天然魔性の女の特徴を男子はどう思っている?【ひとみしょうの男って実は】

天然というのは生まれつきというニュアンスと解釈していいと思うので、天然魔性の女とは、生まれつき魔性の女ということになろうかと思いますが、具体的にはどんな人?

キャバクラに行くといます、というのが、ある種の男の答えでしょう。ある種の男は、女子が持つ天然の魔性性に翻弄されたくて、夜ごとキャバクラに通うからです。

男じゃないとキャバクラのことが分からない? そんなことないですよ。あなたの周りにいる天然魔性っぽい女子の中には、実は友だちに内緒でキャバクラでバイトしている人がいるはずです。

さて今回は、その天然魔性の女の特徴と、そういう女子について男はどう思っているのかについて、お届けしたいと思います。

特徴その1:行動の基準は「わたしが」楽しいか楽しくないか

天然魔性の女の特徴を男子はどう思っている?【ひとみしょうの男って実は】

天然魔性の女の行動基準は「わたしが」楽しいか、楽しくないか、です。

なので例えば、さほど好きじゃない男から「今度、一人5万する寿司屋に行こうよ」と誘われた時、「超高級寿司屋で豪遊するわたしが楽しい」と思えば、彼女はその誘いに乗ります。あまり好きじゃない男性にごちそうになると、あとからめんどくさいことになるかもと、天然魔性の女は考えません。

高級寿司屋で豪勢な寿司を食べ、なんなら1本10万円するシャンパンを開けるという行為をする自分を想像して、楽しいと思えば誘いに乗るし、豪遊するわたしにさほどの興味がなければ行かない、という判断を彼女はします。

つまり天然魔性の女は、生まれつき利己的なですね。自分中心主義者であり、快楽中心主義者なのです。

特徴その2:実は子どもの頃から色気がある

天然魔性の女は、子どもの頃から色気があります。みなさん、自分の周りにいる天然魔性の女を思い浮かべて、各自で想像してみてください。合点のいくことがあると思います。

特徴その3:男に対する信頼値が高い(あるいは男をナメている)

天然魔性の女の特徴を男子はどう思っている?【ひとみしょうの男って実は】

上の2つの特徴を担保するものとして、天然魔性の女は男に対する信頼値が高い、ということがいえます。

ざっくりと誤解を恐れずにいえば、天然魔性の女はファザコンです。パパにすごく可愛がられて育った。あるいはその反対、つまり、お父さんの愛情に飢えつつ育った。愛情たっぷりも愛情希薄も、どちらもパパのことを強く意識しているという点において共通しています。

天然魔性の女は男に対する信頼値が高いから、男の金で豪遊するを当たり前と思います。反対に男に対する信頼値が低いから、男の金など使えるだけ使ってやろうと思っています。

天然魔性の女に対する男の本音とは「もっと俺のことを翻弄してください」

さて、そのような天然魔性の女に対する男の本音とは?

もっと俺のことを翻弄してください、です。男ってバカじゃないので、天然魔性の女の天然性も魔性性も、よく分かっています。そして、そういう女子のことが大好きなのです。そも自ら近づくのです。

なぜ好きなのか? 彼女がとても自由そうに見えるからです。仮に、天然魔性の女の天然性を男が持っていたとして、その性格のままどこかの会社に就職したとしましょうか。そしたらその男は、絶対に会社で(社会で)生きていけないのです。会社とか社会というものは、魔性性ではなく論理性を重視するからです。論理性を重視する世界に生きている男は、魔性性(非論理性・感覚性)に生きる女子に憧れます。「こいつアホやな」と切って捨てる男もいるけれど、自分が生きたくても生きられない世界の住人に憧れるのです。

だから彼は、天然魔性の女のことが大好きなのです。好きになってしまえば、男はもう猪突猛進です。「もっと俺のことを上手に騙してください」「もっと俺の金で一緒に豪遊してください」「一線を越えられそうで越えられないあなたと一緒にいるとドキドキします」これが男の本音です。

こういう男って、精神的ドMなのかと言われたら、「はい、そうですね」というのが答えです。

終わりに

天然魔性の女の特徴を男子はどう思っている?【ひとみしょうの男って実は】

誰でも努力すれば天然魔性の女になれるのかといえば、どうなんでしょうね。

天然魔性の女になろうと思えば、まず、極めて利己的に生きる必要がありますが、あなたにそれができますか? ということです。極めて利己的になるには、普通の女子はかなり良心の呵責があるのではないでしょうか。良心が痛み、葛藤するのではないでしょうか?

でもそこさえクリアできれば、天然魔性の女になれると思います。同性を敵に回すことしばしばだけど、極めて利己的な女になれば、同性にどう思われようと関係ないっちゃ、関係ないしね。それに極めて利己的な者同士で仲良くなったりもするしね。

ある種の男に、永遠の夢を与える天然魔性の女。なりたい人は是非、天然魔性の女になってみてはいかがでしょうか。でもまあ、多くの女子は、どこかで良心が働いて中途半端にしか利己的になれないから、無理だと思うけど。極めて利己的であるって、本当に難しいことなんですよ。

ひとみしょうの他の記事を読む


この記事どうだった?

4いいね!

5うーん…