初デートで会話に困らないテクニック! NG会話例もご紹介

好きな相手とやっとの思いでこぎつけた初デート。でも、どんな会話をすれば楽しんでもらえるのか悩んでしまう人も多いかと思います。

付き合いが長い彼氏ならば沈黙になっても、たいして何とも思わないかもしれませんが、初めてのデートなのに会話に詰まってしまうと気まずいですよね。

この記事では初デートの相手と会話が弾むテクニックや、絶対にNGな会話についてご説明していきます。

GOODな会話例

出身地の話題

初デートでは、当たり障りのない会話が基本になります。デート相手が職場の人やマッチングアプリなどで知り合った相手なら、まずは出身地について質問をしてみましょう。

「私は神戸生まれなのですが、どちらのご出身なんですか?」
「僕は広島です。神戸には学生時代によく遊びに行っていましたよ。」
「広島ですか! 広島のお好み焼きって美味しいですよね。親戚が広島にいるので、何度か行ったことがあるんです」
「結構近いから、すぐに行けますもんね!」

このような感じで、ご当地のグルメや観光スポットなどから会話を広げていくことが可能です。出身地のことを知ってくれている人には、親近感を持ちますからね。

あらかじめ相手の出身地をリサーチしておいて、その県について調べておくと、初デートでも会話に詰まることはありませんよ。

趣味の話題

初デートで会話に困らないテクニック! NG会話例もご紹介

「ご趣味は何ですか?」なんて言ってしまうと昔のお見合いみたいですが、共通の趣味が見つかれば会話は盛り上がること請け合いです。

「今やっている○○のドラマは観てますか?」
「あー、観ていないですね……」

これでは、せっかくの会話が終わってしまいます。そういった場合には「好きな女優さんなんかはいないんですか?」などと訊ねてみます。そこで特定の女優さんや芸能人の名前が出たら、「綺麗ですよね! 私も△△の映画に出ているの観ました」などと相手の好きな女優さんの会話で繋げていきます。

いくらその女優さんに好感を持っていないとしても、「どこが良いんですか? ああいう人は、あんまり女性ウケはしないですよね」なんて貶すようなことを言ってはいけませんよ!

ペットの話題

初デートの会話で当たり障りがないものの代表格といえば、動物の話題です。

「犬派ですか? 猫派ですか?」
「どっちも好きだけど、実家でトイプードル飼ってるんで犬派なのかな」
「私も犬大好きです! ペット可のマンションに引っ越したら、絶対に飼いたいな」

もちろん既にペットを飼っているとしたら、「これが愛犬です」なんてスマホの写真を見せたりすると、場が和んで会話もますます弾むことでしょう。

デートスポットの話題

初デートで会話に困らないテクニック! NG会話例もご紹介

「○○に新しいアミューズメントパークができたの知ってますか?」
「来月から△△でイルミネーションが始まるみたいですよ」

こういったいわゆるデートスポットの話題、しかも新鮮な情報であればあるほどベターです。「この人と付き合うと楽しそうだな」「色んなところを知っているから、デート場所探しに困らないな」などと思ってもらえる可能性は大です。

上手くやれば「じゃあ、今度はそこに一緒に行きましょうか」なんて流れになり、次回のデートの約束も取り付けることができる良い会話例の1つです。

NGな会話例

家族や家庭の話題

「お父さんはどんなご職業ですか?」
「将来は実家に戻ったりするのですか?」

こんな会話は、初デートでするべきではありません。言うまでもなく、重たすぎるからです。正式なお見合いならばともかく、相手の家庭環境のことを根掘り葉掘り聞くのは「ウザいな、なんなんだ」と思われてしまうこと間違いありません。

昔の恋愛の話題

初デートで会話に困らないテクニック! NG会話例もご紹介

「前の彼女ってどんな人?」
「ここ、元彼と行った場所だ~」

初デートでそんな会話をするわけがないと思われるでしょうが、話題に詰まるとついついしてしまう人もいるようです。過去の恋愛話は、絶対にNGです。いくら楽しかった思い出でも、口にしないように気をつけましょうね。

百花繚乱の他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…