復縁したいならやってはいけない行動5選

また彼と一緒に東京タワーに行きたいな。そんな過去の思いを抱いている方も多いのではないでしょうか。(筆者の私も何気ない時に大好きだった彼との思い出が……泣)

私は結果復縁できたのでよかったのですが、復縁できるまでに数々のNG行動をしてしまったせいで、彼と戻れるまでに長い月日がかかりました。

今回はそんな大好きだったお相手と復縁するために絶対にやってはいけない行動5選を紹介します。

しつこく電話

どんな理由があろうともしつこく電話をしてしまうのは絶対にNGです。男性であれ、女性であれ電話に出ないのは簡単な理由があります。

それは、ただただ今は電話したくないのです。自分は今電話したい。その気持ちは十分にわかります。

ただ相手は今電話したくないのです。そんな時にしつこく電話をしてしまったら、かえって逆効果だってこと皆さんならわかりますよね。

1度だけ着信履歴を残して後は待ちましょう。消えない着信履歴があなたのことを思い出させます。

長文のLINE

お相手に言いたいことがあれもこれもとなり、ついつい長文のLINE(ライン)を送ってしまいがちですがこれもNG!

長いLINEが来ても読むのも大変だし、返信も大変だし、結果としてスルーされてしまいがちです。

1LINE、言いたいことは、1つだけ

これゼッタイです。まずは短いラリーができる関係性に戻っていきましょう。はい。もう一度。

1LINE、言いたいことは、1つだけ

LINEの連投

これは1番と似ていますが、既読無視or未読無視にも関わらずLINEを送り続けてしまうのはNGです。最悪の場合ブロックという恐怖があなたを襲います。

LINEは気軽に送れてしまう分、ついついポンポン送りがちですが、大事なことも見落としてしまいがちというのもLINEの欠点です。

辛い気持ちはわかります。気になる気持ちもわかります。しかし返事が返ってくるまでは、耐え忍びましょう。

お相手の実家や家族に連絡

こんなことする人いるの?  と思う人もいるかもしれません。ただ今の時代、結構の人がこの手段を取っているということに筆者も驚きを隠せません笑。

昔とは違い気軽な連絡ツールが増え、お相手の家族とのコンタクトがとても多い時代となりました。また昔のようにお相手の実家は堅苦しいところではなく、別れてからもお相手の家族と食事に行ったり、いろんな相談をしたりとウェルカムな家庭が増えました。(少し筆者の偏見も含まれます。)

しかし復縁の仲介を頼んでは絶対にいけません。理由は明白。人はマイナスだと思っていることを誰かに勧められると、余計にマイナスだと思ってしまうからです。

それが近しい人ならなおさら。まずは時間をかけ、お相手からマイナスの感情を取り除いていきましょう。時間しか解決できないことも世の中にはたくさんあるのです。

自宅に訪問

最後になりましたが、これは絶対にNGです。もはや2度とお相手も会えなくなることも考えられます。

「連絡が取れないから会いに来た。」ロマンチックなドラマにありがちな展開ですが、現実はそうは甘くありません。ただただ恐怖を与えてしまうだけです。

会いたい気持ちはわかります。寂しい気持ちもわかります。そんな時は二人の楽しかったころの写真を見返して、逸る気持ちをぐっと抑えましょう。自身の気持ちのコントロールが復縁には重要なのです。

おわりに

今回の記事はいかがでしたか? 1つでも当てはまる行動があった人は今すぐやめましょう。辞めることによって復縁という道が開かれます。

復縁したいなら焦っちゃダメ。行動しちゃダメ。いつの時代も逆転の発想が、大逆転の結果を生むものです。

復縁した後に、デートをして本当に大切な人は誰なのか、心から実感しました。

本気で復縁したいのなら?

あなたが本気で復縁したいと思うなら、電話占いの先生に相談してみるのがいいかもしれません。復縁するのに1番大事なのは、タイミングです。

今、カレにLINEするべきなのか、カレの気持ちを復縁に特化した占い師の先生に相談する事によって、成就率が高まります。私は何度助けられたことか……。オススメの電話占いのサイトはこちらです。初回最大10分無料なので、まずは電話してみてカレの気持ちを確かめるのも1つの手だと思います。

 

提供:Tphereth

占い大好きコマさんの他の記事を読む


この記事どうだった?

12いいね!

1うーん…