「遠回しの好意サイン」とは? 奥手な男性がやりがちって本当?

奥手な男性の好意サインは分かりづらいもの。遠回しなサインすぎて好きなのかどうか判断に苦しむこともあるでしょう。

今回は、奥手な男性が出す「遠回しの好意サイン」のお話。奥手な男性と接点ができた時はぜひチェックしてみましょう。

なぜ遠回しな好意のサインをするのか?

「遠回しの好意サイン」とは? 奥手な男性がやりがちって本当?

そもそもなぜ奥手な男性の好意のサインは遠回しなのか。それは極力傷つきたくないからという理由があってのこと。

分かりやすい好意のサインを出して拒否されたり、好意を表していることを女性に知られたくないなどなど、好意のサインを出して女性から拒否されるのが嫌なわけです。

もしくは、好意のサインだと分かりやすい行動をして、あわよくば自分の気持ちを女性に察して欲しいと考えていたりします。そんな心理過程があるからこそ、好意のサインが遠回しになってしまうのです。

種類別「遠回しな好意のサイン」

「遠回しの好意サイン」とは? 奥手な男性がやりがちって本当?

遠回しの好意サインにも種類があります。今回はその中からいくつかのサインを見ていきましょう。

①視線がチラチラ「気づいて欲しい系サイン」
なんとなく目が合う。気が付くとその男性が自分のことをチラチラ見てくる。これはまさに奥手な男性の遠回しなサインの1つ。視線が合うからと言って、話かけてくるわけでもなく、ずっとそんな調子。女性慣れしている男性であれば話し掛けるというアクションをしますが、奥手な男性にはそれが苦手。やたら目が合うのにその男性が話し掛けてこない場合、遠回しな好意サインである可能性があります。

②好きなタイプが被る「運命を感じて欲しい系サイン」
会話をしている時、好きなタイプの話題になりました。自分が好きなタイプを上げてみれば、その男性はあなたと同じタイプの人間が好きだと言いました。これもまた遠回しな好意のサインなのです。なんとなく価値観が似ているのをアピールしたいという思惑があるわけ。奥手な男性だからこそ恋の駆け引きは苦手。だから、できるだけお互いに共通点があることをアピールしたいのです。ですがこの場合、その男性があなたの好きなタイプに合わせる為に、好きなタイプを偽っていることでしょう。たぶんその男性の好きなタイプはあなたです。

③自分だけお土産が別「特別感を出したい系サイン」
旅行先で買ったお土産を職場でばらまく。そんなことをした経験は誰だってあるでしょう。ですが皆に配っているお土産と、自分に配られたお土産が違う場合その男性はあなたに好意を持っているのかも。つまりは特別感を出したわけですね。自分にとってあなたは特別だから、お土産も違うのだと。日頃から親しい仲でもなく、お世話をした、助けたの関係でもないのにそんなことをしてきたら注意が必要です。

④会話の終わりに新しい質問を「まだ話していたい系サイン」
会話やline(ライン)。そのやり取りの中で「なんとなく終わりかな」って雰囲気ってありますよね。にも関わらず、新規の質問をぶっこんでくる行動は遠回しなサインの可能性があります。奥手な男性にとっては、まだお話がしたいアピールってことです。特別な話題があるわけでもないけど、一緒に会話していたい。そんな心理過程があるのです。

奥手な男性にとって遠回しな好意サインは普通

「遠回しの好意サイン」とは? 奥手な男性がやりがちって本当?

奥手な男性だからといって、その男性が頼りない人間なのかと言えば話は別。好意のアピールが下手なだけで、性格的にも素晴らしい男性は多いものです。

奥手な男性からよく分からないアピールをされた場合、その心の奥には何が眠っているのか見極めてみましょう。

センチネルの他の記事を読む


この記事どうだった?

0いいね!

0うーん…