温厚な彼氏。でも実は「温厚な彼氏」を演じてるだけかも?

ちょっとやそっとじゃ怒らない。何か悪いことをしてしまったとしても冷静なまま。そんな温厚な人を彼氏にもたれている女性の方は幸せなことでしょう。

ですがそんな温厚な彼氏にも、実は色々なタイプがあることをご存知ですか? 今日は、温厚な彼氏のタイプ別の特徴についてのお話です。

温厚な彼氏って付き合いやすい

温厚な彼氏。でも実は「温厚な彼氏」を演じてるだけかも?

温厚な彼氏の何がいいか。それは「付き合いやすい」というのが一番大きなポイントでしょう。普通は喧嘩になるような場面でも、彼氏側が怒らないから冷静に話合うことができる。

自分がイライラしていても、彼氏が温厚であればなだめてくれる。特に焦りやすかったり、怒りっぽい女性との相性は抜群だと言えるでしょう。

きっと、そんなおっとりとした性格を気に入ってお付き合いをしているという方も多いのではないでしょうか。

温厚さに甘えてしまうことも

ですが気を付けないと、そんな温厚な彼氏に甘えてしまうことだってあります。多少デートの待ち合わせ時間に遅刻しても、彼氏は怒らないから急がないとか。

温厚で頼みやすいからといって、気が付かないうちに彼氏彼女の仲とはいえ失礼な頼み事をしているとか。温厚な彼氏は付き合いやすいかもしれませんが、いつの間にか人ととしてダメになっている可能性だってあるのです。

温厚な彼氏にも色々なタイプがある

温厚な彼氏。でも実は「温厚な彼氏」を演じてるだけかも?

それでは温厚な彼氏をタイプ別にご紹介。温厚そうに見えて、実は心の内では別なことを考えていることだってあるかもしれません。

1:温厚に見えるように演じてるタイプ
付き合う前、付き合いたては温厚だった。そんな感じの人はまさに、温厚を演じているタイプだと言えます。なぜなら温厚であった方がメリットがあるから。特に付き合う前とかだと、温厚そうというだけで好印象を持たれる可能性が大きいですよね。例えプラス要素にはならなくても、マイナス要素になることは少ないはずです。ですがそれは化けの皮。深く関わってみると、すごくヤバイ彼氏だったなんて可能性もあります。DV男とかに見られがち。

2:温厚に見えるけど、実は諦観してるタイプ
温厚な彼氏であっても、感情がないというわけではありません。普通に怒りや悲しみの感情を抱きます。ただ、その感情に体と心を支配されにくいだけの話です。ですから彼氏は温厚な人柄だと言って、自由奔放に振る舞う彼女は嫌われてしまうことでしょう。何を言っても理解してもらえない。分かってもらえない。だから諦めた。だからこそ怒るのも馬鹿らしい。急に彼氏が温厚になった場合、そんな可能性があるのかもしれません。そしてある日突然、理由も言わずに別れを切り出すのもこのタイプの特徴です。なんたって、彼女とは話しても無駄だと諦めているから。

3:本当に温厚な聖人君子タイプ
中にはそんなタイプの温厚な彼氏も存在しています。本当に温厚で、怒るということをお知らないという方。きっと両親からや周りの人から愛されて育ち、だからこそ温厚な性格になったのでしょう。そんな本当に温厚な人を目の前にすると、大抵の人は自分の卑屈さや怒りっぽさにショックを受けてしまいます。でも、本当に温厚な彼氏がいる方はとってもラッキーですね。その温厚さに甘えすぎないように、その彼氏と良い関係を続けていってくれたらなと思います。

温厚な彼氏に甘えすぎ注意

温厚な彼氏。でも実は「温厚な彼氏」を演じてるだけかも?

温厚な彼氏は一緒にいて気楽。変に気を遣う必要もありません。ですがそんな彼氏に甘えすぎると、いつの日かポイっと捨てられてしまことも。

温厚な人は大声で怒鳴り散らしたり喧嘩をすることは少ないですが、その分「もうこの人とはダメだ」と思った場合、なんの躊躇いもなくスッと消えてしまいます。

そしてその意思はもう覆らないのです。ですから温厚な彼氏をお持ちの皆さんは、その彼氏に甘えすぎないように注意が必要です。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…