寂しい時、心に響く名言集。有名人・著名人の言葉に学ぼう

一人でいて寂しい時、彼氏や友達がいなくて寂しい時、一人暮らしが身に染みる時……そんなことって誰にでもあります。

国際的な有名人や著名人といったお偉い人たちだって、みんな辛く寂しい時はあったのです!

そんな有名人や著名人が口にした名言は、現代の私たちの寂しい時の心にも響くものです。

どんな人々が、どんな素晴らしい名言を遺してくれているのでしょうか?

ビート・ハミル(アメリカの小説家、ジャーナリスト、コラムニスト)

寂しい時、心に響く名言集。有名人・著名人の言葉に学ぼう

『自分の孤独の時間を自分できっちりできないような人には、他人を愛する資格はないと思う。一人で生きていくことができて初めて、人を抑圧することなく愛せるんだと考えている。』

小説家のビート・ハミルさんの寂しい時に効く名言には、私たち現代女性もハッとさせられますね。一人暮らしで「私は寂しい、辛い」なんてことばかり思っているような人には、特に心に刻んで欲しい見事な名言です。

たとえ彼氏ができなくて、孤独で寂しい時でも「自分の孤独の時間は自分できっちりとカタをつけよう!」という気概は必要です。そんな自立ができているしっかりとした女性の方が、男性から見ても魅力的に映ります。

いざ好きな人ができた時に自信の無さから相手をがんじがらめに束縛したり、嫉妬心から喧嘩ばかりになったとしたら、楽しくお付き合いはできませんよね。ビート・ハミルさんはそんな自立できていない弱い人に向けて、この力強い名言を発信してくれているのです。

アン・ランダース(アメリカの女性人生相談コラムニスト)

寂しい時、心に響く名言集。有名人・著名人の言葉に学ぼう

『温かさ、親切、そして友情は、世界中の人がもっとも必要としているものだ。それらを与えることのできる人は、決して孤独にはならない。』

さすが人生相談コラムニストのアン・ランダースさんの名言は、含蓄が深いです。人は寂しい時、その孤独感を自分ではない他人のせいにしがちなもの。しかしそれは間違っていると、この名言が教えてくれます。

みんなみんな、人間というものは孤独なのです。「人の温かさ・人からの親切・友情」これらを求めていない人はどこにもいません。まずは他人に求める前に、与えてあげませんか?

周りの知り合いたちに温かい言葉をかけ、親切に接してみましょう。相手の態度もだんだんとほぐれ、いつしかあなたの周りには友達と呼べる人たちがたくさん集まってくるはずです!

ヘレン・ケラー(アメリカの教育家、社会福祉活動家、著作家)

寂しい時、心に響く名言集。有名人・著名人の言葉に学ぼう

『顔をいつも太陽のほうにむけていて。影なんて見ていることはないわ。』

かの有名な社会福祉活動家のヘレン・ケラーさんもこのような名言を遺してくれています。自身も視覚と聴覚の重複障害者でありながら、世界各地を歴訪し障害者の福祉や教育の発展に力を尽くしたヘレン・ケラーさんのことは、広く知られていますよね。

ヘレン・ケラーさんは私たちに「顔をいつも太陽のほうにむけて」と優しく呼びかけてくれています。一人ぼっちで寂しい時には、明るいものや楽しいことの方を見てみましょう。気持ちが明るくなれば、表情も明るくなります。明るい笑顔をしている人の周りには、みんな寄ってきてくれます。

影ばかり見て俯いて暗い顔をしていると、孤独感は増すばかりで何も良いことは起こりません。重複障害を持ちながらも明るい笑顔を忘れずに、生涯にわたって社会福祉活動を続けてこられたヘレン・ケラーさんのように、行動的でありたいものですね。

<参考元>癒しツアー

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…