、優しくしてもらったことには変わりありません。

「ありがとう」という感謝の言葉は、むしろ彼氏に「いい女だったな」と思わせる可能性大のセリフです。どうせ別れるのであれば、あなたという存在を「素敵な女だった」と昇華させてみましょう。

9:次の彼女とも仲良くね

「次の彼女とも仲良くね」は、彼氏が次の恋愛でも幸せに過ごして欲しいという明るい意味が込められています。「次も」という部分で「自分とも良い恋愛だったよ」という意味も含まれているので、一切恨み言はないことも感じ取れるでしょう。

この言葉を聞いた彼は「これまで良い関係でいられたのだな」と感じ、別れることで罪悪感を抱かずにすみ、あなたに対して良いイメージが残ります。

10:あなたを好きになってよかった

「あなたを好きになってよかった」は「良い恋愛として思い出に残るよ」という意味として伝わります。お互いの方向性が違い別れる決断に至っても、付き合った時間は幸せで好きでいられた時間はキラキラとした思い出には変わりありません。

二人の関係が終わってしまっても、忘れないで欲しい気持ちも含まれることもありますが、素直に言えるあなたを彼は素敵な女性として感じ、同じように「好きになってよかったな」と感じてくれるでしょう。

11:後悔しても知らないよ

「後悔しても知らないよ」は、ちょっと冗談めかして言うと効果的な別れの言葉になります。こう言われると男性は「惜しいことをしたかな」「もしかしてもう新しい男がいるのかな」と、あなたのことが気になりだします。

あなたが復縁を望んでいてもいなくても、彼の心に打撃を与えてから別れる方が、気持ちがスッキリするということもあるでしょう。

もちろん、いつの日かどこかでバッタリ再会でもした時に「やっぱりあの時に別れてよかった」なんて思われることがないように、女磨きは常日頃から怠らないでおきましょう。

別れの言葉で注意したい点3選

最後に、別れの言葉で注意したい点3選について紹介します。別れの言葉で注意したい点には、感情的にならない・しっかり話し合う・嘘をついたりごまかさないがあります。

始まりがあれば、いつか終わる形を迎えることは当然あります。最後をどう良い形で迎えられるかで次へのステップが明るいものになるでしょう。特に、別れに至った責任が自分にある場合は、別れの言葉は慎重に選ぶ必要があります。

1:感情的にならない

女性が別れを考える瞬間とは? 上手く恋愛を終わらせる別れの言葉11選別れの言葉で注意したい点として1つ目は、感情的にならないことです。感情的になると、相手をののしることに必死になってしまいます。

「私はこんなに愛情を持っていたのに」「こんなに傷ついたよ」など、自分の辛かった気持ちを分からせようとしても相手の心には響きません。「めんどくさい女だな」と感じられてしまうだけで逆効果でしょう。

きっぱりと別れたい場合は冷静な対応が求められます。淡々と別れ話を進めた方が後味も良いでしょう。

2:しっかり話し合う

別れの言葉で注意したい点として2つ目は、しっかり話し合うことです。これまでの関係をきっぱり終わらせるためには、お互い納得できるようしっかりと話し合いましょう。

長い年数付き合ってきた、結婚を考えていた、お金の貸し借りがある、今一緒に住んでいるなど片方が簡単に別れたいからといって別れられる問題ではありません。

できれば、落ち着いて二人きりになれる場所で話し合いましょう。周りの雑音や周囲の目を気になると話に集中できません。

3:嘘をついたりごまかさない

別れの言葉で注意したい点として3つ目は、嘘をついたりごまかさないことです。関係を終わらせる場面で、嘘をつくのは相手に対して誠意が欠けています。嘘がバレた時は信用を失い「結局嫌な女だったのだな」と思われる可能性があるでしょう。

例えば、本当は他に好きな人ができたのに「仕事が忙しいから」「一度一人になってみたくて」など、嘘をつくことです。

きっぱり別れて縁が切れれば良いですが、共通の知人からいつ情報が洩れるかわかりません。変に恨みを買う必要もあるため、別れの理由などは、できるだけ正直に言うほうがいいでしょう。

別れの言葉次第で気持ち良い別れ方ができる

別れの言葉は、恋人という立場での最後のメッセージとなります。その一言で、お互いの今後の人生や恋愛に影響を与える可能性があることがおわかりいただけたのではないでしょうか。

最後まで恋人でいられたことに感謝し、お互いが前向きに踏み出すことができるような関係でいられると、綺麗な思い出として終われるでしょう。

「お仕事頑張ってね」「今までありがとう」「あなたを好きになってよかった」など、別れの言葉次第で気持ち良い別れ方ができます。過去の恋を綺麗に終わらせて、次の幸せを見つけていきましょう。

百花繚乱の他の記事を読む