好きとはどういうこと? 心理テストで本当に好きなのかチェックしよう

男友達はいるけど、自分が誰を好きなのか分からない。いいなと思う人はいるけど、これが好きということなのか分からない。そんな風に感じていますか? 好きとはどういうことをいうのでしょうか?

今回は、好きとはどんなことなのか分からないという人の為に、簡単にできる心理テストをご紹介。心理テストで自分の本心を確認してみましょう。

四人掛けのテーブルを思い浮かべて!

好きとはどういうこと? 心理テストで本当に好きなのかチェックしよう

四人掛けのテーブルのテーブルに、あなたと三人の知人男性が座っています。その知人男性達は、いずれもあなたが「いいな」と思う男性です。それぞれの男性は、次のどれに座っていますか?

・あなたの正面
・あなたの右横
・あなたの左横

この心理テストから分かるのは、あなたが気になる男性に持つ深層心理。

あなたの正面に座っている人は、あなたが対等に話したいと感じている人です。右横に座っているのは、守ってあげたいという気持ちがある人、そしてあなたの左横に座っている男性が、あなたが甘えたい男性です。

「好きとはどういうこと?」「どの男性が自分の好きな人か分からない」という人は、自分の左横に座っていると思い浮かべた男性に、気持ちがあるのかも。心当たりはありませんか?

好きなケーキから読み解く好きなタイプの男性

好きとはどういうこと? 心理テストで本当に好きなのかチェックしよう

次に挙げる3つのケーキのうち、あなたが好きなのはどれですか? 見た目重視で選んでみましょう。

・モンブラン
・ショートケーキ
・ガトーショコラ

この心理テストから分かるのは、あなたの好みの男性。

モンブランを選んだ人は、インテリ系の男性が好みです。細身で、ちょっとクールなタイプの男性が、あなたの好みと言えるでしょう。

ショートケーキを選んだ人は、年下の男性を好む傾向にあります。見た目が童顔で、細マッチョタイプの男性が気になっているなら、その人への好きは本当の気持ちかも。

ガトーショコラが好きという人は、ガッシリとした体つきの男らしい男性が好みです。スポーツが大好きな、アウトドアタイプの男性に惹かれることが多いでしょう。

貰ったプレゼントから恋愛傾向をチェック

好きとはどういうこと? 心理テストで本当に好きなのかチェックしよう

誕生日に男友達からプレゼントを貰いました。その中身は次のどれですか?

・バラの花束
・高価なジュエリー
・手帳か小説
・洋服

この心理テストから分かるのも、あなたの好みの男性の傾向。

バラの花束を思い浮かべたあなたは、プライドが高い男性を好む傾向にあります。また、高価なジュエリーを思い浮かべたあなたは、お金持ちの男性との恋愛を求めているのかも。プレゼントとして手帳か小説を思い浮かべた人は、知的な男性が好み。洋服を思い浮かべた人は、優しい男性を求めています。

周りに自分の好みに当てはまる男性はいましたか? もしも当てはまる男性がいるなら、その人への気持ちが本当かどうか、アプローチして確かめてみてはいかがでしょうか?

レストランでのお一人様ディナー

とあるレストランでお一人様ディナーをする自分の姿を思い浮かべてください。一人なのでカウンター席に通され、注文した後に隣の男性が美味しそうな料理を食べているのを目にします。「やっぱり、こちらに変更したいなぁ」という思いはあるのですが、変更は無理な様子。かといって、2品食べるのは厳しい……。そんな場合、あなたならどうしますか?

・2品食べるのは厳しいので、諦める
・今度来た時に食べる
・美味しそうだなぁと、チラチラと見るに留める
・料理は残す前提で同じ料理を注文する

この心理テストから分かるのは、あなたが気になる男性へ取りがちな態度。

「諦める」という人は、好きな人にも積極的にアプローチしないタイプです。なので、周りからも誰が好きなのか気づかれにくいですし、自分自身も誰が好きなのか分からない時もあります。ただし、好意を持っている男性については、つい会話によく上る傾向に。思い当たる男性はいますか?

「今度来た時に食べる」という人は、好きな人と友達になる為に、ありとあらゆる努力ができる女性です。ただし、友達関係まではいけても、恋人関係になる為のアクションを起こせないことが少なくありません。その為、好きとはどういうことなのか、本心はどうなのかといった迷いが出てくることもあります。

「チラチラと見るに留める」という人は、好きな人を知りたいという気持ちが強いタイプです。しかし、相手について情報を得たい、見ていたいという気持ちが強く、恋愛にまで発展させる気持ちはないこともあります。

「同じ料理を注文する」という人は、好きという気持ちに正直です。アプローチの仕方も誰が見ても一目瞭然というくらい、ハッキリとしています。なので、このタイプの人は、「好き」という気持ちがあるのなら、それが自分の本心であることを疑わず、前に進みましょう。

Marieの他の記事を読む


この記事どうだった?

1いいね!

0うーん…